FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

冒険のような健忘

処方箋2019−02−02−1


ほい
【処方箋ライブVol.295】楽しく出演させていただきました。
ありがとうございます。

前回出演が丁度100回目で6年前。もう6年も経ったんだなってのも驚くが、それよりもこの企画をこんだけ長くやり続けている高橋麻衣子ちゃんに驚く。
素晴らしい。

で、久しぶりの小樽ってこともあったし、天気も良かったし、明るいうちから出かけてちょっと早めに小樽についてからのんびりしようかなと思ってね。

で、札幌駅までブラブラ歩いて、ちょっと本屋さんのぞいたりなんかしながら、優雅に駅到着。
んで、JRの時刻確認して券買おうとした時に気がついたよ。

「ギターを持ってきてない」というサザエさん症候群発症。

まぁそこで「なんで肝心なもの忘れるんだよ」とイラつくよりは、「列車に乗る前に気がついて良かった。しかも早めに出たから時間も余裕がある。なんてツイてるんだろう」と思うことにする。

で、地下鉄で自宅まで引き返す。

そしてまた地下鉄を乗り継いで札幌駅に行くよりは歩いて桑園駅に行った方が効率的と判断して行動。
徒歩中に大きい方を催してきて、駅近くのジャスコにて用事を済ませる。
それから駅に行って運行表を見ながら現在時間を確認しようとして気がつく。

「電話を持っていない」

いや、ジャスコで用事をすませてる時に見たぞそういえば。


ってことでジャスコに引き返す。
ほぼ直結だから1分程度なんだけどね。用事を済ませた場所には既に誰かが入っている。しばらく待つか…

ところが、中の人がいつまで経っても出てこない。きっと中の人の中のものがいつまでも出てこないんじゃなかろうか?

そんなこんなで業を煮やしてドアをノックし「すみませ〜ん、中に携帯置き忘れてないですか〜」と。

ま、あるにはあったんだが、中の人も気軽にすぐドアを開けられる状況ではないために、ドアの下から受け取らせていただく。

ようやくJR乗車。

外は日が暮れており、車窓から海を眺めるのを楽しみにしてたんだが、なんも見えん。
そして、駅にはリハで設定された時間に到着。ま、歩いて5分くらいなんで。

と思って歩き始めたが、なんせ6年ぶり。しかも前回は麻衣子ちゃんが車で運んでくれたので、ちょっと土地の様子がわからなくなっており途中で道が違うことに気がつく。
で、逆方向へと引き返す。

ん〜、別に地図とか確認した訳じゃないのだが、自分の歩いてる時に違和感があって引き返したのね。
常に知らない土地でも見当をつけて歩くのに慣れてるので習性かもしれない。

ということでギリギリで到着して一応サウンドチェックもできて本番。

mitsumiちゃんは場数をこなしてきてるので慌てたところが全然なくなったな〜。安定のステージである。
はじめましての「まえすわりゆうり」というユニットは面白かった。ギターの二人組なんだが、どちらもギターうまいし技術も確か。そしてそれを残念な使い方してる感じが好きだった。
およそ30秒から2分程度の曲を次々と演奏し倒す。しかもすべて下ネタに特化した内容で、こだわりの強さというかブレない姿勢を貫いているのがいい。おそらくこのご時世にあって「メジャーに行ける音楽」というところから最も遠い存在ではなかろうか?

ま、凄く面白かったんだが非常に久しぶりに「この後って出にくいな」と思わせてくれた。多分、カゲ稲荷以来。

共通するのは「確かな技術で下らない」ってところだ。こういうのちょっと憧れてたりして。やろうとすると一番難しいんだよ。

で、ワタクシの出番

処方箋2019−02−02−2


〜 セットリスト 〜

楽な気分で
月光の往来
Hone’o Late Musquene?
流れ星
君に愛を
求愛ラプソディー
ウキウキライフ(with高橋麻衣子)

ん〜今回はライブ前にのんびり過ごした気分でセットリスト決めようと思ってたんだが、前述のバタバタでそんな余裕が一切なく、ほぼ出てから決めた。
まぁ、会場の空気的にあんまりゴリゴリした曲じゃないほうがいいかなってのはあったんだけど、結果的にほぼ最近歌うのが楽しい曲って感じかな?
で『Hone’o Late Musquene?』は骨折時にmitsumiちゃん夫婦からお見舞いでいただいたウクレレで作った曲なんで、この機会にご本人たちの前で披露しようと思って。

最後の『ウキウキライフ』は何の事前交渉も打ち合わせもなく、主催の高橋麻衣子ちゃんを呼び込んで。mitsumiちゃんのサポートでキーボード用意されてたんで、前の曲歌ってる時に「そーだ弾いてもらおう」と思って。
どうにかなるべと思ってたが、案の定どうにかしてくれた。

おかげさまで楽しかった。ありがとう。

処方箋2019−02−02−3


で、終わってから皆さんで談笑していたんだが、普段札幌市内でライブやってると大抵の場所からは歩いて帰るからさ、帰りのことなんか全然気にしてないってか、その感覚でいたのね。
そしたら「辻さん、終電もう間に合わない!」って言われて「え?」って…。
小樽にいることを忘れておった。

という訳で帰りはmitsumiちゃんの車で送っていただきました。

もう、行きも帰りも迂闊な人間でございます。

スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |