海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

暑さにのぼせて思い浮かんだこと


連日暑い。
と、言いながら、実はこれくらいの連日の暑さが好きだったりする。
この「暑い」と言いながらよく晴れた日を過ごしているのがなんとなく。

いや、さすがに札幌に暮らしているから言えることなんだろうけれどね。
年々湿度が上がっているというか、子供の頃にはなかった梅雨のような気候になったりしつつもあるんだが、多分それでも他所と比べれば過ごしやすい方だろう。

というのは前置きで。

先日ふと新しいコンピューターとかスマートフォン的なもののソフトウェアだのなんだのの紹介を見ていて新機能が紹介される度に頭をよぎったのが「そこまでしなくていいじゃん」っていうアレだった。

映像の解像度だの解析料だのとか、本当にすごい技術だと思うんだよね。
CGでも通常の画像処理でももう本当にすごいと思う。
あと、メッセージに動画を送信できるとか、アニメーションを加えたりするとか、ちょっと以前からやってるけど、昔で言うところの「テレビ電話」ってのかな? 映像込みで通信できたりするじゃん? 携帯電話で。あと、腕時計を連動させて時計で通信したりとか。
「ウルトラセブン」でやってたみたいなもんだよね。
その他諸々、子供の頃の漫画やSFに出てきたような、まさに夢のような技術だ。

今や、買い物やら交通機関の改札も携帯電話を翳せば処理できたり、その気になれば家の鍵や電気も携帯から操作できたりする。その内人間はスマホに住むようになるんだろう。

だが、どうだろう?
それで毎日が漫画やSFのように胸ときめくような生活かと言うと、そうでもない。

さっきの映像技術にしても、まぁ特撮映画とかのクォリティは高くなったんだろうが、子供の頃を考えてみると、もっとちゃっちいもので十分にドキドキしながら見ていたんではないかと。

今は多分、映像にしても通信機能にしても、その他、スマートフォンなどの通信機器やコンピューターの機能などは、たいていの人が「こういうことやれたらいいな」って思ってた、その想像のキャパシティをオーバーして提供されているんじゃないかと思う。そしてそれが年々更新されておるような。

一人の人間が求めるもの、必要とするもの以上のものが供給されていて、その技術に合わせて生活していかなきゃならんくなってるような気がするのね。なので、使えば確かに便利かもしれないが、思ってもいなかった機能に取り囲まれて対処しなきゃならんストレスも生まれるだろうなと。

これさ、昔打ち込みで音楽制作できる機械を手にした時も思ったんだ。
ものすごく機能がたくさんあって、自分が発想してなかった音楽が作れちゃったりするのよ。
なんか、機能とか音色とかたくさんあるから、それを駆使しなければならないような気がして、色々とやってみたんだけど、ひとつも気持ちよくない。むしろ気持ち悪い。
自分がどこにもないようなサウンドになっちゃうってか、「機械に振り回されてる感」があって、あとで聞き返しても胸踊るものがなかったんだよね。
それよりも少年時代に友達の家に集まって、雑誌とか空き缶を叩いてドラムがわりにして、ギターとかピアニカとか演奏して録音した拙い演奏の方がよっぽどエキサイティングでクリエイティブな空気を出してるなって発見があったりして。

ちょっと話がそれた。

まぁ、コンピューターにしろ何にしろ、便利さとか快適さを求めてどんどん発達していくのはいいんだが、一つの観点から見ると便利なことって、だいたい別なところで不便さというか「困ったこと」を生み出してるんだって事が経験上わかってくる。

例えばさ、携帯電話が普及した時って、そりゃ便利になったと思った。家にいなくても連絡取り合えるんだもん。移動中とかでも。そこにメール、ショートメールなんてものもできたから、相手が通信状態になくても用件を伝える事ができるし、受ける方も自分の都合に合わせて確認して返事できるから非常に連絡がしやすくなった訳だ。

だけどさ、そのせいで今度は「連絡はつくものだ」っていうのが前提で物事が進むから、処理しなければならない用件が増えた。仕事でもプライベートでも。携帯電話なくてなかった時代には、なくてもちゃんと回ってた世の中が、いつのまにか携帯電話を持っていないと生活に師匠が出る世の中になっていた。

出たくもない飲み会の誘いだって連絡付かなければ「知らなかったんですいませんね」で済んでたものが、断る言い訳考えたり、仕方ないから出席しなきゃならなくなったりとか、連絡付かないからまた明日にしようって感じで対処してた事も今日中に処理しなきゃならなくなったりとか…。そういうのが当たり前になってくるから、より短時間で効率よくってことが求められるようになるし、自分を常にその渦中に置くことになる。

連絡がつくという便利さが、面倒な諸々を生み出したよね。


同じように、この夏のように暑い日が続くと、昔は存在しなかった「冷房器機」というのが活躍する訳だが、これも度を過ぎて供給されているからね。冷房で体を壊すとかさ、どこもここも冷房つけるからたしかに室内は快適かも知らんが、その分の放熱で「ヒートアイランド現象」なるものが生じて、外はますます温度が上がる。

これも前から言ってることだけどさ、多分、人類が「道具」というものを使い始めた頃からそういうのがあったんだろうと思うのね。何かが便利になるに連れて、今までになかった不便や弊害も生まれてきたんだろうと。
そしてそこをどうにか便利にするものを生み出すとまた別の不便が生まれるというのが「文化の歴史」なのかもしれない。

そんで、技術開発というのは加速して多岐に渡って増殖しているもんだから不便や弊害も加速して多岐に渡って増殖している。

人間のせいだけではないにしても「地球温暖化」にもその影響はあるだろうし、効率よくコストをかけずに膨大な電力を供給する仕組みというのが、ちょっとした事故が起きると何世代にも渡って膨大な数の人間の健康というか生命や、環境に深刻な影響を及ぼすってのもその一つでしょう?

今は便利さとか効率の良さが過剰供給されてると思うのね。
多分、快適さと弊害のバランスみたいのがあって、そうすっと、実は結果的に処理しきれない弊害ってものに取り囲まれた生活になってるんじゃないのかなって。

最近よく言われてるのが、技術の発展に伴って、特にAIの台頭とかによって20年後には人の仕事がほとんどなくなるだろうって。

便利で快適な暮らしのために発達させた技術によって、失業して生活に困る人が増える世の中になるんじゃないかって話だと思うんだけど。

きっとね、ある時期までは技術的進歩だとか発展みたいなものが必要だったんだとは思うけど、今はもうちょっと違う方向を目指した方がいいんじゃないかなと思うのね。
そういうアレで人が幸せや豊かさを得ていた時代はとっくに終わっているんじゃなかろうか?

誰もが「便利で効率がいい」ってことと「豊かさ」は別問題だってことを体験していると思うのよ。
本来、なんのためだったか? ってことを考えると、みなさん本当に求めているのは「豊かさ」とか「幸福」とか「楽しい」とかそういう暮らしなんだと思うんだけど、どうでしょう?








未分類 |

考えてるとバカになる



今日帰りにブラブラ歩いておりまして

非常に満腹感があるな〜と思って、ふと考えてみるとそういえば食事したんだったなと…。

ところがだ

つい数分前だったはずのその食事が一体何を食べたんだったかがまったく思い出せない。
食事の内容どころか、おそらくどこかの飲食店に入って食べたはずなんだが、どの店にいたのかも記憶にない。
ただ、この満腹感は間違いなく、どっかでなんか食ったのだ。

それが果たして蕎麦屋だったか中華屋だったかパスタ屋だったか定食屋だったか…

だいたい食事をとる店も相場が決まっているので、一個一個考えてみるんだが、その店に行ったのがさっきだったか、昨日だったか、先月だったかも定かでない。

まぁ、普段から昨日何食べたかは覚えてないのであまりアテにならない記憶なんだけど、さすがにさっき食ったものが思い出せないのには我ながら唖然とした。

いや、仕事が終わってからメールチェックとかして、一人メッセージ入ってたのに返信しなきゃと思ったのは覚えている。それで、どっかの店に入ってから返信したのも覚えてる。
ってか、ちゃんと送信記録がある。

おそらく、店に入るまでに返信の内容とか考えていて、そのまま返信しながら注文して、その返信から派生した考え事をしながら食って、多分考え事はあらぬ方向に広がりながら、店を出てきて歩いている途中で満腹感に気がついたのだ。

そんなに深刻に考え事してた訳ではなく、なんか夢見てるような感じで考えてたんだと思うのね。
そういうのはしょっちゅうなんで。いわゆる「ぼーっとしてる」というような。

それで気がついたら、なんでこんなとこ歩いてるんだ? ってことはたまにある。
途中で地下鉄乗り換えまでしてるのに意識してなかったり。

そんだけ思考を行なっているにもかかわらず、結果的にはバカの佇まいである。

しかし、食事を覚えていないというのは、年齢的なアレなのかなんなのか。

いやね
多分食事してる時とか移動してる時は意識もちゃんとあるし、そんなに病的なもんではないと思うのよ。単純に覚えてないだけで、その時はその時でちゃんといろいろ判断しているはずだ。
でなければ、毎日ちゃんと帰って、翌日起きて仕事に行ったりできないもん。

ただ何か夢想するようなモードで考え事をしてると抜け落ちるものがあるんだろうな。

それでさ、結局何食べたかも思い出せないくらい、その時自分が何をどう考えてたんだかも思い出せないんだな(笑)

食事は覚えてなくても胃袋に納まって消化されるんだろうが、その時の覚えてない考え事はどこに納められてるんだろうね?







未分類 |

漫然なるチェックメイト



昔から、ちょっとだけチェスにハマっては、一向に上手くならないままブームが去り、再び興味を持ち始めてルールを覚え直すことからまたしばらくハマってはまた忘れるというのを繰り返している。
かれこれ小学生の頃から。

なもので、未だに小学生の始めたばかりのレベルなんだけどね。
性格的に自分が「こうしたい」と思ったら、相手の駒の動きに御構い無しに手を進めたがるので、根本的にチェスとか将棋とかは向いてないだろうと思うのだが、それこそ子供の頃だと「スタートレック」のTVシリーズでチェスをやってるシーンがあったり、映画の「フェノミナン」とかでチェスやってるシーンとか、そのほかドラマや漫画なんかでもチェスやってる場面を見ると、ちょっとした憧れのようなものが発動して、チェスがたしなめるようになりたいな〜とか思うのね。
それを繰り返してる。

なんか、あのチェスを対戦している二人の佇まいというか空気みたいなのが好きなのだ。

ゲームの内容ってことになると、マージャンが好きだけど。

で、かつて実在した天才チェスプレイヤーにボビー・フィッシャーという人がいる。
諸々あって日本で隠遁生活を送っていた事もあり、その時期に彼を支援するために将棋の羽生名人なんかが動いてたりしたこともあったと記憶している。

彼の事を描いた映画で『完全なるチェックメイト』というのがあったので、観た方もいると思うが、実物もどうやら天才すぎてちょっと「紙一重」な感じである。
なんか映画見たのは結構前なんだけど、ちょろっと思い出して諸々調べてみたりもして…

ほぼ「奇人」の域に達しているであろう。
本人がそういう気質なんだか、チェスというゲームの持つ何がしかが彼の思考や精神に影響を与えたせいなんだかはわからないけど。まぁ、さらに彼は当時冷戦下にあった米ソの政治的な思惑に翻弄されていたようでもあるし、そこもまた繊細な人間の神経を脅かしていたんだろうなと思う。

ちょっと、今現在はチェスそのものよりも、このボビー・フィッシャーに興味があってまた軽いブームが到来中。

といっても、ちょっとした空き時間にアプリのゲームやる程度なんだが…

そして何も考える前に自分の駒はほとんど消失しておる(笑)

なんせ、アバウトに駒動かしてるだけだもんな〜

で、思ったんだけど、こういうゲームってアプリで対戦相手なしにやってても強くなれないねきっと。
負けても全然悔しくないから、失敗に関して反省もしなければ注意深くもならないもん。
おまけに数分の時間つぶしだし。

やっぱり身につけるなら、ちゃんとボードを用意して強い相手と実際に手を合わせてボロクソに負けて嘲笑われないとダメだな。
そして、そこまで入れ込むつもりは今のところない。

とりあえず、ボビー・フィッシャーの諸々を見聞きしてドキドキしてるほうが楽しそうだ。



未分類 |

消え去っていた言葉



いい季節になってきた。

夏は好きである。
まぁ、札幌に暮らしている分には、であるけれど。

今日は湿度も少なめで、適度に良い風が吹いていて気温が高く、気持ち良かった。
気持ちよすぎて、ちょっと久しぶりの場所に行った後にどこなんだか分からない河原をぶらついて帰り方がわからなくなってしまったが、どうにか無事帰還。

毎年この時期になると、歩きながらサンクスを見つけたら立ち寄って、130円くらいのソフトクリームをゲットして食べ歩きが好きだったんだけどさ。最近サンクスはどんどんファミリーマートになっていくのでね。このソフトクリームがもう食べられないんですよ。
コンビニなんて別にどこの会社の店舗だろうと構わないと思ってたんだけどさ、このソフトクリームが食べられなくなったのが残念。
なんか、昔ながらの安っぽい味が好きだったんだけどな。

で、今日ブラブラとしている時に、小学校低学年くらいの少年とすれ違って、その子がさ、首からヒモに通した家の鍵をブラ下げてたのね。
それ見て、瞬間的に「あ、鍵っ子だ」って思ったのよ。

まだ自分が子供の頃にそういう呼び方があったんだよね。「鍵っ子」って。

それまでは母親というのは基本的に家にいるものだというのが世間的には普通だったんだと思うけど、それが段々と生活の事情やらなんやらで母親も仕事に就く過程が徐々に増えてきた時代だったんだな。
で、子供は学校から帰っても家に誰もいないからさ、鍵を持たされてたんだね。そして無くさないようにヒモに通して首からぶら下げていると…。
そういう「家の鍵を持たされている子」を「鍵っ子」と呼んでいたんだな。うっすらとした記憶だけど、当時はそれが結構問題になってたってか、「鍵っ子は可哀想」みたいなイメージがあった気がする。
家に帰ったらいて当然の母親がいない、仕事に出なきゃならんって状況が、子供が寂しいだろうってのもあるし、家庭の経済事情も段々父親の稼ぎだけじゃやっていけなくなってきたってのが、それまでの家庭のあり方を変えざるを得ないみたいな社会的な問題で話題になってたりしたんじゃないかと記憶しているが、どうだったかな?

今では、むしろ両親が共稼ぎしているのが普通みたいな感じになってるよね。だから保育所、託児所が足りないとかなんとかの問題が出てきてるわけで。経済事情だけじゃなくて、女性が子供を持っても社会で働くのは当たり前みたいな感じでもあろうし。

だから、家に帰って母親がいないってもふつうの事だから「鍵っ子」なんて特別な呼び名もなくなったんだろうな。

自分でも、もう何十年もの間、口にした事も耳にした事も思い浮かんだことすらもない言葉だ。

もう社会からも自分の記憶からも消え去っていたハズの言葉なんだけどね。

それが、これまた何十年も見かけなかったような、首から鍵をぶら下げてる子供見た瞬間に、パっと「鍵っ子」ってワードが出てきたのにちょっと驚いた。

こういうのって、ノーミソのどこに保存されてて、どういう経路で意識に上ってくるんだろうね?

ってか、なんかの拍子で浮かび上がって来るこうした言葉って、いったいどのくらい潜んでるもんなんだろ?


多分、まだまだたくさんあるような気がする。




未分類 |

相互プロデュース(笑)〜今年もまたあの季節が…



pig.jpg


ってなことで

Tomomiちゃんと打ち合わせしてきまして。
今年も彼女と2マンライブやります。

毎年夏の恒例行事『ふたりのピッグショー』

まぁスケジュールだのなんだの色々ありますんで、今年は例年よりちょっと早めの開催。

どうするこうするってな相談をいたしまして。コラボで何やるとか…。

で、今年はですね、コラボももちろん予定してますが、さらにお互いに相手のステージのセットリストを作ろうってことになりまして。
つまり、Tomomiちゃんがオレのステージの選曲をして、オレが彼女の選曲をすると。
なので、もしかしたらいつもとちょっと毛色の異なるセットリストになるかもね。ならないかもね。

で、まだお互いにちゃんとした形で音源化していない曲を交換してきまして。それぞれ持ち曲も少なくはないので、そっから選曲してくんですが、特にコチラの持ち曲が膨大な数になっちょるので、Tomomiちゃんは聴くだけでも大変かもね。

まぁ、多分どちらも「コレいい曲!」と思うのは皆さんと大差はないと予想してるんだけど、そのなかにちょろっと個人的好みが見え隠れするんではないかと思う。

アレですよ。オレのステージ聴きながらTomomiちゃんのセンスを楽しんだりとか、その逆もまた然りで聴いていただけるんではないかと思う。

そんなわけで、しばらくは選曲をジックリやろうかな。

お楽しみに


2017年8/18(金)

『ふたりのピッグショー』

場所:円山夜想<マルヤマノクターン>(札幌市中央区南1条西24丁目ヴィンテージビル地下)


OPEN/20:00〜
START/20:30〜
料金:¥2000-(1ドリンク付)
出演: Tomomi / 辻正仁





未分類 |

睡魔です。すいません。

寝不足ではないってか、睡眠時間は十分なハズなんだが…

現在異常なまでの睡魔に襲われておる。

本当は色々とやろうと思っていたことがあるんだが、何も手につかないまま1時間くらい経過しており作業効率が悪い。悪いってより作業効率が0である。ただ寝ないために起きるのを頑張ってるだけだと気がついたので、何もかも放り投げて今日はもう寝る。

おやすみなさい



未分類 |

気づいた事を気づき直す



この日記って何度も書いてるけど、書き終わってアップしたら自分ではほとんど読み返すことないのね。たまに何か確認しなきゃならん事とかあった時ぐらいで。

で、前に骨折入院したのっていつだったっけ? って思って、そういう個人的なものを確認するのには便利なんですよ。自分以外にそんな事記録してる人もいないし。

それで、弾みでその入院中の日記を全部読み返したりなんかして。

そううっとさ、色々と骨折中とか入院生活で気がついた事とか経験したこととか大まかには記憶してるんだけど、やっぱり忘れちゃってる事も結構あるんだよね。文章読むと感覚思い出すので、無意識には記憶があるんだと思うけど。

で、結構思い出したことが「あ、コレちょっと大事かも」と思うことがあったりして。
書いた時には殴り書きみたいなもんなんで、そんな気持ちじゃないんだけどさ。もしかしたら最近書いてることだって、あと数年すれば「書いといて得したな」みたいな気になるのかもしれん。

この前もなんかそれに近いようなこと書いた気もするけど。なんかどっかの段階から一周してきてちょっと同じものを多少違う角度から見直してみるみたいな時期なんだろうな。


未分類 |

その努力をバカにはしないが遠慮したい。



なんかよくわからんが、「合コンの必勝法」みたいのがあるらしい。女性側の。
今流行りなのかどうかもわからないのだが、そういう話題があってちょっと聞き耳をたててたんだけど。

要するに、「合コンの席でこういう態度や仕草をすると男性のハートをつかめますよ」みたいなもんだと思うんだが、そういうハウツーみたいのがあって、そしてそれを実践しているような女性は、同性から顰蹙を買うらしい。

まぁ、一度も「合コン」というものを経験したことがないので、実際の現場でどのようなことが行われているのかは知らん。酒を飲まないからというのもあるんだけど、若い頃には「合コン」という呼び方もなかったしね。なんか適当に友達同士で別な友人に声かけて親睦会みたいな飲み会はあったような気もするが、別に男性と女性の人数を調整したりもしないし、居酒屋とかでたまたま居合わせた別の団体と合流したりとかさ、結構自然発生的な「出会い」みたいなもんはあったと思うんだが、なんか「合コン」って恣意的なイメージがあってお誘いがあっても遠慮していた。
苦手な感じがするんだな。事前に準備して「さぁ、交流しましょう」みたいな構えたアレが。もうそれだけで面倒臭い。

別に、そんな事企画してまで知らない人と意図的に知り合う必要があるのかと…。個人的にはその意味がよくわからんのですたい。

しかしだ、自分の好みは置いておいて、中にはそういう会で異性とお近づきになりたいとかいうのを考える人がいてもいいかなとは思う。
で、冒頭の「合コンの必勝法」に戻ると、そういう異性と知り合ってお近づきになって、いい人がいれば交際してとか、いい人がいたら貢がせてとか考えているんなら、その「必勝法」というのは、まぁ身に付けようとする人はいるんだろうな。ってか、それは自分の目的にむかって努力してるんだからいーんじゃないかと思うのだ。
そういうのが目的の会なんだから、そうやって目的を果たそうと頑張っているアスリートに対して、なぜ同性が文句をつけなければならないのかがよくわからない。参加する以上は自分も頑張ればいいんではないかと思う。

なんかその必勝法みたいのをちらっと聞いたが、たしかにそういう女性が近くにいたら、男性として悪い気はしないなと思うのです。少なくとも、男の側だって合コンに参加するってのはそれなりの目的なんだか欲望なんだかがあるんだろうから、楽しく気分良く過ごせる相手に好感を持つのは当たり前ではないかと。

ただねぇ、それを素でやってるのか、意図的になんらかの目的があってやっている事なのかってのはバレると思うよ。
やっぱり気遣いができて仕草も可愛らしいとかは多分自分も好感を持つとは思うんだが、結構その辺は見えちゃう方なんで。なんか、若い頃に経験した飲み会の席とかでも「無理しなきゃいいのにな〜」ってか「この人、なんか腹の底はこうじゃないな」って感じの女性はいたんだよね。男もそれぞれなんで、そういうのも好きな人もいるだろうが、ちょっとこっちとしては苦手だ。

で、「合コン」ってのはなんかそういう「狙ってる人同士の集まり」みたいな印象があって興味を惹かれないんです。ただ、そういうところに参加する人であれば、それなりに作戦立てたり必勝法を身につけたりするのは素晴らしいのではないかと。オレは遠慮するけど。

それで、ちょっと不思議に思ったんだけどさ。
最近って歌とかは「自分らしく生きよう」とか「君は君のままでいいんだよ」みたいな歌が人気あるじゃん? で、多分合コンの必勝法とか考えてる人とかもそういう歌好きなんじゃないかと思うけど、そこはなんか人種が違うのかな?
「自分らしく生きよう」みたいな歌に励まされて生きてる人が「必勝法」とかって世間で普及しているハウツー、いわば他の人が選定した価値基準に従って合コンとかに参加するのであれば、なんかそこには矛盾があるような気がしないでもない。

まぁ、世間の価値基準に染まっていく習性がその人らしさなのかもしらんけど…

とか、飲みの席だと、ダラっとそういう話をしてたい。





未分類 |

昨日はライブでしたよ。

フライアーパーク開店記念月間ライブ無事終了。

19周年おめでとうございます。

丸山昂太は相変わらずパワフルであった。なんか初めて会った時から面白いんだよな。
更に言えば、いじり甲斐があるというか、変な言い方かもしれないけど『プロレス』ができる相手として嬉しいのだ。

大阪から来た小川洋一郎さんは、ずーっと全国周ってる方なんで、ステージングとか流石だな〜と思わせる事がちらほら。
関西人ならではのノリがあって、アレは真似できない。ってか、真似してもちょっと違う事になっちゃうんだよな。

そんな2人に挟まれた出番となりましたが、ちょっとどうしようか考えてたのね。
どちらも所謂「熱い」ステージをやる方なので、あえて自分はそこから外れてメロウにやるか、それとも自分なりのガッツリな感じにするか…

で、後者を選択しました。もういっそのことライブ全編、暑苦しいむさ苦しいみたいな方が面白いだろうと。吠えて来た。


〜 セットリスト 〜

理由はいらない
Happy Birthday!

月明かりの歌
自画自賛
さすらう



またアレだね。
来年、ハタチになったフライアーパークでもお祝いさせて頂けると幸い。

例え更地になったとしても…(笑)




未分類 |

明日はライブですよ。

そんなこんなで

明日はフライアーパークでライブでございます。

開店19周年記念月間のラス前。
開店記念ライブの最多出演記録更新である。

開店時からお世話になって、もう19年。
短くはない年月だ。

インターネットも携帯電話もそんなに普及していない頃からのおつきあい。
当初は連絡手段が限られており、マスターのムネちゃんがわざわざこちらの職場に足を運んでオファーしてくれていたのだったな…

とか思いながら歌う。

2017年6/29(木)
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)

フライアーパーク19周年記念月間ライヴ

OPEN/20:00〜
START/20:30〜
料金:¥2000(1ドリンク付)
出演: 丸山昂太/辻正仁/小川洋一郎(from大阪)

未分類 |
BACK | HOME | NEXT