fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

鳩がでます





色々整理していて、昔からの音の記録をざっと聴き返してみた。

友達と一緒とか1人でラジカセに吹き込んだのやら、多重録音したのやら、弾き語りもバンドもライブ音源があったりで、中学の頃からだからねぇ。

ま、音を聴いて若い日にその曲で何をやりたかったのかは汲み取ってあげられるって出来だった。

あー、こうやりたかったのにやり方が判らなかったんだろうなとかね。

ただ、今割とそれを楽にできるようにってか、こうすればいーんだなってのが判るけど、特にやってみたいと思わないんだな。うまく行かないものだ。

それと同時に、やっぱり若い感性でやろうとしていた事の中に、たまに今聴くと驚いちゃう発想があったりするね。
ってか、どれも本気だな。それだけは、つたなくても駄作でも、とにかく本気でやってて良かったなと思うよ。

ただ時折、忘れてた事の中に「俺、頭オカシイんじゃないか?」と思うような曲が混じっていてちょっと心配になった(笑)。

沖田くんがよく一緒にバンドやってた頃の曲の幾つかを「聴き手の共感を拒否してるかのような歌詞」と評しているけど、なるほどね(笑)。

なんか、今だったら逆に怖くて出来ないような歌詞を晒していたりするな。

またちょっと詩に近い歌詞書く傾向にあって、「バンドの頃に戻りつつあるかな?」とか思ってたけど、全然別物であった。

曲を聴くと、当時あんまり自覚してなかったけど、自分に病んでた時期があったのも判る。本当に頭オカシかったんだろう。

しかしまぁ、色んな事やろうとしてたなぁ。ある意味欲張りってか身の程知らずというか…。

でもトライしてきた分、そこら辺の人より引出しは多い気がするし、それなりの成果があっての今なんだろうね。主に失敗の成果(笑)。

ただ引出しは多くても建てつけが悪くて、なかなか開けれない(笑)





スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |