fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

企画者としてのお知らせと、参加者としての感想

誉フライヤー

はい、本日告知解禁となりました。

以前にお伝えしていた、CDショップ音楽処の開店15周年企画。

まぁ、あれこれありまして、先月頭に谷藤師匠、宗ちゃん、本間さんと一緒にやった「円山海月」の配信の時に相談したその場で「製作委員会」が発足しまして。

そっからバタバタと水面下的なアレをこなして、ひとまず告知できる段階に。

15周年記念というよりは15周年に感謝するアルバムを出します

------------------------------------------------------------------------------------------

~音楽処15周年感謝アルバム~ 
【誉 -Home : a Ray-】

発売日:2020年7月21日
価格:2727円(税込3000円)

【収録曲】
1.Song Wagon / 佐木伸誘with瀬川信二
2.Retrograde / natsu
3.妄想する夜 / 田高健太郎
4.音楽のあるところ / 高井麻奈由と辻正仁
5.polka dot / なかにしりく
6.雨粒の銀河 (Acoustic Version) / 流
7.ダークブルームーン / Recall
8.smile bird / SE-NO
9.御嬢 / 観月
10.音楽処~バラード~ / 向井成一郎

※【6/10から先行予約販売受付開始!!】
予約特典:「誉リリース記念 予約者限定配信ライブ視聴招待」
6/10~7/10に全額入金による先行予約販売に申し込まれたお客様には、特典として
収録全アーティスト出演の限定配信ライブに視聴招待いたします。
開催は8/8・9の二日間
詳細および視聴用URLは商品と共にお渡しいたします。

ご予約は音楽処店頭で。振込による配送予約ご希望の方は音楽処HPよりお申し込みいただけます。
音楽処HP→http://www.ondoko.jp

------------------------------------------------------------------------------------------

というアレですので、ご予約のほどよろしくお願いします。

まぁ、個人的には音楽処社長の石川さんはお店を立ち上げる以前に、およそ10年間ワタクシの上司でございまして。
いろんな意味でいろんなことを教わりました。
よく怒られたし(というと語弊があるな。正確には「オレが石川さんを怒らせるようなことをした」ってことです)、よく楽しい思いもさせてもらったし、よくやりがいも感じさせてくれたし、とにかくよく面倒見ていただきました。
そしてお互いにその職場を離れて、音楽処の立ち上げの時からしばらくはお手伝いさせてもらいました。

石川さんの元で働いていたことは、実はその後自分が諸々活動する時にとても重要な下地になっている。ものの考え方とか取り組み方みたいな経験値もなんだけど、石川さんと働いていなければ知り合うことのなかったかもしれない方達にその後も色々ご一緒させてもらえたり、力になっていただいたり、物事がスムーズに進められたりってことも多いのです。

これは裏方としての自分にも演者としての自分にも結構大きな財産だったりする。

おそらく、そういう音楽人や業界関係者は札幌だけでも相当数いるだろう。

そんな訳で、恩返しじゃないけど独立してお店初めて15年ってことで、なにかお祝いできたらいいなと。
で、その15年の間にも、正直他の「CD屋さん」とはまた違う意味で、支えてもらったり育ててもらった音楽人もたくさんいるし、結構その姿を見てきたりもしてたし、古くは開店前から石川さんを支えに活動してきているアーティストもこれまた結構見てきているし、そういう方達でちょっとずつ協力して記念品を作れないかなと。

だから、イメージとしては先生の誕生日に生徒がちょっとずつお小遣い出し合って一個のプレゼントを用意するみたいな感じ。

そうやってですね、参加アーティスト各々、既存の曲を新たに録音し直したり新曲や未発表曲を用意して、その曲を集めてみました。

まぁ準備期間中に声をかけた音楽人で気持ちはあっても諸々都合がつかずとか、他に同様の企画があってそちらに参加する方もいたりというのもあって、そして時間的な制約もあることからお声掛けできずにいた方々も多くいるのだけれど(なんせ、おそらく参加者を広く募集したらとんでもないことになって、申し訳ないけれどとてもまとめることなんてできやしなかったろう)、それはそれで、またそれぞれができるタイミングでできる形のことをやっていただければいいのではないかと思う。
すでに発売されている同様のコンピレーションアルバム『Love-ongakudokoro』もそういう一枚だけれど、このような企画がもっといろんなところからどんどん出てきたらいいのにとも思う。

さて、このアルバムはもちろん、先ほど書いたように参加した10組からのプレゼントではあるのだが、実は企画者としてのイメージで言うと、まだ続きがありましてね。
さっきの「みんなでちょっとずつできることやって一個のプレゼントを」ってやつね。

この「みんなでちょっとずつ参加」は実は、聴き手のみなさんも含んだイメージなんですよ。
つまり、音楽人は音楽を提供して、聴き手はお店やお店のHPからそのCDを手に入れるという行為によってプレゼントする側になっていただければと思っているのです。

こんだけインディーズのアーティストを応援して、紹介してくれるお店というのもなかなか貴重な存在でして、それによって自分が密かに応援しているアーティストが大きく展開されていたり、こういうお店があるおかげで新しいアーティストを知ることができて楽しみが増えた方も多いと思うんですよ。
ってか、そういう人何人も知ってるからね。

そういうお店の開店15周年。正直このご時世にこういうこと15年もやるなんて非常に大変だけれど、そんな嬉しいことを続けてくれていることを、お客様も一緒にお祝いできればいいなと。

そんな訳で、ぜひ予約購入していただければ。7/10までにご予約いただけると、8月にやる限定配信ライブに視聴参加していただけます。そこでまた一緒にお祝いしましょうよ。

というのが、まぁ企画者というか裏方というかのアレです。

で、今回はワタクシも一応「アーティスト」としても参加している。
最初そういうつもりはなかったんだけど、諸々の話の流れで。
ま、高井麻奈由ちゃんと一緒にやりましょうってことで「高井麻奈由と辻正仁」という名義になっておる。
うん、せっかくの記念的なあれだし、普通に自分でやるよりもレア感出せていいかなと。

最初はね、ずっと前に麻奈由ちゃんがオレのライブのゲストにきてくれた時に、一緒に歌う用に書いた曲があったんでそれやろうって話だったんだ。でも、なんか色々準備してる間に、一曲できちゃいましてそっちを。
うん、前の曲ってもう6,7年前の時の彼女に合わせて書いた曲だったしね、なんかこう、当時はやれなかったけど今の彼女にハマるような感じのことやれたらな〜とか思ってたら浮かんできたので。

そして、その曲調から頭の中では鍵盤の音がするもんだから、ピアノをMickにお願いした。
もうなんだろ?イントロのフレーズとか何にも言ってないのにイメージした通りだよ。
Mickが流石なのか、チョイスしたオレのセンスが素晴らしいのか...Mickだな。

そして高井麻奈由の歌が上手い! 声がいい!

結果、このお二人の力で曲を仕上げていただきました。
その場で初めて合わせてその場で一発録り。

お祝いのプレゼントなのに、なんかオレが得した感じ(笑)

オレが石川さんの下で働いてた頃はまだ彼女ら2人とも小学生とか中学生だよ。
そんで、音楽処開店後に2人は活動初めて、最初なんか出番前に2人で並んでプルプル震えてたんだから(笑)

それが15周年って時に、こっちがすっかり全面的に頼りにしてるんだもんね。
月日を重ねるというのはなんと豊かで面白いことだろうと…

そういうのを経験できたのが嬉しいし、そういう機会があるってのもやっぱり音楽処がこうして続いているからなんだよね。だから、まぁこの贈り物も結局音楽処のお世話になってますって話になっちゃうんだな(笑)


スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |