fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

ただ乗り

車のことはよくわからんが、押してやるとエンジンがかかるらしい。

凍てつく夜の道を40分ほど歩いて移動するつもりだったんだが、途中で行き倒れになったタクシーがあった。
ドライバーがエンジンをかけようとしてるんだが、エンジンはケンケンの笑い声みたいな音(例えが古いな)を出しては止まるようだ。丁度横を通りすぎようかと言うときになんとなくドライバーと目があったんで、何か手伝えるかと聞いたら、押してみてくれと言う。
押してみた。

タクシーは僕に押されながらトロトロと進んだ後にエンジンがかかった。
走り去るタクシーを見送りながら、こっちのエンジンも暖まったなと思ってたら、また前方で止まってしまったのでダメだったかと思い、駆け寄ってみた。

エンジンは動いてた。
ドライバーがどこに行くんだと聞くので行き先を教えると、乗せてくれると言う。
どうせその辺まで客もつかずに行くつもりだったと。
自慢だが人の好意に遠慮しない性格である。

メーターを大きな「予約車」と書いたボードで隠したタクシーが僕を運んでくれた。寒かったから助かったね。
現代版「鶴の恩返し」?

こうして今日も生きている(笑)。
スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |