FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

Moonlight and love songs never out of date (『As Time Goes By』by Arthur "Dooley" Wilson)



今日は『時の日』なんだって。

大正時代、日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけるために制定されたらしい。
列車の運行とか見ると今や欧米以上の几帳面さがあるけどね。大正時代はもっとのほほ〜んとしてたのかな?

ちなみに、ワタクシ時間というものそのもの自体がどーも怪しいと思ってます。

もちろん、自分の中にも時間が過ぎていくような感覚はあるし、社会活動をする上での共通の認識として便宜上のそういう目安を設定しないと生活できないのも承知している。

が、ですよ。
実は地球上には生活環境によっては時間の概念を持っていない人もいらっしゃるんですよ。
「朝、昼、夜」的な感覚はあっても(多分、それは彼らの生活においても必要なんだろう)、時間の感覚や認識を持っていないのだそうだ。だから彼らはきっとカップ麺を美味しく食べる事はできないだろう。

彼らにとっては「朝、昼、夜」を繰り返しているだけで、それが365回繰り返されても、自分がひとつ歳を取ったという自覚もない。ってか、その社会ではただ「朝に生きて、夜も生きて」ということを繰り返しているんだね。

おそらく、人間以外の動物にも時間の概念はないだろう。
季節による行動も、「そういう時間がきたから」という認識で行動しているわけではない。
詳しい事は省略するんで、気になれば専門書を読んでくれ。

あと、物理学的な理論においても時間は過去から未来へと一方向に流れているわけではないらしい。ってか未来も過去も本当はないらしい。移動している物体(人間も含む)と定位置にあるそれとでも時間の流れは異なっているそうだ。
これも気の利いた書店とかにいけば詳しい本が並んでる。最近だとYouTubeとかでもそういう事を紹介した番組のアーカイブが視聴できる。面白いよ。

つまりは、時間というのはそれありきで生活が成り立っているものだけが必要な、その生活をつつがなく行うための「お約束」でしかないんだご思うのね。
「ややこしいからそういうことにしておきましょう」っていう。

その環境で生まれ育つからそういう「時間の感覚」やら概念があるだけで、時間の流れそのものが「錯覚」なんでしょうよ。

「時は金なり」という言葉があるが、そういう意味でも時間とお金ってのは似てるかもしれないね。
どっちも、それをお約束事として生活を成り立たせている人類の一部にしか意味もないし、価値もないものである。
時間も金も動物にとっては意味のないものだし、理解もできないだろう。

お金だって「コレで何かと交換できる価値があるってことにしときましょう」って、通じるものの間だけに共有される価値観である。

「そこにある水」とか「気温」とか「引力」ってのは動植物も、未開の地の人類にも、オレにも大事なものだけど、時間とお金はそうではないのだね。

まぁ、そう考えたところで自分がより多くの時間やらより多くの金を欲しがることには抗えないのだが。

子供の頃から「1年が365日なんだけど、公転周期の問題から4年に一度閏年がある」とかさ、時間、分、秒の移行は60進法なのに「1日は24時間」とか「1秒が経過する」ためのコンマの単位になると0.99秒の次に1秒であって60進法じゃないとかさ、「なんか無理矢理じゃないか?」って気がして、時間って胡散臭く思ってるんですよ。

時間って多分、公転と自転の運動から割り出してると思うんだけど、それが既に人間が理解する時間の流れとは違う運動してるんだと思うんだよね。
だから、「毎年必ず24時間が365回で1年」にならずに、4年に一度帳尻を合わせなきゃならんのでしょう。
あと、いつオリンピックやるかの目安にもしなきゃならんし。

もし本当に時間の流れが存在しているなら、地球が太陽の周りを一周するのに常にきっちりと分割できる(閏年の必要がない)分割法があるはずだし、公転周期だって毎年おなじなんだかどうだかわかりゃしない。

さっきも書いたように、だからって自分の中で時間が流れてるような意識は変えようはないんだけど、それだって同じ1分が長く感じる時もあれば短い場合もあるでしょ? だから時間って便宜上のお約束でしかないよなって思うのさ。

ってな事を考えて、こんなこと書いて無駄な時間を過ごすのが大好きだ。


『時の日』のコンセプトが台無し(笑)













スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |