fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

悲しい歌に愛がしらけてしまわぬように(「I Love You」by 尾崎豊)

昨日は谷藤師匠とのライブ企画(というよりは歌アリのトークイベント)「サウンド・イン・ドS」でございました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございます。

ずっと二人でステージに出ずっぱりでね、80年代の邦楽をテーマに色んなお話をして、まつわる曲をかけて聴いてみたりとか、それぞれで歌ってみたりという。多分2時間以上やってたと思うが、そん中でらいぶで歌った曲が2人合わせてアンコール含めて7曲だからね(笑)。

ま、いい感じに楽しくトークできたと思う。

一応、昨日披露した曲をご紹介。

〜セットリスト〜()内はオリジナル

すみれSeptemberLove(一風堂)
I Love You(尾崎豊)
以上、辻

ロンリー・チャップリン(鈴木聖美 with Rats & Star)
長い夜(松山千春)
以上、谷藤

大都会(クリスタルキング)
チャンピオン(アリス)
リンダリンダ(ザ・ブルーハーツ)
以上、谷藤・辻


と、まぁ中には70年代の曲もあるのだがご愛嬌。
最後にオッサン二人でアコギかき鳴らしてリンダリンダを絶叫(笑)。なんだか分からないが、異常な爽快感があった。

えと、僕が歌った「すみれSeptemberLove」は僕自身なんの思い入れも関心もなかった曲なんだが、師匠のリクエストで(笑)。おそらくそういう曲を歌わせてみたかったんだろう。
そんで、今回の僕の個人的な肝は「I Love You」である。当時僕は妬ましい気持ちも手伝って、尾崎豊という人はあまり好きではなかった。ただやっぱり某かの強い魅力を持った人であるのは否めないし、それだけに余計、当時メジャーに憧れていた僕としては、同い年であるこの人に対して悔しさがあって、好きになれなかったんだろうな。

でも、ある時誰かに連れて行かれたスナックでママさんかなんかにせがまれてカラオケでこの曲歌ったらさ、歌にもの凄い力があるのね。仕方なく歌ったのになんだか歌の感情に自分が飲み込まれそうになりながら歌ってた。ちょっと怖いくらいのモノがあったのさ。

それで、こういう機会だし一度ちゃんと歌ってみようと思って選曲したのね。
で、今回時間がなかったのもあって、他の曲は歌詞とかみながらやったけど、この曲だけはしっかりと自分の身体に入れて来た。
中途半端な事すると歌に負けるので。


実は今回…
師匠からライブが始まる前に、前日にお弟子さんの一人が仕事中の事故で亡くなられたと連絡があったと聞かされた。
僕は直接の面識は無い方なんでね。あまり分かったような同情やお悔やみの言葉を広げるのも柄ではないし、話を聞いてただ受け止めてみた。
僕にも似たような事がなかった訳ではないし、そういう時の親しくしていた人の気持ちも分からないわけはないけど、それだけにね。僕が何かを言うアレではないのだ。

そういう時でもおちゃらけたライブをやって来ていただいた方達に楽しんでいただく。もちろんこちらも楽しい時間を過ごす。
同じ音楽人に対する供養として、そういう在り方も良いのではないかと思う。

まだ若かったのにね。好きな音楽をもっともっと楽しみたかっただろうにね。存じない方ではあるが、それはとても残念である。そこだけは僕も…ね。

ライブの時も言ったかもしれないけど、好きではなかった筈の尾崎豊ではあるが、この「I Love You」を40代50代になった彼がどんなふうに歌うのか聴きたかったなって気持ちはある。不躾ながらそんな気持ちに、師匠から聞かされたお弟子さんに向けて浮かんだ思いを滑り込ませて歌ってみた。

そんなこんなもありながら、この企画、思いの他歓迎されたようなのでまたいずれやろうかという話になっております。
帰ってからアレコレと思い出したりしたな。

楽しむのは生きている者の務めだ。







スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |