fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

右脳左脳が右往左往



何年も前に、アメリカで結構名の知れた脳科学者が脳卒中になった体験記みたいのが出ていて「いずれ読もう」と思っていたんだけどすっかり忘れてたのね。

多分7,8年前だと思うんだけど、それを夢で見まして。
なんか本屋で本を探してる時にソレを見つけて「あ、これ読もうと思って忘れてたな」って。で、起きてから「いや、これ本当に前に読もうと思ってたよな」とか考えまして。そうなると読んでみたいよね。

ただし、その脳科学者の名前も本のタイトルも分からないのでどうしたものかと思ってたんだよね。このご時世すぐ絶版になってたりもするだろうし。

そしたらさ、「TED」という非営利団体でやっている色んな分野のオーソリティの方々とかがスピーチする企画があって、そのスピーチの動画が観れるサイトがあるんだけど、それたまに観てるのね。

で、その夢を見た日に、そのサイトである女性が出てくる動画を観まして。
自分が脳卒中になった時の体験を話している脳科学者でした。

ジル・ボルト・テイラーという方でした。
名前をクリックしたら動画が観れると思う。

それで「あ、この本を読めってことだな」と思って、名前で検索したら著書名がすぐ見つかった「奇跡の脳」ってタイトル。そしてありがたいことに絶版にならずに文庫化されておった。

動画の内容をもっと詳しく書いてあるんだけどさ。
なんちゅうか、まず左脳の言語中枢とかがダメになって、一時左脳がほとんど機能していなかった方が、こうして本を書けるまで回復しており、なおかつ脳科学の現場に復帰しているというのが驚きだ。

そういうのも、なぜそうなれたかってのがちゃんと本に書いてあるんだけど。

次に驚くのが、さすがに脳科学者というかなんというか、自分の脳から出血し始めた事態になってから次第に事態が悪化していく様子(言語が認識できなくなり、やがて自己認識すらできなくなる。物事を論理立てて思考することさえできなくなる状況)を冷静に観察しているのですよ。

で、なんで読んどけって事になったのかってのはさ、多分、この方が左脳が機能停止しちゃって先述のように論理的思考や自己認識できない状態になって、外界を(まぁ自己と外界を分離して認識することができなくなるんですが)右脳側のみで認識しているあるいは感知する世界というのが、瞑想やなんかによって起きる現象と酷似してるっていうか、ほとんどそのものなんだよね。
だからどうしたって話は長くなるんで省略するけど、自分にとっては以前から考えてたことの結構な裏付けができたというか、そんな感じで幾分興奮しておる。

まぁ、興味があればご一読を。

そんな中、もう12月になる気満々の世間であるが、年内のライブはあと2本でございます。

恒例の500Lと、そして年内ラストは復活しつつある、かまゆいとご一緒のやつ。

ここんところ、ライブで常に新曲を披露してるんだが、実は今年は例年より豊作でございまして。
残り2本のライブでも何曲かずつまた別な新曲をやるかもね。

2017年12/9(土)
場所:円山夜想<マルヤマノクターン>(札幌市中央区南1条西24丁目ヴィンテージビル地下)

『東日本大震災チャリティライブ 500Lゴヒャクエル vol.23』


OPEN/19:00〜
START/19:30〜
料金:入場無料(振る舞い酒あり!)
出演:kenzzzi(前説) / 32MR / 會田隆也&三原広聡 / 辻正仁 




2017年12/26(火)
場所:円山夜想<マルヤマノクターン>(札幌市中央区南1条西24丁目ヴィンテージビル地下)


OPEN/19:30〜
START/20:00〜
料金:2000円(1ドリンク付き)
出演:なりまつえり / がじー / かまたゆいこ / 辻正仁 



ということでよろしくどーぞ。

そして年が明けると、バースデーライブが待っております。
50曲以上歌うという暴挙に出るので、こちらも何卒。

2018年1/21(日)
場所:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目)

OPEN/17:300〜
START/18:00〜
料金:¥2000(1ドリンク付)
出演:辻正仁
クォータータイムショウ:市沢光英 / 丸山昂太




スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |