海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

オレは生き延びる事ができるか? (わかる人にはわかる「ガンダム」への捩りです)



まだ少年時代にね
『機動戦士ガンダム』を放映開始時から観始めた世代でございまして。

所謂、勧善懲悪とか荒唐無稽なヒーローがマンガチックに活躍する「お子様向け」はさすがに面白みを見出せなくなってた年頃に、ちょうどフィットするような内容だったのね。

ロボット(作中では「モビルスーツ」と呼ばれる)が「スーパーメカ」とかじゃなくて「戦闘兵器」ですから。
「試作品」だとか「量産型」とかいうのもセリフの端々に出て来る。
そして、よくわからない「悪の組織」や「宇宙人」と戦うんじゃなくて、敵対する人間同士の戦争物でした。

「地球連邦政府」みたいなのがあって、人類が人口増加やらなんやらで「スペースコロニー」を幾つも作って宇宙で暮らしている方々もいるという設定で、んで、そのコロニー側の一部が地球に大して「独立戦争」を始めたって話。
で、そこに政府の「傲慢さとか腐敗」やら独立側の本当は崇高な理念があったのに「独裁政治に利用された」やらの諸々があって、そこに個人の復讐劇やら愛憎やらなんやらがあって、自分の所属している組織の欺瞞への憤りがあったりで、今考えてもドラマとして秀逸な気がする。
セリフとかも良かったしね。絵的にはそれまで見てた漫画映画と大差なかったけど、内容はよく出来た映画みたいだった。
登場人物多いんだけど、みんなしっかり人物像作り込まれてたし、これまでみたいに勇敢で血気盛んで逞しい主人公ってんじゃなくて、主役が戦闘に疲弊してたりとかさ。2作目なんかは主役が最後は精神破綻してたし。

で、オレはテレビでは第1作しかみてないけどさ、その後「機動戦士Zガンダム」とかなんとか色々出て来るのよ。皆さんも耳にしたことはあると思うけど。
それがね、本当に続編なのね1作目からの。
1作目で一応終結した戦争があって、その敗戦側の残りがゲリラ的に暗躍するとか、復興を目論むとか、勝った側が思想的な違いで分裂してたりとか。
そんな中で1作目からの登場人物が昇進してたり立場変えてたりしながら出てて、主人公だったのが脇役みたいな感じで出て来てたりとかでず〜っと話が続いてる。

その辺は大体、小説で読んだんだけどさ。

読んだけど忘れちゃってたんで、ちょっときっかけがあって、もう一回その「ガンダム」的な年代記を辿ってみようと思いまして色々調べてたらさ…。

なんか派生する漫画やら小説やらアニメやらが自分が認知しているよりもはるかに発表されていて、第1作目よりも前とかさ、一作目と2作目の間の時期の話とか、同じ時期の戦争での違う場所での違う部隊での話とか。
その中でも小説とアニメと漫画があって、同じ人物でも小説はこうだがアニメは違うとか…。

ようするに「ガンダムの世界」に関して、いろんな人が色んなことを書いてるみたいでさ。
ウィキペディアとかで「ガンダム」で検索しても、その長い年代記の並べた紛争ごとの項目やら、登場人物それぞれの歩み(一作目で戦争に巻き込まれた主役の仲間が、続編ではジャーナリストになってるとか、結婚してるのがいたり、一作目の登場人物の息子が続編で戦闘に参加してるとか)を記した項目とかやたらとあってね。
最初は面白く調べてたんだけど、途中で疲れちゃったよ。

で、コレ結構救いのない話なんだよな。「結局いつまでも戦争やってるじゃん」みたいな。

架空の未来の話ではあるけど、そこんとこは現実の世界史みたいだな。
リアルに物語を作ろうと思ったら、いつまで物語を紡いでも平和にならないのかね?

で、疲れちゃったからちょっと久しぶりに吉田拓郎の「情熱」というアルバムを聴きまして。
多分、拓郎のアルバムでは一番聴き込んだんじゃないかな? 一番熱を入れてた頃に発表されたやつだし。
1曲目の「Woo Baby」ってのが好きでね。ロックしてていいアルバムだった。

で、ガンダムじゃないけど、拓郎もさ、熱心に聴かなくなってからの方が作品数多いんじゃないかな既に。
そういうアーティストも結構いるな〜と思いまして。

正直、今の彼の作品ってなんかピンと来ないのね。自分にとっては。音楽的というか作品的に良い悪いってのは関係なしに、昔はなんか自分の気分にフィットしてたんだけど、いつからかちょっとひっかからなくなっちゃった。

さだまさしもそうだし、山下達郎もそうだな〜

ってか、なんで少年時代ってのは無節操に何にでも夢中になれたのかね?
音楽でも映画でも小説でも、結構収集してたしな〜
ほとんど処分したもんね。どんどん身の回りというか「気持ちの周り」をスッキリさせたくなって。

変なアレだけど、今はもう自分への関心で手一杯だよ(笑)














スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |