海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

狭いステージだって大好きだ!



【Voice & Rhythm vol.39】のステージ無事終了。
イベントは明日もあるよ。

非常に楽しくやらせていただきました。

控え室がさ、あまり経験のない出演者の方々のなんだか緊張している空気感のところと、それをサポートするベテランの方とか講師をやってる方とかが溜まっている非常に緩い空気感の場所がありまして、両方行ったり来たりしていてこのイベントの独特なムードを満喫して、幾分気分が高まっちゃってね。無意味に楽しい。

公表すべきアレかどうかは分からんが、正直声のコンディションとかはそんなに良かった訳ではないのだが、その分は別のところでナニした感じで…。

なんでしょう?
相当数な出演者が入れ替わり立ち替わり登場するし、ボーカルスクールのイベントなんでオレは外様なわけでして、自分が出て行っても「この人誰?」みたいなお客様もたくさんいらっしゃるわけですよ。
そこでやったらみんな引くだろうなと思ってたネタがあって(客席に降りて行ってお客様をいじるというやつ)、そんなのは分かり切ってることなのね。
で、もう本当にやる直前までどうしようか迷ってたんだけど、そのなんちゅうか「客が引く、失笑する」みたいなことをやってみたくてしょうがない(笑)。そのやってる自分が面白いっていうオレはどこかおかしいのだろうか?

でも、まぁ最後は強要した手拍子をみなさんしっかりやっていただけてありがたかった。
ライトの影響でずっとお客様の顔見えなかったんだけど、最後は実は照明を「弾き語りにあるまじき派手さでお願いします」と伝えてあって、それで皆さんの顔も見えたのだけど、結構みなさん楽しいそうにニコニコして手拍子してくれてたので非常にハッピーでございました。
ありがとうございます。


〜 セットリスト 〜

夢なんてなくてもいい
楽な気分で
ロマンチスト
素敵な君の歌
求愛ラプソディー

結構スタートから間も無く会場につきまして。
で、自分の出番後も含めて舞台袖やら客席やらをウロチョロしつつ出演の皆さんのステージを楽しんでおりました。

なんだろう?
何年か前からそういう気はするんだけど、女性の方で自作曲じゃない方ってのは結構椎名林檎の曲を取り上げる率が高いな〜と。自分がステージに立って表現する立場になった時に椎名林檎を選ぶというのは、彼女は同性から深い部分ですごく支持されてるんだろうなと改めて感じた次第。

しかも彼女の曲というのは実に難しいんである。本人なんだかブレーンのアレなんだかは知らないけど、結構いろんな音楽を知ってないと出てこないような要素が詰まっている。
弾き語りするんだってコードとか展開の構成とかが結構凝っている。おそらく普通に聴いている分にはいい感じで聴けるポップソングなんだが、ちょっと耳が肥えているとそういうところに感心する曲が多い。

前からライブとかでは言ってるけど、例えばこの椎名林檎とかを聴いて「自分も音楽やりたい」とか「この人の歌を歌いたい」とか思って始めた人って大変だろうなと思うのね。
オレがギター持った時に歌いたいって思った曲なんて基本的なコードを3つか4つ覚えりゃ弾いて歌えたもん。構成も面倒なものなんてないし。

だから、音楽始める人の入り口のハードルは昔より高くなってるよなと思う。


ここのスクールは福原美穂ちゃんを始め、メジャーなシーンで活躍する人やら、現在モデルとかタレントさんみたいなスタンスで全国的に頑張ってる人も排出しているんですが(この前、なんかバラエティに出てたな。あの子東京行く前に、売れたら吉野家の牛丼おごってくれるって約束してたんだけど、覚えてるかな?)
で、今日一人まだ中学生らしいけど、アイドル的なアレを展開しているお嬢さんがいまして。
なんちゅうんでしょう? その今まで知り合った人で大きく羽ばたいてる人もそうなんだけど、やっぱりなんか違うんだよな。

スタイルもモデルさんとか女優さん(演技力は分からないけど、あの感じなら芝居もいけるんじゃないかと推察)みたいな感じだし、顔も可愛くて美人だし、リズム感いいし踊れるし、歌唱力も中学生でアイドル路線ならまったく問題ないってか、ボーカルスクールなだけにちゃんとしている。

緩い方の控え室でおっさんとお姉さんの中でみんなでモニターで観てたんだけどさ、みんなもうため息しか出ないみたいな(笑)。綺麗な八頭身の姿形からして「自分らと同じ種とは思えない」とか「DNAの塩基配列が違うんじゃないのか?」とか言ってたんだけどね。

自分も含めてだけど、容姿の良し悪しだけで感心するような人たちじゃないので。

ステージングってかパフォーマンスとかもしっかりしてるのね。
聞けば、演出構成も全部自分で考えているとか。ダンスの振り付けも自分でやってるんだって。
要はオトナがなにか指示したり企画してるんじゃなくて自分の才覚でやっていると。で、分からないことを講師の方に質問して、自分で理解納得するとそれを取り入れた答えをちゃんと出すんだそうだ。

曲の途中でさ、客席に降りてハイタッチして回ってステージに戻るってシーンがあったんだけど、アレも曲のタイミングがバッチリなんだよね。どのタイミングで降りて、どこで戻るかちゃんと計算してある。
見てて感じたのは、自分が曲のどの部分で顔をどの角度にしてどんな表情をするかもちゃんと考えてるんじゃないかと思う。
規模は違うとはいえ、ドームクラスの演者がスタッフと一緒になって考えるようなことを一人でやってるんだな。


で、お客さんもね。普通に応援しているファンの方もいるんだが、その上に自分で声かけて、クラスメイトが全員見に来てるっていう。そして大変盛り上がっておった。
ちょっと実感しとこうと思って客席にも行ったんだけど、圧倒された。

これさ「友達だからでしょ?」って思うかもしれないけど、全員だよ? 男子も女子も。
普段学校生活してて、同じクラスの「気の合う友達」が応援に来るってのと話が違うからね。

これは勝手な憶測だけど、学校生活も彼女はプロモーション活動の一環と捉えているのではなかろうか?
そして、単にあざといプロモーション活動をしたところで来る人なんか限られてるはず。
たぶんね「ちゃんとしてる」人なんだと思う。そしてステージを見てるといかに真剣に取り組んでいるのかがわかる。

相当な努力家でもあるそうだ。

師匠によると(恐れ多くて本人と話はしなかった 笑)、今後のことでいくつか決まっていることや予定されてることもあるそうで。それも結構なアレが。
でも、実際にステージの姿観たりそういう背景を聞いたりすると、これでいろんなところに抜擢されても何の文句もないなと思うのです。

ステージ終了後はそのクラスの友達が彼女を囲んでワイワイやってたんだが、その輪が結構長い時間なくならなかった。友人たちの表情を見てると「みんなに慕われてるんだな」ってのもよくわかる。

師匠のスクールとお付き合いさせてもらってると、こういう素敵な若い人達の姿を見れるので楽しいのです。そして何の刺激なんだかよく分からないけど、刺激になる。正直、アイドルの女の子に刺激を受けたってのは今回が初めてだけど。

明日も同じ場所でイベントの二日目がある。
明日は、もう10年来の顔見知りになってる面々が目白押しだ。
時間があれば顔見に行きたいところ。

そういえば、その面々も知り合った当初はエライ緊張してたり、色々と自分をどう表現して行くか考えたり悩んだり(多分、今もだろうけど)一生懸命やってたな〜


なんて事を思い出してしみじしてるオッサンは火曜日にまたライブでございます。

4/10(火)
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN/20:00~
START/20:30~
料金:¥1800 1ドリンク付
出演:辻正仁/うけ丸/星文昭

昨日、この日記でクラップスみたいな「広いステージが好き」みたいなこと書いたら、フライアーのマスター宗ちゃんから「10日は狭いステージですみません」ってコメントが入ってたんだけどね(笑)
なかなかどうして、狭いというか広くないステージだって楽しいんですよ。
ってか、フライアーの魅力は狭い広いのアレじゃないから。

って、すげぇ言い訳感満載の書きようだな(笑)



未分類 |

久々に広々したステージ

と、いうわけでございまして、明日は師匠こと谷藤勝彦氏が代表を務めるボーカルスクール【VoiceWorksSapporo】のイベント【Voice & Rhythm vol.39】にご出演である。

4/7と4/8に二日間で総勢38組出演。
まぁボーカルスクールのイベントとかいうと大体「音楽発表会」的なものを連想するかと思うけど、ここのイベントは本当にライブイベントなんですよ。

普段からあちこちで活躍してる方々が目白押しなんでね。

そこに生徒でもないのにお声掛け頂きまして、お邪魔します。
おそらく、予定してた誰かが出られなくなったとかそういうアレかもしれない。
ずっと前にも、ただ遊びに行ったら、予定よりも早く進行しちゃってて時間を調整する為に「お前、出ろ」とか言われて出た記憶が…。その前にも一回出演させてもらったなそういえば。

出演した時も、そうでない時も楽しい思い出しかない。

会場はクラップスホールなんでね、ステージが自分の部屋よりもでかい(笑)
実はデカイステージが大好きである。

思う存分って感じでやらせていただきます。

一応、自分の出番は14時30分くらいの予定だけど、12時からスタートしていて進行が早まる可能性もあるんで、早めに来てた方が良いです。っていうか、自分も早めに入っておこう。


4/7(土)
【Voice & Rhythm vol.39】
場所:クラップスホール(札幌市中央区南4条西6丁目5番 タイムズステーション札幌1F-タイムズ駐車場ビル内の1階)
START/12:00〜
料金: ¥1000

そして、週明け火曜日にもライブがございます。こちらはおそらく滑り込みになるかと。

4/10(火)
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN/20:00~
START/20:30~
料金:¥1800 1ドリンク付
出演:辻正仁/うけ丸/星文昭

例によってこの2本のライブで演奏曲はほぼ被らない予定。
ちょっと一曲だけ迷ってるのあるけど、大体別な曲やるんで両方来れば良い。

よろしくどーぞ





未分類 |

コンガ求む!

え〜、【円山海月】の今月号
円山海月2018年3月号お得用】を公開いたしました。

1月は僕のバースデーライブの特集的なアレ、2月は初の公開録画ってなアレで、どちらも長尺での特番みたいな感じになったので、今月は本来の60分にまとめようと思ってたのね。むしろそのための企画内容だったのですが…。

んと、収録で使わせてもらっている、そして一緒に出演している本間さんが店長を務めるLiveBAR円山夜がこの3月で7周年ってことでのトークでして、まぁお店の話をしてサクっと終わらせるつもりだったのよ。

で、開店当初にスタッフだったカズちゃん呼んで、ピザとかギョーザとか食べながら雑談。そしたら途中でヤスコさんも店に来たのでついでで出ていただきまして、そうこうしているうちに雑談に花が咲いちゃって。

で、どうせ脈絡ない話してるんだから、バツっとカットできるだろうと思ってたんだけど、ところが話が脈絡内だけに、使いたい話の前に関係のない話が混ぜ込まれてたりして、逆に切りようがないというか、何回か収録したのをチェックしてもいつものような「キリトリ線」が見えないのね。専門的な言葉で言うと「編集点」ってのかな?
で、こうなったらもう、この普段店で交わしてる会話みたいな脈絡のなさをだだ流しした方が面白いぞコレって気分になっちゃって、見てる方の全然知らない人物の名前とか出て来るんだけど、なんか賑やかに会話してる空気が大事だなと思ちょっとつまめるポイントはつまんだけど、それでも結構な長さのままアレしました。

来月こそは通常に戻そう。


んで、本日は柳本さんのところへ髪を切りに行ってきた。

あ、どっちも「カット」することの話題だね。

それはともかく

柳本さんは実はサザンオールスターズのコピーバンドでボーカルもやっている方なのだが、この度バンドにパーカッションが加入することになって、まぁ諸事情でドラムスとして誘ったんだけど、パーカッション経験もあるのでそっちに回ってもらうことになったらしいのだが、問題は、現在その人がパーカッションを所有していないという…。

で、ボンゴまたはコンガを探してるって話なんだけど、まぁサザンならコンガのほうがいいだろうな。
って話をしてたんだけど、なぜか話は「ボンゴ豆」についての話題になる。

柳本さんは知らずに話題を持ちかけたのだが、実はオレは「ボンゴ豆」が好きである。
高校の時は学ランのポケットにボンゴ豆を袋ごと仕込んで授業中もボリボリやってたくらい好きである。

bongomame.jpeg

北海道以外の方はもしかしたらご存知ないかもしれない。
ってか、北海道でも知ってる人は少ないのかな?

昔は結構売られてたんだけどね。現在は北海道展開してるセイコーマートというコンビニくらいしか販売していない。

なんせ、製造してるのが元々は旭川の「豊島食品」という会社だった。現在は札幌の会社のようだ。会社ごと吸収されたのか、ライセンスを委譲したのかは知らないけど。

で、この写真にあるように黒い人がボンゴを叩いているイラストが描かれている。
ちょっと最近では「カルピス」のイラストとか絵本の「ちびクロ サンボ」ってのが差別的なんちゃらで問題視されてたから、コレもそういう意味では危ない。個人的には、そういうことで騒ぐ奴の持ってる差別的意識が問題だろうと思うんだけどね。
そのうち「黒人をTVで写すのは差別に繋がる」とか言い出しそうで不気味だ。

味も好きなんであるが(「ポリッピー」という豆菓子をもっとアダルトにしたというか、大胆にしたような味と食感)、このイラストとネーミング。そして現在は記載されてないように思うが元々のキャッチコピーに『本場アフリカの味』とあり、そのくせ製造元が旭川だし、原材料に醤油とか唐辛子とかが含まれているという訳の分からなさというか、胡散臭さも含めてのファンである。

まぁ、随分前にも日記で書いたような気もするんだが、先日ライブでお客様がこの『ボンゴ豆』を差し入れしてくれたりして、嬉しい驚きであったりした。
と、そのくらい『ボンゴ豆』が好きなので、この話題に食いついたので非常に驚かれた。

そんな訳で、もしコンガを譲りたいとか思っている方がいましたらご連絡ください。

話に脈絡がないのは、先日の円山海月を引きずってるからだろうきっと。


未分類 |

つながりと作用



昨日は数年ぶりにTuckさんとお会いして長めにお話を。
実際に顔を見るのは多分3、4年ぶりだと思うんだが、たまにメールのやり取りしたり、SNSでお互いの動向を知ることができるので、あまり久しぶりって感じでもないのだけれど。

会ってないのに、お互いがどこで何やってるか大まかには把握できる世の中ってのは考えてみるとこの10年くらいで定着したと思うんだけど、そんな感覚ってそれまでは誰も持ってなくて、大げさに言うと人類が初めて体験している感覚なわけで、どういう作用かはわからないけど、心理的にも物理的にもなにがしかの作用があるんだろうなきっと。

Tuckさんとは、ちょっとこちらが別なところから依頼されていることに関連してのご相談とか、ついでに別件で相談されてる案件について(ちと英語の語学力と知識を必要としたもので)ご意見を伺う。
まぁ、メインはそれだったんだけど、その他にも色々と。

お互いに、直接は会ってもいないのに、それぞれの場所で知り合ったり関わったりする人がどっかで繋がってたりするんだねって事やら、そういういろんな人のそれぞれの動きが意識的ではないにしろお互いに作用しあってるんじゃないのかねみたいな、雑談で話題はあちこちに飛ぶんだけど、なんとなくそういうテーマについて話をしていたようにも思う。



で、夜は先日お伝えした通り、Recallのみゃん@ちゃんが担当しているラジオ番組へ。
毎回週替わりでレギュラーを務める女性アーティストが彼と一緒にトークする番組なんだが、昨日はみなさん調整がつかなかったらしく、その代役ってな感じ。

で、曲も任されていてね。
細かなタイムスケジュールは組まない番組なので、一応多めにと思って、ライブの告知をさせてもらいたかった拝郷メイコ嬢のアルバムの他に、10曲くらい選曲して準備して行ったんだけど、お互い喋る人間なので、予想通りほとんどトーク。
約2時間の放送時間でメイコ嬢が2曲の他に、自分のを含めて2曲みたいな…。

あっという間の2時間でございました。

リスナーの方からメイコ嬢のライブに関しても反応あったりして嬉しかった。

さて、詳しくはまた近くなってからにするけど、今年もフライアーパークの開店記念月間ライブに出演させていただく事になりました。
今年は20周年である。
20年もお世話になってるのね…。

毎年言ってるけど、開店記念ライブの最多出演記録をまた更新だ。ちょっとした自慢だ。

今年はまた脂っこい組み合わせ(笑)

その前に、4月のライブもあるんで、そちらもよろしくです。

4/7(土)
【Voice & Rhythm vol.39】
場所:クラップスホール(札幌市中央区南4条西6丁目5番 タイムズステーション札幌1F-タイムズ駐車場ビル内の1階)
START/12:00〜
料金: ¥1000


4/10(火)
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN/20:00~
START/20:30~
料金:¥1800 1ドリンク付
出演:辻正仁/うけ丸/星文昭


6/24(日)
【フライアーパーク開店20周年記念月間ライヴ】
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN/18:30~
START/19:00~
料金:¥1800 1ドリンク付
出演: 辻正仁 / 小松大介 / Recall
未分類 |

人の役に立つ人間になりなさい


『人の役に立つ人間になりなさい』

という教えは割と一般的のような気がするが、子供の頃からを思い返してみて、だれかにそんな事を直接言われた記憶がまったくない。

まぁ、こういう人間だから、親とか教師とかに言われても我関せずで聞き流してたのかもしれない。
今もあんまり『人の役に立つ人間になりなさい』というふうに誰かに教えようとは思わない。その前にまず『自分の役に立つ人間でいたほうがいいよ』って言いそうだ。多分、言うだろうな。

でもね、もう一つ経験上言えるのは、『人の役に立てると面白いよ』ってことだね。

という日々をしばらく過ごしておる。
そしてまだ当分はこの流れの模様。

以前から言ってるように、相談事やら依頼ごとが色々入ってきていて、それは皆さんコチラが何ができて、どれが得意かってな事を知っている訳なので、無茶苦茶な依頼とかではないんですよ。

自分が好きな分野ってか性分に合ってる事を好きなようにやってきた(要するに「自分の役に立つ人間」になろうとしてきた)のが、いつの間にか誰かの役にも立てる事になっていて、まぁそのように認知されたり認められてたりアテにされたりしてるんだろうと思うと、これは結構幸福なことである。

で、そういうのって自分が身につけたことや収穫したことの再確認になったり、依頼ごとをきっかけに新しいものを身につけられたりできて刺激になったりする。

ありがとうございます

そういうのが昨年後半あたりから続いておりまして、色々としみじみしちゃうんだな。

そんな中、今週水曜日にはラジオにご出演だ。

FM81.3MHz・さっぽろ村ラジオの『めろみゃん@』という番組。
何回かひょっこり遊びに行ったりしてるけど。

Recallでベースを弾いている みゃん@ という人がパーソナリティやっていて、そこに基本は札幌でご活躍の女性アーティストのお嬢さんたちが週替わりでどなたかMCとして出演して、みゃん@ と一緒にしゃべっているのだけど、どうも21日はお嬢さんたちのスケジュールが調整できなかったらしく、このオジサンが登場する事になりました。
んと、放送は21:00〜22:58でございます。

視聴可能範囲は限られてるけど http://www.nzfm.jp/ にて配信されるそうです。
約2時間喋り倒す(笑)


そして、本日急遽、4/7に師匠のとこの生徒さん達が出演するイベント【Voice & Rhythm vol.39】に出演させていただくことになった。生徒じゃないのに(笑)。

イベントは4/7、4/8の両日開催される。両日合わせて37組出演予定。
8日は黒田雄亮、Tomomi、高井麻奈由、Mickなんていう、この日記にも登場頻度の高い、長いおつきあいとなった音楽人も出演。
ワタクシは7日の多分昼の時間帯に登場。この日の顔なじみはJakeだな。
過去にも何度か出演したりもしてるんだけど、ボーカルスクールの催しではあるんだけど、「発表会」ではなくちゃんと「ライブイベント」になっちょります。
出演の皆さんもそういう意識でステージに立っているので、出演してなくても時間の都合が許す時は覗きに行ってるイベントである。何かと刺激になるので。

とりあえず、それらを含め、人前に出る活動のご予定をまとめておく。

3/21(水)
【さっぽろ村ラジオ めろみゃん@】
MC代打出演
FM81.3MHz
21:00〜22:58


4/7(土)
【Voice & Rhythm vol.39】
場所:クラップスホール(札幌市中央区南4条西6丁目5番 タイムズステーション札幌1F-タイムズ駐車場ビル内の1階)
START/12:00〜
料金: ¥1000


4/10(火)
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN/20:00~
START/20:30~
料金:¥1800 1ドリンク付
出演:辻正仁/うけ丸/星文昭

他にもちょこちょこと話が進んでるものもあり、それはまた。

そして、出演しないけど関わってる大事な案件

【拝郷メイコ
7th ALBUM『ホシノモト』リリース
君のもとツアー ~北海道編~】

4月13日(金)
札幌音楽処インストアライブ&CD即売サイン会
<インストアライブ特典あり!>
会場:札幌音楽処
(札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ7F)
19:00~
観覧無料


4月14日(土)
会場:札幌 MUSIC CAFE Day & Night
(札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1F)
共演:mitsumi / 高井麻奈由
open18:30 / start19:00
料金:2,800-(1ドリンク別\500)
拝郷メイコホームページ メール予約受付中!

http://haigoumeiko.net


こちらもよろしくお願いします。

諸々のアレコレの作業が区切りのいいところなんで、今日は寝る。









未分類 |
BACK | HOME | NEXT