海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

お早めにお越し下さいませ


昨日は、榊いずみさんのライブに顔だして来た。
「榊いずみ」と言って覚えがなければ、「橘いずみ」でどうだ?
結婚されて姓が変わっていらっしゃるのです。

もろもろのご用事の後で会場に行ったので、残念ながら対バンのHide-cのステージには間に合わず。
ちょうど転換の時間帯に到着。

んと、毎年企画ライブ「円山純情俱楽部」でご一緒しているBeadroadsのVo.G、佐藤亙氏がサポートしてるのね。で、連絡がありましてお邪魔しました。
榊いずみさん、約18年ぶりに北海道に来たとのことでしたが、実はその前回に来た時に、インストアライブのPAを担当させていただいてたりもして。
その時も結構ブランクあっての来札だったハズなんだが、結構沢山熱心なファンが来てるな〜って思ったと記憶している。

で、今回もやはり「待ち続けたファン」というのが沢山いらっしゃいまして。こんだけ長く間を空けていてもファンが離れてないってのがまず感心する。そして、そうした支持を得ながら続けている方というのは何か違うなと感じさせるものがあるんだよね。

前に来た時よりもさらに自由度が増しているようにも感じられたし。

往年の人気曲も新曲も非常にフラットに、並列に扱って演奏している感が心地よい。なんちゅうのかな、昔大々的にヒットしていた頃の曲に対して変な意識を持っていないんだろうね。
昔の人気曲に依存してるわけでもなく、かと言って「昔の自分じゃなく、最近の曲を認めさせるんだ」みたいな気負いもなく、全部分け隔てなく自分の曲として扱っているんじゃないかと思う。

そういう自然体な感じが良かった。

終わってからちょっとご挨拶したり、亙くんと諸々話をしたり。
今年はちょっとスケジュールの問題で一緒にステージはできなさそうだけどさ。また来年はぜひってことで。
榊さんとも次回はご一緒しましょうってな約束をさせていただいたんだが、次はいつになるのかな?
一緒にやるやらないへ別として、あんだけ待っている方がいるんだから、もっと頻繁に来れたらいいのにって思うな。





スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |