FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

生涯荒削り(笑)



昨日のライブもつつがなく終了。

こういうライブが初体験という19歳の鶴見くん、初めてなわりには際立ったミスもなく、バタバタしたりグダグダなところもなくしっかりしたステージで関心しました。
自分の19歳の頃ってただ闇雲に叫んでただけだよな〜とか思いつつ…。

最後の方で「まだまだ荒削りですけど、これから頑張っていきます」みたいなトークがあり、「オレ、長いことやってるけど、ずーっと荒削りで来ちゃったよ」と店長の本間さんと笑いつつ反省をする(笑)。

お久しぶりの上山くんはちょっと会ってないうちに20代から30代の半ばになっており、すっかり大人になっておった。
いろんな意味でカッコ良くなったな〜としみじみ。

やっぱりライブの場数を踏んで来た経験もあるのだろうし、震災後に現地にボランティアで入ってたらしくて、その経験が大きいのだろうなと思えた。

さて、ワタクシはこんな感じでした。

〜 セットリスト 〜

魔法を信じるよ
一緒に泣こうか
恋の季節(ピンキーとキラーズ カバー)
ロマンチスト
求愛ラプソディー
単純なもんさ-男の子の歌-
さすらう


ま、「男の子の節句」ってことで、少年時代を回想するような曲を前後に挟んでやってみた。
途中の『恋の季節)はですね、リハの時に思いつきでやってみたら行けそうだったんで歌ってみました。

これね、多分まだ幼稚園に入る前とかに好きだったらしいのね。
親から聞いた話だと散々歌って踊ってたらしく、彼らのトレードマークだった帽子をかぶってる写真も残ってるのだけど、自分では記憶がなく「そうなんだ〜」ってことしかないんだが、いまだに歌詞を確認しなくてもスルっと歌えるのです。

同様に、多少記憶があるものでは「ブルーライトヨコハマ」も好きだったんだが、一体どういうガキだったんだろうな?

本当は『単純なもんさ-男の子の歌-』で終了だったんだけど、昨日は普段よりもスタート時間が早かったのもあって、お客様から「まだ早いじゃん」とか言っていただき、もう一曲。
アンコールとも本編ともつかない微妙な感じでやらせていただきました。


え〜と、一応今月はもうライブは入ってないです今の所。
ちょっとこの間に諸々保留してたことも片付けようかなと思う。

次回の予定は、6/6の『500L』から。

しつこくスケジュール紹介しときます。



6/6(水)
【東日本大震災チャリティライブ 500L Vol.25】
場所:円山夜想<マルヤマノクターン>(札幌市中央区南1条西24丁目ヴィンテージビル地下)
詳細未定



6/24(日)
【フライアーパーク開店20周年記念月間ライヴ】
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)
OPEN/18:30~
START/19:00~
料金:¥1800 1ドリンク付
出演: 辻正仁 / 小松大介 / Recall


7/27(金)
【ageless】
場所:円山夜想<マルヤマノクターン>(札幌市中央区南1条西24丁目ヴィンテージビル地下)
OPEN/19:30〜
START/20:00〜
料金:2500円(1ドリンク付き)
出演: 辻正仁 / 木歩 / 蝦名摩守俊



スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |