fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

来年は非常に個人的なアニバーサリー



わざと、あえてこの日から、この非常にこじんまりとした自分だけのアニバーサリーについて語る。
多分、これから時折。

え〜と、前からちらっと言ってたけど、来年は自分にとっての「節目の年」である。
ものすごくこじつけなんだけどね。

ホラ、例えば昨年は親交のあるMickや高井麻奈由ちゃんが「活動10周年」とか、お世話になってるフライアーパークが「開店20周年」とかだったじゃない? 来年はhide-c.が15周年だったはず。

他にも毎年毎年、色んな知っている人が「デビュー15周年」とか「活動を始めてから5周年」とかやってるわけですよ。

オレ、自分のそういうのまったく分からないのね。まぁ「長い事やってるな」ってのはわかるんだけど(笑)

自分が一体いつから活動開始だったのかとか、そもそもどっからが「公的な」活動開始なんだか…

コレ、前にも書いたけどさ、別にどこかの事務所とかレーベルと契約結んでる訳でもないしさ。そういうのがあればそこと契約結んでライブやるなり作品リリースするなりしたその日がデビューなんだろうけど、別に誰に許可もらったとか契約書交わしたとかもなく、勝手にやってるだけだからね(笑)

あとは「初めて人前で演奏を披露した」とかになると、コレもはっきり覚えてないのよ。多分、中学生の時の文化祭とかキャンプとかでやったのがそうだと思うんだけど、その他住んでるとこのお祭り出たとかもあるし、果たしてそれが人前でやっていいレベルだったのかどうかとかもあるし。

んで、「初めて人前で自作曲をやった」とかでも覚えてないってか、放課後に教室でギター鳴らしてとか、そういう時にどさくさに紛れてオリジナル聴かせたりしてたし、その頃の友達との遊びが、オリジナルを含め色んなのを弾いて歌ってカセットに録音するってのだったから、別に「これが自分の活動のスタート」とか「記念すべき最初の云々」みたいな「満を辞して感」が全くない(笑)

今プロ野球で活躍してる選手だって、まさかガキの頃に公園でキャッチボールしたのを「アスリート人生のスタート」として、そっから数えて何周年みたいなことにはならんでしょ? 彼らは「プロ野球生活何周年」っていうのを節目にしてる。

その公園のキャッチボールと同じ感覚でギター弾いて、歌作って歌ってそのまんまなもんで、そういう「活動何年目」みたいのがないというか、判断がつかないのよ。

で、一個だけ確かに覚えてるのが1980年なんだよね。

なので、多分2010年の頃は「30周年」とか言ってた気もするんだけど(それすら明確な記憶がない)、その1980年に、オレは「この先もずーっと曲書いて歌っていこう」みたいな事を思ったんだよね。

あくまでも表現としては「思った」であって「決意した」とかじゃないんだけどさ。

「この先何があっても俺はやり抜くんだ!」とかそういう熱いものじゃないのよ。

ただフワ〜っと「自分で曲作って歌っていきたいな〜」って思っただけなんだけどさ。

不思議とその時の自分がいた景色とか空の感じとか、風がこんなふうに吹いてたとかそういうのは覚えてる。
それが何月何日かまでは覚えてないけど。うん、多分5月か6月の日曜日。

なので、来年はオレが「自作曲を作って歌う事をずっとやっていこうと思ってから40周年」なんですよ(笑)。
無理やりな感じだけど、オレが唯一考えつける自分の活動にまつわるアニバーサリー。

まぁ、確か30周年だか35周年だかの時もそういう事を言いふらした気もするんだけど、ちょっとやっぱりこれって特にどうということのないアレなんで、自分でも途中で忘れたってかどうでも良くなったんだよね。

でも今回はですね、ちょっと別にそれでイベントとかなんだとかやるつもりはないが、自分で「2020年ってのは40周年イヤーなんだ」って事を気持ちのどっかに置いておきながら活動しようかなと思っている。

まぁ、オレ以外の人にはどーでもいい話なんだけど。

なので、この日記でも時折「この40年を振り返る」的な記事を書く機会が多くなるかもね。

で、色々といつ何があったのかを忘れてるオレがなぜこんなことだけ何年にあった話か覚えてるかというと、ひとつはさっき書いたように、その思い浮かんだ瞬間の事を鮮明に覚えてるからってのと、その年の暮れにジョン・レノンがこの世を去ったからなんだよね。
あの鮮明な記憶があるのは1980年の出来事だってはっきりしてるのは、そういう事なんです。

なので、この40周年という事をいつから表明していこうかって考えた時に、今日からって思ったの。

そんな40周年のスタートはこちらから
      ↓
2020バースデー告知





スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |