fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

たまには少し恋の話を


いやぁ~、久しぶりにディープな眠りが訪れた。

大概眠りが浅かったりいつの間にか睡眠時間が少ないタイプなんだけどね。

昨日は帰宅直後に鈍器で殴られたかのごとく眠りに落ちた。
記憶している夢もなく深々と眠り、突然目が覚めた。
感覚的なものでわかりにくいかとは思うが、おきた時に「どっぷり眠った」という感覚があったりして。

そんでもって昨日は移動中に携帯電話のバッテリーのふたがどこかに消失しておった。
前に修理に出す前からふたの閉まり具合が悪かったんでけどね、ついに外れて落としてしまったらしい。

電池むき出し。
今日いつもお世話になっちょるケータイショップを通りかかったら例の愛想が良くてかわいらしい子がいたので(いなかったら行かなかったのか? それはナゾだ)、談笑しながらふたを注文。
あのね、オレがワザワザ「かわいらしい」とか書くくらいだから、見てくれがどうこうってだけの話じゃないんですよ。別にどーこーしようとかってアホな話じゃなくて(どーこーなるもんなら、それはそれで受け入れるが)、接客業やっている人としての天分があると思うんだな。そういうのがかわいらしさとして現れてるって話。
あと、たまにカレーを食いに行ってた喫茶店に勝手に「喫茶店の精」だと思っていたウェイトレスさんがいたんだけどね、喫茶店ごと消えてしまったのが残念だが。
その子もなんかこう人にふれまわりたくなるような「いい子」だった。

たぶん昔の人はそういう子を「看板娘」と呼んでいたのだろうね。

なんとなく、そういう子らを見ていて「オレが若かったら恋してただろうな」と思うのだが、残念ながら今はそういう好感の持ち方と恋とは別なものだとわかっているので簡単に混同したりしない。
ただ彼女らが毎日元気でニコニコしていられるといいなと思うだけである。
恋というのはたぶん、己の中で魔物がうごめきだすようなところがあるような気がしている。感情が「濃い」んだね。
僕が恋をするととんでもない状態になるのは、知っている方は知っている。あんまり知られたくないが絶対にバレる(笑)。

さてさて、来月のライブスケジュールが決まりましたとさ。

まずは昨年も呼んでいただきました、小樽の稲荷神社のお祭りでの「夜桜ライブ」。山の中腹にある小樽稲荷神社(小樽市末広町38)の境内で歌わせていただく。
今年は5月14日、15日の2日間の開催で、僕の出演は14日の19時頃を予定。まぁ昼頃からやってるんで、時間は多少前後すると思われ。
昨年はまだ明るいうちに出演したんだが、今回はまさに夜桜眺めつつの時間帯。なんにせよ、一度出演したイベントで次回もまた声をかけていただけるってのはありがたい話である。

続いては5月19日、札幌のど真ん中、四丁目プラザ向かいで期間限定営業を始めたライブバー「LOCA(札幌市中央区南1条西4丁目)にて、黒田雄亮君のグループで、5月1日にもこのグループでミュージシャンとしてクラップスホールのステージに立つフライアーパークのマスター・ムネちゃんも参加している「BlackMafias」と対バン。
900円でワンドリンク付だす。
路面店、ガラス貼りなので通りがかりの方もライブの風景が見れるばかりか、ご丁寧にも外にも音が聞こえるようにスピーカーが設置されているという…。
まぁ、以前から黒田君とは一緒にライブをって話をしていて、今回実現とあいなりました。この日は5月1日にミュージシャンとしてクラップスホールのステージに立つフライアーパークのマスター・ムネちゃんは参加できないのが残念だが、ミュージシャンとしてクラップスホールのステージに立つフライアーパークのマスター・ムネちゃんの雄姿共々、LOCAのライブにも足を運んでいただきたい。

まぁ、黒田君もムネちゃんもとりあえずは5月1日のライブをどうするかが目下の悩みだと思うが(笑)。
例のおっさんがまたちょっと仕掛けとるんですわ。話を聞いて爆笑した。
これはもう、この5月1日のクラップスのイベント全体の流れをご堪能いただくのが良いのではないかと。

そんなわけで、5月1日にミュージシャンとしてクラップスホールのステージに立つフライアーパークのマスタームネちゃんのライブ情報でした。




アレ?










スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |