fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

夢で萎えたら

昨夜の夢の中

多分、どっかの宿泊施設にいたのだ。
ホテルでもなければ旅館でもない。結構大きな健康ランドみたいな所。
そこで宿泊をしてるのね。心算としてはなんかの会社単体かあるいはいろんな取引ある会社なんだか団体なんだかの寄せ集めで慰安旅行みたいのをしているような。

で、夜中というかもう明け方近いって感覚なんだけど、大浴場に入りたいということで、行ってみたら時間が時間で、清掃のための水抜きが始まっているようなところを、怒られるまで入ってやれってことでいくわけですよ。
記憶では、その風景は大浴場のようでもあるし、でっかいプールのようでもある。

入ってみたら、清掃が始まろうとしているにもかかわらず結構人がいまして。知ってるのから知らないのまで。

で、そこでもう半分くらいしかお湯の残っていない浴槽に入り、お湯もぬるいってか冷たくなり始めてるようなアレでして、そこでどうにか肩まで浸かろうとしてるんだ10人くらいで(笑)。

で、あんまり気持ち良くないので、ここよりはもう少しお湯の残っている隣の浴槽へ。そこも具合がよろしくないのでまた隣の浴槽へと次から次へと浴槽を渡り歩き、走行しているうちに時間が時間なんで眠気が襲ってきまして。実際は寝ている夢の中で猛烈に睡魔に襲われるという…。

でもって、もう諦めて浴槽から出て部屋に戻るんだが、そうしたらもう出ていく時間だって言うんで、よくわからんがこの慰安旅行かなんかを仕切っている人が皆さんに「忘れ物しないように、ちゃんと鍵閉めて〜」とか言いながら廊下から各部屋に呼びかけに回っていて、各部屋の皆さんがワラワラと荷物持って出てくるのね。

そしたらそっからはなんか帰り支度というよりは、なんかの撤収作業になっており、テレビやら棚やらも運び出すし、わけのわからんポスター巻いたやつとか衣類とか、ラジカセとかとにかくなんでも運び出すことに。

多分、これって昔会社いた頃によくやってたいろんな店舗の回転準備やら改装の手伝いで搬出搬入やってた時の記憶が混じってるんだと思う。

それで運び出したのを今度は各自が自分の車に詰め込んだり、どれが誰の物だかもわからず運び出してるから、そっから自分の物とか、あっちの車に入れるものとかを探し出してたりするのよ。

で、オレは眠いしさ、やたら重いものとか、あと細々した形状の定まってないものとかをたくさん抱えて歩くもんで、落とさないようにしないととかで、腰が痛かったりなんだりで大変なのね。
それで、誰かの車に持って行かなきゃならんものを抱えて歩くんだけど、行けどもいけどもその車がないわけ。
気がつけばそれは中心部の街並みで、札幌の方はおわかりとは思うがパルコ前あたりの通りをさ、創世川の方までいくんだけど全然どこに持って行けばいいのかわからない。もう二条市場過ぎてるじゃんみたいな。

で、そのあたりで気づいたよね。オレ、その人の車どれか知らないんだ。
その人はまだ4プラのあたりにいたはずなんだ確か。よくわからんが、炊飯器とかポスターとかスピーカーとかが全部剥き出しのままで両腕に目一杯抱えてヨタヨタ歩いてたんだけどね。それ起きっぱなしにするわけにも行かずに、持ったまま元来た道をその人のいるところまで引き返して(途中で何人もの人たちが同じようにものを抱えて行き交っており、それぞれの車に積み込んだり、あるは大量の荷物の山に腰掛けて休憩したりしている)、その人見つけて、車はどこにあるか聴いてみたら「車できてないもん」だって…。
その人の荷物はまだ大量にあるのだ。少なくとも一人暮らしの引越しくらいには。それが4丁目のスクランブル交差点のある角に積み上げられている。さっきも言ったが、他の方の荷物も大量に混在している中にだ。

もうヘトヘトであるが、どうもコレをその人の家まで徒歩で運ばなければならないそうだ。
それだけでも辟易してしまうのにだな、話は戻るがそもそも最初の宿泊施設らしきところにいた時から、これまでの自分の人生で出会った知り合いが何人も登場してきてたのね。高校時代の担任とか、学生時代の友人、先輩後輩、音楽関係の知り合いやら、お世話になった方やら、ちょっと力を貸した人とか…。

で、そういう人がオレによくわからん愚痴をこぼしたり、何かに対しての不平不満を訴えてきたり、誰かの悪口言いにきたり、あるいはこの疲れた状態で聞くとイラっとくるような下らない冗談言ったりしてくるのよ。

夢の中にもかかわらず、眠いし、疲れてるし、腰が痛いし、体がだるくて喉が乾いていて、荷物が重くて持ちづらい上にトイレに行きたいのを我慢しているという中で、メンタル的にもたまらん状態であった。

中でもだな。それこそ学生時代からのお付き合いしたことのある女性が何人か現れてだな、彼女らに出会すたびに何か強い口調で文句を言われるのにはまいった。

目覚めた後で何を言われてたのか覚えてないんだが、なんとなくみに覚えがある気がしておる(笑)。
ひとつ明確にわかってるのは「そうです、僕が悪かったんです。いろいろ申し訳ない」ってことだけだ。

そういう訳で、朝目が覚めたときにはグッタリ疲れ切っており、膀胱がパンパンであった。

夢の中でさえ、生きていくのは大変だったりすることもある。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜今後のライブ予定〜

※いずれもご予約は【contact】をご利用ください(入場者数に制限がありますので、お早めに。)→https://www.kurageya.net/contact



4.29(土・祝)  
​【昭和の人達】
場所:円山夜想(札幌市中央区南1条西24丁目 ヴィンテージビル地下)
OPEN 15:00
START 15:30 
料金:2000円(別途ドリンク代500円)
出演:黒田雄亮 / よしこ と かつひこ / 辻正仁
昭和の人達フライヤー



6.4(日)
​【東日本大震災チャリティーライブ・500L Vol.38】
場所:円山夜想(札幌市中央区南1条西24丁目 ヴィンテージビル地下)
OPEN 17:00
START 17:30
入場無料(振る舞い酒あり)
出演: kenzzzi(前説)/ Thank you sun scene / あまつぶドロップ / 辻正仁
500L Vol39



6.22(木)
【フライアーパーク25周年月間!】
場所:フライアーパーク
(札幌市豊平区平岸4条7丁目) 
OPEN 20:00
START 20:30
料金:2000円(1ドリンク付き)
出演:コイズミサトシ / よりみち / 辻正仁
25周年



スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |