FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

All Those Years Ago(by George Harrison)



そんなこんなで、年内最後のライブやら忘年会やらなやらかんやらで慌ただしい中、TVを持っていないので夜中にネカフェに行って、吉雄の最新作と97年作品の放映を見た。

新作は初めて観た訳だけど「あ〜、吉雄の画だな〜」ってやっぱ感じるものだな。
それと「あ〜年月が経過してるのだな〜」ってのが混在していて不思議だった。

自分の歌が使われた97年作品の「押入れの女」は内容云々は置いておくとして、映像の中に昔よく通った店がでてきて懐かしいなってのとかがあって、それと不思議なことに内容とか作品に関わることとは別に、当時の自分の生活のなかの「気分」というか「心の空気感」みたいなものが蘇ってきたな。
音楽ではたまにそうゆうことあるけど、映画作品では初めてのことでした。
まぁ、制作に多少絡んでたからなのかもしれないけど。

で、自分の歌は気持ち悪かった(笑)
なんか、こうあまり褒められた意味じゃなくて「若いなコイツ」ってのが滲み出ててちょっと本人としてはいただけないな〜。なんちゅうんだろう? 悪い意味で「汚れてないやつ、汚れるのを避けてるやつ」の声してるんだよな。そのクセそっちを気取ってるみたいな。

まぁそれはそれとして、あの曲記憶ではフルコーラス使われてたような気がしたんだけど、1番から3番まであったんだが、2番が割愛されていた。まぁ映像の尺に合わせりゃそういうことなんだが、アレンジなんかも含め、全編通して自分の歌が一番記憶と違ってるってのはどういうアレなんだろう?

また脳みその不思議がひとつ。

ところで、本日久しぶりにZAZIという店のミートスパゲッティが食いたくなり、「年末だから」という強引な理由づけで自分に食うことを許したんだが、気取っている訳ではないがそれなりの店内で、席に着くときにまったく無意識にデカイ声で「はぁ〜どっこらしょ」と言いながら座った自分に気が付いて驚いた(笑)。
もうおかしくておかしくて。

もちろん、注目していただけたし、店員さんはにこやかにというか笑いを噛み殺しながら水を持って来たんだが、やっぱりこうなってからの自分の歌の方がまだマシだなと思うんですよ(笑)



スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |