FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

紙一重の日



先日ふとしたことで『知能指数』というものが話題になり、そういえば子供の頃とかにやらされたような記憶があるけど、どういう結果だったかは教えてくれなかったなってなことを思い出した。
もしかしたら教えてもらったのを忘れてるだけかもしれないし、自分がやらされたことの結果がどうだったのか今まで特に気にもせず忘れてたのかもしれない。
いずれにしたって、自分の知能指数は大したもんじゃない事の証左になっているような…

ということで、今のご時世ならネットで簡単なテストくらいできるんじゃないか? と思って調べてみたら『IQテスト』ってのが結構たくさん出てくる。あからさまに胡散臭いのから、本格的な感じのものまで。

で、本格的なやつはエントリー料金が発生するのがあったり、まず40分くらいひたすら問題をやり続けた挙句に結果ボタンをクリックすると「結果が知りたきゃ入金しろ」って案内が出てくるのがあったりして、それに乗せられてわざわざ金を払ってまで知りたいと思うほどバカではないので、辞めた。

もうちょっと探したら、もしかしたら支払う金額によってご希望の知能指数が出てくるのもあるかもしれないな。

で、あとはほんの5問程度をちょこっとやるだけで高いIQが表示されたのもあったんだが、これなんかは「アナタは天才です! より詳しいテストで正確な診断をしてみましょう」ってな案内で有料の本格テストに誘うのもあった。

思うに、公式の認定でもないサイトのこういう診断に金を払って、仮に本当に高い知能指数が出たとしても、そいつはバカのような気がする。IQの高いバカ。
そもそも、そこまでして非公式なIQを知ってそれで何をしようとしているのか?

で、ただ興味本位で自分のIQってどの程度だろう? と思ってたワタクシとしては、無料でできて一応触れ込みとしては出所のしっかりしてそうな(というふうに見受けられる)、それなりに時間もかかるような、それでいて無料で個人情報を求められないのを幾つか遊びとしてやってみた。
「ここで出てくる診断結果はあくまで概算です」みたいな案内がちゃんとしてあるようなやつね。

3つやったんだけど、結果はそれぞれ132、138、143だった。
試しに、一個のサイトで再度設問すら読まずに適当に答えを選択していったら、ちゃんとそれなりの結果が出た。

どれも「天才」とまではいかないが、かなり高い知能指数である。

これをどう判断したものか?

仮にこの診断を行ったサイトがただのデタラメを表示させているのだとしたら、課金も個人情報の収集もせずに何の目的でこんな込み入ったテストを作って無料で公開しているのか? そして診断結果も何の役にも立たないものである。

逆に、この診断結果が信憑性の高いもので、オレの知能指数が本当に高いのだとしよう。
そうすると自分の生活と照らし合わせて考えてみると知能指数自体が何の役にも立たないということにならないか?

ってか、こういうテストを色々物色してまでやっている自分って、かなりな俗人だと思うのだが? 知能指数が高いのにこんなことやってる奴っているのか?

そういうふうに考えると、本当に知能指数が高い人って自分の知能指数がいくつかなんて気にもしないだろうし、そんなに価値を見出したりしないだろうから少なくとも自主的にIQテストをやろうとは思わないんじゃないか?
となると、IQテスト自体が、正式なものであっても正しい統計が取れないってことじゃないのか?

それで、この『IQテスト』の正式なものって、幾つかパターンがあるんだろうし、判定方法も幾つかあるみたいなんだけど、その問題作成したり判定基準を決めた人たちの知能指数ってどのくらいなんだろう?

よく「天才は凡人には計り知れない」っていうけどさ、もしIQ120くらいの人が「あなたはIQ200です。天才です!」とか診断できるもの作ってるんなら、計り知れてるじゃん。

凡人が作った知能テストの設問で「これらの図形の変化から推察できる、次に来る図形は何か?」みたいな問題があって、天才が凡人には想定できない規則性をいくつも見つけちゃったりしたら天才にとっては設問自体が破綻してるわけじゃん。
だとしたら、正しい測定は無理だよね。

とか色々考えちゃうのって、頭がいいからなのかバカだからなのか…

結局どっちにしても何の役にも立たないな。










スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |