FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

スピーカーの音がうるさくてスピーカーの音が聴こえない




たまに家電量販店などに行き、スピーカーを物色したりしている。
家には一応わりと納得しているスピーカーはあるのだが、それはオーディオアンプ経由のもので、がっつり気合いを入れて聴くときに使ってたんだが、アンプ自体が長年使ってるんでそろそろ限界かもってのがあってね。
で、物を所有していたくないってのがどんどん進行してるもんだから、割とCDとかもPCに取り込んじゃって処分してるしね。もうオーディオ機材もこれがへたったら処分して、買い換えないつもりでおるのよ。

で、何か分析というか研究でもないんだけど色んなことを知ろうって聴き方するときは結局ヘッドフォン着用するしさ。それならまぁPCからでもいいんだ別に。

ただ、ヘッドフォンとかイヤフォンで聴き始めると自分がそういうモードになっちゃうし、かといって部屋でなんとなく流れてるものに耳を傾けるって状態を楽しむにしてはPCやスマホのスピーカーではあまりにもお粗末で、臨場感もへったくれも無くなってるからなんか欲求不満になるってのがここ数年の状態なのね。

まぁ、実は家にいてなんとなくで音楽流すこともほとんどないんだけどさ。
なんせ、音が流れているとそっちに気をとられるので本読んだり、書き物したりがやりにくくなるし、ぼ〜っと考え事する時なんかも静かなのが好きである。
もしくは、自分で曲書いてたりするんで他の音が流れてるのはちょっと困る。

だから、まぁ掃除してる時とか、ちょっと考え事すらしたくない寝る前とかのひと時になんとなく流れてるって時間が週に合計2時間ほどあれば良いだけの話なんだけどさ。

なので、そんなに立派なものを必要としていない。
で、できればそんなに場所をとらずに、どこに置いてもPCやスマホから無線で音を拾って出力できるって意味ではBluetoothスピーカーがいいんだけどね。
部屋の広さから言えば、別に有線接続のスピーカーでも構わない。

まぁ、本当にたまに気が向いた時になんとなくあればいいかなと思って、量販店に立ち寄ってみるんだけどさ。
家電量販店自体が苦手なんである。

あの機械がぐしゃぐしゃ並んでるのがまず困りもの。さらに、テレビだのなんちゃらシアターだの、扇風機だのなんだのから大量の音が溢れかえっておる。んでなんかそこらじゅうから商品をアピールするCM映像みたいなものがあって音がしておりモニターがチカチカ。
一個一個は微細な音かもしれんが、機械自体の発する駆動音やちょっとした信号音のようなものまであるからもう何が何だか。そこに追い討ちをかけるように、店内にはその販売店舗のテーマソングみたいなものが流れており、そこに購入を促すナレーションが入り、人工的な光に溢れ、タイミング悪くどこかの国からの観光客一団なんかに出くわすと、やたらでかい声で怒鳴りあうかのように会話してたりする。いや、多分彼らに取ってはそれが普通の会話なんだろうが、申し訳ないけど辟易する。

というのがあってだ。
結構入った瞬間から疲労感に襲われるんである。

そしてスピーカーのあるコーナー。
スピーカーのコーナーだから色んなところから音が流れている。デモンストレーションで、音を聴いてくださいってことなんだろうが、そんなにいっぺんに色んなスピーカーから別々の音楽流されてもな〜。
おまけに、大抵はオーディオの性能チェックするのに適してないような音楽が使われている。まぁ、そういうタイプの人が聴く分には参考になるのかも知らんが、もともと重低音を強調してミックスされてるようなR&Bやらダンスミュージックとか、コンプかけまくりで音を圧縮したグランジロックを大音量で流しても判断できね〜よ。

そこに、前述した店舗全体のノイズが渦巻いてるんである。誰がなんと言おうとスピーカーを選ぶ環境じゃない。

そんなにでかい音じゃなくていいので、レンジの広い、粒のしっかりした音像をだな、慎ましい音量でいかに抜けがいいかとか、空間的な広がりがあるかを判断させて欲しいんですよ。

なんかこう、例えばスピカーコーナーで使う音楽はドナルド・フェイゲンの『ナイトフライ」に統一するとかしてくんないかな。だいたい、あちこちのスピーカーから音出してたって、同じ音楽を流さなきゃ比較のしようがないだろう。

というわけで、スピーカー物色するには店員さんに確認して許されれば自分のiPhoneを接続して判断しやすい音楽を流して比較することにしているが、その時点でこっちはもうかなり消耗しているんである。

それでさ、いつも行く時には「ま、ちょっとそれなりの音が出ればいいや」ってつもりで行くんだけど、そしてそんなにご予算を使う気もないから安いのでって思うんだけど、結局ご予算の範囲のもので音出してみると、買う気にならないんだよな。

おかしいな。昔はなんでもいいから音が出ればって思ってたし、今でもそのつもりのはずなんだけど、実際に音出して聴いてみると「う〜ん」ってなっちゃう。
そりゃ、いい音を求めればきりがないのはわかっているんだが、それにしてもってな。要するに「妥協点」が前より上がっちゃってるんだよね。

もう、最低限この音ならいいやって思ったものはやはりお値段的に買う気にならないし。
何日かに数時間のためにそれが必要かと考えると、別にPCのスピーカーでいいような気がしてくる。そもそもモノを増やしたくないわけだし。
安いスピーカーの音を聴いても結局、PCでいいやって気になるし。

サイズが手頃で、安くて、自分の納得できる音のスピーカー。ようするにこの世に存在しないものを求めているんだな。

それもおおよそ音を確認するのにふさわしくない環境下でそれを探しているこの状態は「徒労」と呼ぶにふさわしい。

いや、別にオーディオマニアじゃないし、オレがこれならいいやって思えるスピーカーなんてそんなに高いもんじゃないよ。なので、結局はちょっと気まぐれで物色してる程度で、何が何でも必要だとは自分でも思ってないってことなんだろうなってことに気がつくわけです。
だって、本当に必要なら絶対に手に入れてるもん。

その手に入れる気になっていかないのはさ、多分、あの量販店のうるささも一つの要因だろうね。あそこにいるだけでぐったりしちゃうから音の出るもの嫌になってる状態で、早くこっから逃げ出したいとか思いながらスピーカー選んでるんだもの。

そういうのってオレだけなのかな?

アレって結構そのせいで客を逃してるんじゃないかって気がするんだが…。


こういうのを書いてるってのはですね、一連のスピーカー探しが自分の中で決着がついたからです。オレはスピーカーはいらないことがわかりました。今現在は、サンタさんが持ってきてくれてもお断りする状態でございます。

こうしてまたひとつ自分を知ったという話でした。

ごきげんよう





スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |