fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

帰り道を忘れてもどうせ同じ空の下(『風来坊恋歌』by 自分 )



本日はちょっと野暮用で師匠のところに行ってきたんだけど、天気も良かったしちょっとした気まぐれで帰りにフラフラと歩いて帰ってきまして。
意外と時間かからなかった。2時間弱かな?
あえてどこ歩いてるんだかわからないルートで歩いてみたのだけれど、ちょうど日が傾きかけてる時間帯で、ふと子供の頃の事を思い出しまして。

10歳になるかならないかの頃だけどさ、引っ越す前の友達の家に泊まりがけで遊びに行った帰りに、地下鉄からバスに乗り換えて帰るハズだったんだが、財布をどこかで落としたらしいのを地下鉄から降りて気がついた。

もう、どうしようもないワケですよ。
家に電話することもできないし、どっか交番とかに行って助けてもらおうかとか、バスの運転手さんに事情を説明しようかとか色々考えたと思うんだけど、最終的に決断したのは「歩いて帰る」であった。
まぁ、多分気の小さい子供だったので、交番だろうとなんだろうと知らない大人の人のところに行くのがちょっと緊張を強いられるというか、行けなかったんだろうな。
それよりはどうなるか分からないなりにとりあえず、いつもバスから眺めてた景色の記憶を頼りに歩く方を選んだんだろうね。ちょっとあまりにも昔すぎて記憶が曖昧だけど。

その時もちょうど日が傾きかけてる時間帯だったんで、今日歩きながら思い出してたのさ。
あの時は、地下鉄降りたら家の方角が「とにかく日が沈んでいく方向だ」というのを頼りにしてたのだけは覚えている。なんちゅうか、動物的だな(笑)

今考えると、日常的に歩いてる程度の距離なんだけどね。
子供の頃はどのくらい時間かかってたんだろう?

ものすごく心細かったと思うのだが、どう考えてもそれで忘れ物がないか慎重になった気もしないし、万が一のためにお金を分散して持っているとか、何かあったらどうしようみたいなことに不安を持つ性格にもならなかったようだ。

おそらく、自分の「成功体験」として刻まれたんだなと思ったのね、今日。

財布を失くすという失敗よりも、その後に当時の感覚では途方も無い距離を明確なルートも分からないままに歩いてちゃんと家にたどり着いた事の方が自分にとってインパクトが大きかったんだと思う。

まぁ、子供にとっては孤独な大冒険だったわけですよ。

結果、慎重な性格になることもなく、未だによく分からない道を歩き回るのが趣味と化し、結構な事態に陥っても何の根拠もなく「どうにかなるだろう」と呑気に構える性格になったんじゃなかろうか?

多分、その時は心細かったと思うんだが、終わってみたら「面白かった」って記憶にすり替わったんだと思う。
小学校の高学年になってから初めて「自分のために買ってもらった自転車」を手に入れると、毎週日曜の朝になると自転車であてもなく早朝の道を徘徊するのが習慣になる。
20代から30代の後半になると仕事の連休時に気が向いた列車に乗り込み、気が向いた駅で降り、どこだか分からない場所を転々として、時には野宿して帰ってくるというのを年に一回のお楽しみイベントにしていた。

今はだいたい散歩で納めてるけど。

これを人生に置き換えてみるとだ。

ある意味、誰でも「正しい道順」などは分からないままに行き着く場所までの道のりを進んでいるわけですね。

ある程度安全かつ快適に、自分が「どのバスにのるか?」さえ押さえておけば、そして運賃さえ手元にあればバスに乗り込んでしまえば目的近くの停留所まで運んでくれるわけですね。
ここで気をつけるのは、どのバスに乗るのかと運賃を失くさないように気をつけることだ。常に運賃に気をつける。バスのダイヤに気を配る。バスに乗り遅れないように行動する。

ところがだ、一度バスに乗れなくても歩いて帰れたもんだから、おおよその方向さえ掴んでおけば運賃がなくても停留所が分からなかったり発車時刻がどうであろうと、なんとかなるだろうと。最終的に行くべき場所にいけるだろうとどっかで考えてるような気がしてきた。

そんでまた、散歩が癖になってるとさ、交通機関に時間を合わせて行動するとか、並んで待ってるとかが歩く事よりも面倒に感じるんだな。
よっぽど遠く無い限り、歩き回る方が気楽である。
途中で好きな場所で方向転換できるし、道中で色々と発見したり思いもよらぬ事を考えついたりできて、一言で言うと「面白い」のだ。
そりゃ、途中で雨に降られたりとか歩き疲れたりとか異常に腹が減ったりする事もあるんだが、そういうのも含めて終わってみれば面白かった事になっている。

「正しい道のり」が分からないまま進むのなら、どっちを選ぶか?
ってことになると、バスに乗るより歩いた方が楽しいような気がしてるんだろうなというのが、今日歩いていて思った事。

おそらくあのこどもの頃に、交番に駆け込んだりしていたら、きっとバスに乗ることに気を使う人間になってたんだろうなって。






スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |