海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

単純に怖い



「何が正しいのか?」と問われれば、自分自身も正解など持っていないのだけれど、個人的には報復だの制裁だのっていうのはナシにした方がいいし、「防衛のため」とか「平和のため」とかいうアレで攻撃するのもナシにした方が良いと思っている。

正義なんだか大義なんだか知らないが、有史以来そんなことを繰り返して世界に平和が訪れた事は一度もないのだから、やり方は変えた方がいいじゃん。というふうに思っている。何を根拠に相手を懲らしめれば平和になると言っているのかがわからない。
そして大概の場合、本当の目的は正義とか平和とかいうお題目とは違うところでやってるんだろうと思っている。

ならばどうしたらいいのか?

というところになると正直ちょっとわからないのだけれど、「ならばどうしたらいいだろう?」という事は考え続けるべきだとも思う。

なんかのマンガでのセリフで「国家が戦争を行えば、死ぬのは個人だ」みたいなのがあったんだけど、まったくその通りだと思う。「国家」じゃなくてもなにがしかの「集団」でもいいけどさ。そしてその結果、個人が死んだり悲しんだり、敵に対する憎悪を持つわけで…。

え〜と、まとまってない考えをダラダラ書く事はできるのだが、何が言いたいのかわからなくなると思うので割愛。

「人類はみな兄弟」ってのは誰が言った言葉か知らないけど、遺伝子研究によると現在の人類は全て大昔アフリカに生きていた一人の女性(「イブ」と名付けられている。なかなかシャレが効いてると思う。)の遺伝子を受け継いでいるというのが有力な説なんだそうだ。だからまぁ「兄弟」とまではいかないかもしれないけど「人類はみな親戚」なんだろうね。

親族の争いというのは醜いもんだ。

なんかさ、もう「どこだかがどこだかに攻撃された」とか「あそこの国が向こうの都市を爆撃した」とか言うのやめてさ、表現の仕方として例えば「〇〇が〇〇に住んでる人類に殺傷行為を行なった」とか「人類同士がいがみ合ってる」とかって伝えるようにすればいいんじゃないかって思うのさ。
なんか受け止める印象が変わるんじゃないかなって。

国益がどうとか国を守るにはとか「どっかから攻めてこられても綺麗事言ってられるのか」とか色々あるんだろうけどさ、どれもそれぞれの立場からすりゃ正論なんだろうけど、オレはそんな事より単純にミサイル飛んできて爆発したり、化学兵器で死んじゃったりするのが怖いんだよ。
だから「そういう危ないことは皆さんそろってやめて欲しい」と思うんですよ。

結局何が言いたいのかわからないな。
もうちょっと考えとく。












スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |