fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

あんなの両方共、「弾き語り」じゃねえよ。笑笑(by 谷藤勝彦)

昨日は【月刊ぼんのう 5月号】でございました。
ご来場の皆様、配信をご覧いただいた方々、関係各位、お疲れ様です。ありがとうございました。

高井麻奈由ちゃんとのツーマンから中1日での登板、週末にはフラーアーパークの周年記念ライブも控えてたりして、ちょっと自分としては続くので、真ん中で毛色を変えてみようと思って、非常に珍しく座って歌ってみた。
まぁ、選曲してみたら、そんな感じの方が良いかもってのもあったんでね。

レギュラーオープニングアクトのEriちゃんは、今回の新曲も良かったし、パフォーマンスもかなり安定してきた感じがする。

2021_05_30_1.jpg


新曲はね、好みで言えば今までの新曲の中で一番好きだ。
ビートが立ってるし、フックとなるフレーズが耳に残る。なんなら今でもそこは歌える。

変な話「その部分のために存在する曲」である。
冗談半分で「ヒット狙いに来たね」って言ったんだけど、そういう事です。「とっつきやすい」というのはこういう類の音楽やっていれば大事な事です。

しかもね、歌詞がどんどん曲に、というか、曲のビートとしての機能もちゃんと持ってる感じになってきたね段々。
これもある意味好みではあるんだけど、メジャーな人とかでもさ、やってる音楽的にはロックなんだけど、歌詞がどんなに素敵な事言ってたとしてもビートとかグルーブの要素としての魅力のないものは「なんじゃコレ?」って思っちゃうのでね。

そんなこと感じるように育ってしまったワタクシは今回はこんな感じ。


〜 セットリスト 〜

イチャイチャ(1983)
暮らしの手錠(2008)
距離(1983)
星空(2003)
Game(1983)
孤独の雨(2012)
眠れぬ夜はサザンを(2016)
想うこと(2010)
ワルツ(2005)

2021_05_30_2.jpg


今回のテーマは「内容の前に形を決めてから取り組みましたな曲」という事になろうか。
詳しくは、連動して書いている【別冊ぼんのう】を参照してください。やたら長文なので、覚悟の上でどーぞ。

選曲してからその曲をいつ頃書いたか確認するんだけどさ、今回は2000年代以降の曲と1983年に書いた曲で綺麗に分かれた。
ま、2000年代以降ってのは、その「形を決めて」ってのの発展形みたいなアレなんだけど、その初期の頃のが全部1983年ってのはね、自分で「ほう」と思ったよね。

おそらく、高校生くらいまではそういう色んな音楽の「形」というか「構造」みたいのをそれなりに研究してたんだろうね。模倣しながら。
で、もちろん83年以前もそういうのは沢山あるんだけど、まだ顕著な例として紹介できるほどうまく行ってなくて、多分その辺がなんとなく自分でコツをつかんで、これ以降は自分なりに発展させてきたみたいな、その丁度いい時期が83年だったんだろうね。
こういうのは、今になってわかる事で、なんかこの企画やってないと気がついてないな自分で。

毎回この企画はFOLKIEのアカウントから配信もしてもらってるんだけどさ、配信には珍しく、いつもご覧の方が誰一人として途中でコメント入れてこないっていうね(笑)。
ま、それは楽しみ方は人それぞれなので構わないのだが、一応、ステージやりながらも確認できるようにはしてるんだ。

2021_05_30_3.jpg

そんで、昨日は「お、コメント来てるじゃないか」と思ったら、先日ツーマン一緒にやった、高井麻奈由ちゃんだった(笑)。見てくれてありがとう。

褒めてくれてたんで、非常に嬉しい。

そんで、本日のタイトルは、昨日Eriちゃんのサポートに入っていた、谷藤師匠のブログで昨日のライブについて書いてた中の一文。

オレにとってはなかなかの賛辞をいただいた。ありがとうございます。

その昨日のEriちゃんサポートの谷藤師匠とみゃん@ちゃんはRecallとしての出演で、今週末のフライアーパークでご一緒する。よろしくどーぞ。


で、本日はそのフライアーパークで新しいTシャツ作って今日から販売ってことで行ってきた。5日はコレ着てステージやります。

この緊急事態宣言とやらのおり、すっかりTシャツ屋さんと化していたが、それもこれも、このアレを耐えて乗り越え音楽のある場所を維持するためである。

23年もやってきてるんだもん、やめる理由はもう少し先の「寄る年波に勝てない」以外であってはならない。

Tシャツ屋





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜今後のライブ予定〜


 2021-06-05フライヤー

2021年6月5日(土)
【開店23周年記念月間ライブ】
場所:フライアーパーク
(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN 17:30
START 18:00
料金 2000円(1ドリンク付)
出演:kurosawadaisuke / 辻正仁 / Recall
※緊急事態宣言延長に伴い、開場開演時間及び、一部出演者が変更されてます。



月刊ぼんのう6月ふらいやー

2021年6月27日(日)
【辻正仁マンスリー企画・月刊ぼんのう 6月号】
場所:FOLKIE
(札幌市中央区南6条西3丁目 ニューオリンピアビル 8F)
OPEN 18:30
START 19:00
料金 2000円(1ドリンク付)
出演:辻正仁 / レギュラーオープニングアクト:Eri




2021年7月31日(土)
【辻正仁マンスリー企画・月刊ぼんのう 7月号】
場所:FOLKIE
(札幌市中央区南6条西3丁目 ニューオリンピアビル 8F)
OPEN 18:30
START 19:00
料金 2000円(1ドリンク付)
出演:辻正仁 / レギュラーオープニングアクト:Eri




いずれもご予約は【contact】をご利用ください→https://www.kurageya.net/contact
スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |