海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

その努力をバカにはしないが遠慮したい。



なんかよくわからんが、「合コンの必勝法」みたいのがあるらしい。女性側の。
今流行りなのかどうかもわからないのだが、そういう話題があってちょっと聞き耳をたててたんだけど。

要するに、「合コンの席でこういう態度や仕草をすると男性のハートをつかめますよ」みたいなもんだと思うんだが、そういうハウツーみたいのがあって、そしてそれを実践しているような女性は、同性から顰蹙を買うらしい。

まぁ、一度も「合コン」というものを経験したことがないので、実際の現場でどのようなことが行われているのかは知らん。酒を飲まないからというのもあるんだけど、若い頃には「合コン」という呼び方もなかったしね。なんか適当に友達同士で別な友人に声かけて親睦会みたいな飲み会はあったような気もするが、別に男性と女性の人数を調整したりもしないし、居酒屋とかでたまたま居合わせた別の団体と合流したりとかさ、結構自然発生的な「出会い」みたいなもんはあったと思うんだが、なんか「合コン」って恣意的なイメージがあってお誘いがあっても遠慮していた。
苦手な感じがするんだな。事前に準備して「さぁ、交流しましょう」みたいな構えたアレが。もうそれだけで面倒臭い。

別に、そんな事企画してまで知らない人と意図的に知り合う必要があるのかと…。個人的にはその意味がよくわからんのですたい。

しかしだ、自分の好みは置いておいて、中にはそういう会で異性とお近づきになりたいとかいうのを考える人がいてもいいかなとは思う。
で、冒頭の「合コンの必勝法」に戻ると、そういう異性と知り合ってお近づきになって、いい人がいれば交際してとか、いい人がいたら貢がせてとか考えているんなら、その「必勝法」というのは、まぁ身に付けようとする人はいるんだろうな。ってか、それは自分の目的にむかって努力してるんだからいーんじゃないかと思うのだ。
そういうのが目的の会なんだから、そうやって目的を果たそうと頑張っているアスリートに対して、なぜ同性が文句をつけなければならないのかがよくわからない。参加する以上は自分も頑張ればいいんではないかと思う。

なんかその必勝法みたいのをちらっと聞いたが、たしかにそういう女性が近くにいたら、男性として悪い気はしないなと思うのです。少なくとも、男の側だって合コンに参加するってのはそれなりの目的なんだか欲望なんだかがあるんだろうから、楽しく気分良く過ごせる相手に好感を持つのは当たり前ではないかと。

ただねぇ、それを素でやってるのか、意図的になんらかの目的があってやっている事なのかってのはバレると思うよ。
やっぱり気遣いができて仕草も可愛らしいとかは多分自分も好感を持つとは思うんだが、結構その辺は見えちゃう方なんで。なんか、若い頃に経験した飲み会の席とかでも「無理しなきゃいいのにな〜」ってか「この人、なんか腹の底はこうじゃないな」って感じの女性はいたんだよね。男もそれぞれなんで、そういうのも好きな人もいるだろうが、ちょっとこっちとしては苦手だ。

で、「合コン」ってのはなんかそういう「狙ってる人同士の集まり」みたいな印象があって興味を惹かれないんです。ただ、そういうところに参加する人であれば、それなりに作戦立てたり必勝法を身につけたりするのは素晴らしいのではないかと。オレは遠慮するけど。

それで、ちょっと不思議に思ったんだけどさ。
最近って歌とかは「自分らしく生きよう」とか「君は君のままでいいんだよ」みたいな歌が人気あるじゃん? で、多分合コンの必勝法とか考えてる人とかもそういう歌好きなんじゃないかと思うけど、そこはなんか人種が違うのかな?
「自分らしく生きよう」みたいな歌に励まされて生きてる人が「必勝法」とかって世間で普及しているハウツー、いわば他の人が選定した価値基準に従って合コンとかに参加するのであれば、なんかそこには矛盾があるような気がしないでもない。

まぁ、世間の価値基準に染まっていく習性がその人らしさなのかもしらんけど…

とか、飲みの席だと、ダラっとそういう話をしてたい。




スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |