fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

Recallの新作に「音以外」で参加しました(笑)


最近の日記はなんだかオッサンの小言見たいのが多くなってきてるな〜とか思っておるんだが、本日はちょっとそういうのではない話。

谷藤師匠のバンド「Recall」の新作『R-2』が本日発売ってことで。次回作は『D−2』ってタイトルらしい(笑)。
それはさておき、
このアルバム、現在Recallのメンバーになっているギタリスト沖田真里と師匠の二人でレコーディングしたアコースティックアルバムです。
ちょっとこの作品に絡ませていただいた。
中にね、対談が入ってるんですよ。
一つは、Recallの初期から知っているフライアーパークのマスター、ムネちゃんと音楽処の石川さん。
もう一つは、ギタリスト沖田真里を古くから知ってる、オレと現在は東京を中心に活動中のシッガーソングライター、佐木誘秀氏の対談。
なので、まぁ対談に参加して喋っとるワケなんだが、この二つの対談を編集して原稿に起こさせてもらった。

9月から10月にかけて、頼まれごとがいくつかあると言っていたが、その一つがコレ。
詳しく書いてもピンとこない人にはわからんだろうから省略するが、対談を文字に起こして原稿にするというのは、それなりに面倒な作業である。面倒だけど嫌いな作業ではないのでやらせていただいた。
感想は、「面倒だったな…」である。

まぁ、こういうのは面白いし、実は自分もHPとかでこういう企画やれないかな〜と思ってたんだが、「やってくれる人」がなかなかいないのね(笑)。

自分に関することをさ、自分で編集したりしてもちょっとソレはなんか違うものになってしまうんで、第三者が編集しないと客観的なジャーナルにはならないんだよね。判断狂うところもあるし。
だからアレだよね、Recallの対談に関しては「やってくれる人がいていいな〜」とも思う(笑)

でもまぁ、今回に関してはレイアウト的な構成をみゃんちゃんがやってくれて、文字の大きさとか紙面とかで文字数割り出したりとか、そういうのが必要なんだけど、その辺を非常にサクっとやってくれたのが助かった。
事前にそういうのが決めれたので、対談の時間とかも設定できたし、効率良く進んだと思う。
なかなか、この手の構成の話とかしてすぐ理解してくれる人いないんだよね。

最初にメールした時に、一回会って、紙とか用意してレイアウトとかの説明しなきゃならんかなと思ってたのが、そのメールの打ち合わせだけで済んだもの。これは喜ばしい。

ま、内容に関しては買って確認してください。

肝心の音の方は、とても良いなと思っとります。こちらも買って聴いてくださいまし。



スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |