fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

『つじぶし』とは何か?

いやいやいやいや昨夜の『ふたりのピッグショー』無事終了しました。

3時間くらいやっていたそうな。
ご来場の皆様、最後までおつきあいありがとうございました。
CDもお買い上げいただいたりと、ありがたい限り。

楽しかった。

毎年Tomomiちゃんとはツーマンやらせていただいていて、まぁ気がつけば毎年やってるって感じだったんだけど、それを昨年からあえて「じゃあ、もう夏の恒例にしちゃおうか?」って事で昨年からタイトルつけてみましてね。今年は、Tomomiちゃんのサポートについたノリさんをゲストって事で、彼女自身のステージもやっていただいた。歌うまいわ。曲も実は僕のツボだったりもする。

今回、Tomomiちゃんがいつものサポートメンバーではなく、ノリさんのピアノとコーラスをバックにして歌ってくれたのは、僕のリクエストによるものでした。

Tomomiちゃんが今のサポートメンバーと一緒にライブするようになる前、小さな会場でのライブは大抵ノリさんのピアノサポートで歌ってたのね。
その当時は僕は一緒にライブもしたし、結構彼女のステージのPAをやったりもしてた記憶がある。
ノリさんはTomomiちゃんのアルバムのサウンドプロデュースもしてたりして、曲も提供してたりするし、僕がTomomiちゃんに書いた『流せない涙』もノリさんのアレンジによるものだ。

で、今年の『ふたりのピッグショー』の話が出る少し前に、久々にノリさんと二人でのステージを観る機会がありまして。
多分、この日記にも書いたと思うけど、以前と同じ形態で歌ったTomomiちゃん聴くとさ、その成長というか成熟っぷりが如実に分かって、ちょっと感激したんだよね。
それが経験によるものか年齢によるものかはわからんが(どっちもあると思うけど)、以前はノリさんのピアノに太刀打ちできてなかった部分もあったと思うんだけど、表現力とか歌の安定具合がぐっと増して、貫禄までついておる。

その時には3曲くらいしかやらなかったんでね、今回ぜひこのスタイルでまたじっくり聴かせてもらいたいと思いまして、ノリさんは自身のライブも翌日(つまり今日)に控えていたり、CDも発売して間もないという忙しい時期だったんだけど、こちらのワガママなオファーに快諾いただき楽しませていただきました。更に、本人にも歌っていただくというね。

で、今回も昨年同様、オープニングも各ステージの合間も、僕とTomomiちゃんでトークして進行。ノリさんのステージ終了後は3人で楽屋トークの続きみたいな話をステージで(笑)。

そして、この「ピッグショー」は毎年出る順番を交代して行こうって話になっていて、今年は僕が後半で。そしてその後Tomomiちゃんと二人で。


〜セットリスト〜

カゲロウ
楽な気分で
三日月のかんざし
ソファー
素敵な君の歌
夕立
さすらう

恋の始まり(with Tomomi)
恋の絵日記(with Tomomi)


そんでタイトルにした「つじぶし」

これ要するに「辻節」ね。
昨日、ノリさんが僕の歌に対して、このように表現してくれた。

正直、自分ではよくわからない。よくわからないが、昔からちょくちょく言っていただく事がある。
まぁ、僕の独特のものがあるってことらしい。歌い方とか曲とか。
面白いのは、全然繋がりの無い方々から言われるんだけど、皆さん同じような意味でも「つじワールド」とかって表現はしないのね。
「つじぶし」と言われる。

多分、「節」って表現を選択するものがあるんだろうなと思う。表現の仕方も好みにあってるし、これは言われて光栄な事だと思っている。
「自分にしかないもの」というのを感じてもらえてるのだなと。

例えば僕はヴァン・モリソンという人が凄く好きで、敬愛している訳だけど、ああいうオッサンになりたいと思うのだけど、それは「ヴァン・モリソンのサウンドみたいな音楽をやる」という事ではないのね。
というか、あの人がソウル、ケルト、ジャズ、カントリーと色んな音楽をやっていても、もう一瞬聴いただけで「ヴァン・モリソンの音楽」っていう伝わり方をしているっていうのがあって、僕はそこを目指したいわけです。
だから「つじぶし」なんて言われると、ちょっと恐れ多い気もするけど、やっぱり嬉しくてありがたいよね。

そんなこんなもあって、今度、ノリさんとも一緒に何かやってみましょうかなんて話もしたりなんかして。


さて、来週の日曜には今度は寺田英夫、そして東京からビードローズが来て、こちらも一年ぶり同じ顔合わせでのライブです。昨日とはまったく違う選曲でお届けの予定。

んで、こちらは3人でのゆるいトークの風景

ピッグショー 2014-08-31


















スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |