海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

ここ数日のアレコレ

まずは、『円山海月〜MaruyamaKurage』の7月号、無事7月内にギリギリ更新できましたよ。
今月はお休みって事になって、自分のライブ動画でお茶を濁しているのだが…。
本当は、ちゃんと予定してたんだけど、ゲストと自分と店の都合がどうにも調整つかず、さらに代案でちょっと収録も試したりしたんだが、結果とても公開できる内容ではなく(笑)。いや一時的に流れるだけなら自分の事だけ考えればどうでもいいのだが、流石にその場にいた人たちのこと考えたり、しかもそれがずっとアーカイブとして残される事を考慮すると後悔しないほうがいいなと。
結構酔っ払って盛り上がっちゃってる人たち(主に女性)の、微笑ましい姿や発言(『醜態』とも言う)が網羅されてたもので。それも編集でどうこうできるレベルではなく(笑)。


次の話題

たまに面白い夢とか見るとここで紹介したりしてるけどさ。
今回は面白くない夢。というか不愉快…ってか気が滅入る夢を見た。

昔のお知り合いの方が登場しまして。今はまったく交流がないんだけど、かつてはそれなりに深いと言える繋がりが会った方。
その方がですね。オレに対してひどい事をするんですよ。
なんちゅうのかな? こちらの自尊心を故意に傷つけて(傷つけると言うよりも破壊すると行った方がいいかも)、嘲笑うという… もう目的がオレを愚弄して貶めることでしかないような行為をされまして。
あくまでも夢の中でね。

目覚めてからもダメージがひどかった。夢とわかっていても、それでもだ。その、行為を受けたダメージプラス「なんでこんな事をしなくちゃいけないの?」という気持ちが湧いたのが、愕然とするというか途方にくれるというか、とにかくやられた。
なんだろう? 今はどこで何をしているのかまったく知らないけど、まるでその人がどこからか憎悪を念を送ってきてるんじゃないかと思えるような。なんかの呪術でオレを攻撃してるんじゃなかろうかみたいな気分になって、それがまたコチラを滅入らせる。
実際に、その方にそんな事されたり言われたりする覚えはないからね。

でだ、さらに滅入るのは、これはあくまでも夢なんで自分の脳みそでそういうものを作り出して見ているんだろうねきっと。そうすっとさ、自分で自分の自尊心にダメージを与えてるってことになるワケで、オレはオレにそんな事されたり言われたりする覚えもないんだよな。

アレは一体どこからやってきた何なのだろう?


最後にもう一つ

先日ちょっと書いた、読もうと思っていた新刊のひとつ、伊坂孝太郎の新作を読んだ。
「グラスホッパー」「マリアビートル」に続く『殺し屋シリーズ』の新作だった訳だが、過去2作とは毛色が変わってまして(と言ってしまえば、1作目と2作目も毛色は違うのだが、より大幅にね)。
最初はなんか多少違和感を覚えつつ読み進んだのだが、それが後から効いて来まして。
後半のほうで、非常に間抜けな空気で笑える部分で、もちろんニヤニヤしながら読んでるんだが、同時に涙腺が緩むという… 「おかしみ」ってやつかな?
殺し屋の話なのに、ちょっと切なくて、でも心温まる爽やかな読後感を残すと言う、まぁ伊坂作品の好きな部分なんだけど、そういう一品でした。
お話としては前作の「サブマリン」の方が好みだったけど、コレはコレで良し。
んで、もう一冊別な本を読み始めたところなんだが、まだ最初の部分だけど、コレはちょっと期待はずれ感が満載。
この前紹介した再読した小説と似たような感触だな。
核となる部分は嫌いじゃないけど、ストーリーテリングがイマイチかも。
とりあえず読み進めてみる。


スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |