fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

尋ね本

mohi.jpg
           ↑
『号外モヒマニア』である。


cafe aminaで出会った(正確にはカラオケスナックが初対面)、”モヒ”と呼ばれる常連がおっての。
カラオケで歌うのが昭和歌謡ばかりでの。んで聴いてみたでば、そりゃまぁわりかし味のある歌いっぷりだもんだでピーンときて「モヒ・プロジェクト」てばやつばはじめてみたんだわ。
ま、みんな時間もねぇだで「ゆっくしやるべぇ」ちゅうてな、昭和歌謡だの歌謡フォークだのっちゅうアレのを新作でワシがかいての、モヒに歌わそうっちゅうナニでな。まだ2曲しかねぇけんど、結構おもしれんだコレが。

               あぁ、この文体がめんどくさくなった。

それで、このモヒちゃんは文才もあり、面白い文章を書く。ブログもリンクしてるので、読んでみて下さいまし。
彼女はまた、アミナの常連最古参であり、店に来るとカウンターでせっせと紙を折り、そこにイラストやら文章を非常に細かい字で書き、製本して置いていく。
それが写真のようにアミナカウンター中央に置かれた『号外モヒマニア』である。
書いているときに店内で起こっていることやら、来店しているほかの常連や店主夫妻のことなどを彼女独特のユーモラスな表現で綴っており、新作が出ると、コレ読みたさに来店する客もいる。
タバコのロングサイズの箱より若干大きめの小冊子だ。彼女のブログ同様、ここでも僕は恰好のエジキになっており、その絶妙な落とし具合には腹が立つよりもつい「オイシイ」と思ってしまう。

それでだ

その『号外モヒマニア』の「35号」が紛失したのです。
この号は表紙が彼女の描いた、とあるネコキャラクターと僕を掛け合わせた「Hallow Masahittey」のイラストで、内容は全編ライブに望む前の僕の様子が克明に記されているというものだ。

あの、コレってモヒちゃんが毎回手書きおよび手づくりで時間をかけて制作している一点ものの小冊子で、お店でコレ読むのを楽しみにしている方も沢山いらっしゃいますのです。
もし、持ち帰り自由のフリーペーパーだと思って、もって帰っちゃった人とかいましたら、ぜひアミナまでご一報願います。特に罪に問うなどということはございません。ただ、持ち帰った方がいらっしゃれば、お返しいただきたいなと。
よろしくお願いします。


ところで今朝、歩いていて、眠たげに咲く一輪の花を見かけた。

スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |