海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

嬉しい驚き



チャック・ベリーのニューアルバムが発表される事になったのは先日お伝えしましたが…

発売は6月なんだけど、それに先駆けて所謂「リードトラック」というものが発表された。一昔前の「先行シングル」みたいなやつね。

早速聴いてみたんだが、びっくらこきました。

紛れもなくチャック・ベリー

カッチョイイ〜〜〜〜

じっとして聴いてられん。身体が揺れる。

もう、今すぐにでもストーンズがカバーするんじゃないかってな。
やっぱりロックンロールってのはオールディーズでもなんでもないよ。全然現代に有効なパワーがあるってのが証明されたよ。最近のスタジオ環境であればあの3コードのフォーマットがまったく古臭くない。
コレね、多分やってる方に「この懐かしのスタイル」みたいなノスタルジーとかないからなんだと思うんだよね。

コレを例えば20代そこそこの若いバンドが「ちょっと50年代の古いスタイルをやってみようか」とか「あの風味で」なんてことでやっても、こんなフレッシュなものにはならんのだろうなと思う。

90歳だろうと往年のスタイルだろうと「今をやる!」って事でやればこういうモンになるんだな。
っていうね、この人また指標を建てたんだよねきっと。返す返すも生きていて欲しかった。改めてそこだけ残念だ。

いや、前にも書いたけどさ
中身まったく期待してなかったのよ。もう新作をこの人がこの歳で出す事に意義があると思ってたから。
で、数年前のライブ映像とか観ても、もうグッダグダで本人はもう何やってんだか分からないようなアレだったから。
ステージ上でキーボードの人に、自分の曲の出だしの音とか聞いてるんだもん。
でもって、歌もなんかステージ袖から出てきたお付きの女性見たいのがほぼ代わりに歌っちゃってるんだもん。

とてもこんなご機嫌な音を出してくれるとは思ってなかった。

スタジオのマジックかもしらんが、でも先に述べた通り「今をやる」ってのがもうイキイキしてるんだもん。そこはちゃんと聴き取りましたよ。

アルバム全部、早く聴きたいな。


Chuck.jpg




スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |