FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

ぢっと手を見る(『一握の砂』by 石川啄木)


hand.jpg


手である。

バースデーワンマンの準備をしつつ、弦を押さえる指先の状態を眺めておって、ふと気がついたらそのまましばらく手のひらを眺めていた。

自分の手のひらをまじまじと眺めることなどほとんどない。
眺めていると、色んな線が入っているのだなぁと…。

そこで「そーいえば、手相ってよくわからんな」とか思い始めまして。
手相に関しての知識がまったくない。
若い頃に一度だけ手相を観れるという方に見てもらったのだが、何を言われたのかも覚えてない。っていうか、その方は手相のこの線がこーだからどーしたみたいな感じじゃなくて、「手相を観る」という行動が一つのスイッチみたくなって、何かを感じちゃってるタイプの人だったので、「運命線がこうなってるから金運はこうです」みたいな説明とかじゃなかったんだよね。

それで、特に何が知りたいってより「手相ってどんなアレだろう?」みたいなのが気になってちょっと調べてみようと。
う〜ん、特に何かを解決したいとか困ってることがあって解消したいとかってのはないんだけど、「手相で観ると自分はどんな感じなの?」っていう漠然とした興味。

それで調べてみたんだけど、正直自分の掌にあるどの線がなんという線なのかすらわからなかった。
ま、感情線くらいはわかるんだけど、ネットとかで図解している例みたいのを参照しても、自分と同じってのはないので、判断に困る。

「運命線」がないような気もするし「もしかしてこのうっすら見えてるのがそうか?」と思ったりもするんだが、あってるのかどうかもわからん。

「頭脳線がここまで伸びてる人はこうです」ってな説明見ても、果たして自分の頭脳線だと思えるものが、そこまで伸びてるんだか、そこまでは行ってないと解釈するんだかもわからん。

おそらく全体的な運勢だか傾向というのは、そういう色んな線の有様の総合的なアレで解釈するのだろうし、そんなの全然わからん。
なんか色々入ってる薄くて細かい線がそれに関わるものなのか、たんなるシワなんだかもわからん。


わからんことだらけ。
唯一、自分の手相を色々調べてわかったことと言えば「オレは今手相に興味がある」ということだけだ。

SNSで掌の写真載っけて詳しい方はいないかと思ったんだが、いくつかの返答はあったものの知りたいことが結局わからないままだ。っていうか、そもそも何が知りたいのかも漠然としてるんで、ちゃんとした質問すらできてないんだけど。

まず、どの自分の手にあるどの線が何線で、それがどうなってるからこうですよみたいな説明が欲しいのかもしれない。

きっとそういうことのために手相を占う方は存在しているのだろう。

でも占い師さんのところに出向いて見料を払って教えてもらいたいような切迫した事情はなにもないのでね。ただ漠然と「手相がどういうものか知りたい」ってだけだから。


そんな中、昨日はびっちり詰まった1日であった。

午前中にちょっと病院的な用事をすませ、午後から声出しのためのスタジオを予約してたんだが、中途半端な時間が空いたので、柳本さんのところに連絡入れてみたら大丈夫ってことだったんで散髪に。紅白歌合戦について熱くゆるく語り合う。

その後スタジオで声出し。
一応選曲したんで、時間なども図りつつ。

その後に、元上司でもある『音楽処』の石川社長が『CHI-MM(ちーまま)』というカフェを始めたと言うことで、オープン日だったのでご挨拶がてらお邪魔して来た。
あんまりがっつり宣伝もしておらず、まぁ長年やってる中での関係者やらお客様やらとゆるくお喋りできたりするような場を作りたかったご様子。「茶飲み場」だね。

で、その後は円山夜想でちょっとだけ本間さんの顔見て帰ろうと思ったんだけど、まだ正月的なアレでお客様がだれもおらず、本間さんもカウンターに座ってゆるゆると。
そのうち、バースデーライブでもお世話になるいっちーが挨拶に来て、諸々語る。

ということで、昨日で正月気分は終了しましたとさ。

CHI-MM.jpg

ちーちゃん








スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |