FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

これから初夢をできるだけ長編で見る

あけましておめでとうございました

ことしもよろしくどーぞ

という事で、昨夜は実家にてたらふく食べて紅白を観て過ごす。

年々、出演者の誰が誰だかわからなくなってくるな。
特に女の子が沢山出て来て歌って踊るグループは、もう何が何だか。

ん〜出演者の中で一番見応えがあったのは三浦大知かな?

あとは、ここ数年のように色んなものをごちゃごちゃ盛り込まないで極力シンプルにしてたのは観やすくて(というか、どうせ全編固唾を飲んで観る訳ではなく、だらっと眺める番組だと思うので)、疲れないでいれた。

ただね、なんかよくわからない演歌の人に美空ひばりとか歌わせるのは気の毒であろう。
アレ聴いていて思うのは「やっぱり美空ひばりは凄かったんだな」ってことしかないので。せっかく出るんだから持ち歌をやらせてあげればいいのに。

それと島津亜矢に「Rose」とか歌わせるのもよくわかんないな。あれも持ち歌歌わせればと思うし、あぁいう曲を誰かにやってもらいたいなら、それこそ福原美穂ちゃんとかに出てもらって、もっと凄いものを聴かせていただきたいなと思うのさ。

そんな中、今回の紅白で一番良かったのは、司会のウッチャンだったな〜と。
全然気張ったところがなくて、段取り踏んでる感じも与えず、自然体な感じで良かったと思う。
なんかNHKでやってるコント番組のキャラクターになったり、ダンスしたりで衣装替えとかスタンバイで結構慌ただしかったんだろうけど、その辺を揶揄する口ぶりも飄々としていて面白かった。個人的には何度か呟く「総合司会ってなんなの?」ってぼやきがツボだった。

何ちゅうの? 「これが紅白だよ〜、昔から変わんねぇ」とかさ、普通の50代のおっさんがTV見ながら漏らしそうな感想をちらっと言うのとか、台本っぽくないちょっとの軽口みたいのが、おそらく番組全体を視聴者の気分でふわっと包み込んでるような効果になってるんじゃないかと思う。

格式張って産んだか、権威的な自負があるんだかわからないけど、その自意識の割に「なんとか高い評価を得るんだ」みたいなところで必死になりすぎてゴタゴタしてたし取っ付きにくくなってた紅白を、そんな大仰なもんではない「暮れにダラけながら、飯食ったり酒飲んでる食卓になんとなく流れてるTV番組」に仕立て直したのは、あの司会ぶりの功績だと思う。


と、まぁそんな大晦日でございました。

ん〜、昨年は自分の体調がアレだったり、そんな中で不思議なことにしばらく音信のなかった友人知人と再開することが多かったり、ちょっと懐かしい事の復活があったりした一年だった。

なんか以前にも書いたが、一つのサイクルが終わって螺旋階段を一回りしてちょっと違う場所から少し前の景色を見てるような。

相変わらず精力的に人生を送っている者も多いが、なぜか周囲に体調を壊している人の話が多かったかな。そっから奇跡的に回復したり、回復に向けて頑張ってるのもいる。あるいは残念ながらこの世を去ったりした者もいる訳ですが、そう思うと、自分を含め周辺が軽くサバイバルの様相を呈して来たのかもね。

そんな皆さんからオレに向けていただいたメッセージというのは、皆さん同じ
「やれるうちにやりたいことをやっておくべき」
ということである。

それがサバイバルの秘訣なのかもね。

まぁ、だからという訳でもないのだけれど、今年は地味ながらに色々とやれる範囲で自分なりの新しいことをやってみようかなと思っております。

で、しょっぱなが、恒例のバースデーライブで50曲以上弾き語るというアホな企画ってことになるのだが、果たしてやりきれるのかどうかってところから、自分がどんな有様になるのか見てやろうと思う。

例年以上の長時間なので、途中まででも途中からでも、もちろん最初から最後まででも覗きに来ていただけると幸い。



2018年1/21(日)

『辻正仁 バースデーワンマンライブ』

場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)

OPEN/17:30〜
START/18:00〜
料金:¥2000(1ドリンク付)
出演:辻正仁
クォータータイムショウ:市沢光英 / 丸山昂太



と、まぁ今年もできればウッチャンの司会のように気負わず気取らず軽やかにボチボチやってきますんで、おつきあいのほどよろしくどーぞ。


 バースデーちらしスクリーンショット




スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |