fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

実はワタクシ、フライアーパークのタイトルホルダーなんですよ

はい、昨日はフライアーパークの開店16周年記念月間ライブでございました。

16年間毎年出させていただき、連続出演記録と最多出演記録を更新いたしました。
ありがとう、ムネちゃん

ま、歩いてフライアーに出向きまして、歩きながら色々と思い出したりしながら。

開店当時はまだ、いわゆる「音楽活動」してる人って殆どいなくて、まぁ札幌でこういう小さな店規模で弾語りとかでオリジナルやってる人も、どこかにひっそり生きてる感じもあったし。

なので、店に自由に使えるギターと歌本が数冊あって、飲みに来た勤め帰りの人が酔いにまかせて歌本広げて、懐かしのフォークソングを歌ったりというのが殆どで。
僕も遊びに行ってはそんな感じで歌ったりしてた。

でも、段々と発表の場を持ちたい方が増えてきたんだね。
そして、今や札幌にはフライアーみたいなタイプの店が沢山できている。
活動人口が増えたのもあるだろうけど、店が増えたのは、フライアーのムネちゃんとか、LOGの長津さんみたいな方が、大して盛り上がってもいなかったインディーズの弾語り、アコースティック系の方が発表できる場所を維持し、提供してくれてたからこそだと思う。
活動の場があれば、それを目指す者が育ち、目指す者が増えて、店が成り立つ事が分かれば、そんな店も増える。

僕自身も、元々はバンドやりたい人間で、でも諸々あって弾語りもやるようになったんだけどね。
弾語りを続けて、どーにか形になって聴いていただける人がいるっていう今も、やはりフライアーに育てて頂けたからこそと思っている。

なので、僕はフライアーの開店記念というと、「おめでとう」よりも「ありがとう」の気持ちの方が強いな。

〜セットリスト〜

夕暮れ流浪
HappyBirthday!
I'm In Love(吉田拓郎 カバー)
まるで詩のように
自画自賛
さすらう
月明かりの歌

途中の拓郎さんの曲は、開店当時のフライアーで歌本見ながら歌ってたように思う。
そんなの思い出しながらフライアーに着いて、サウンドチェックの時にうろ覚えで歌ってたら、ムネちゃんが「この曲好きでした」なんて言うので、本番でやってみた。
ま、ご祝儀代わりと感謝の意を込めて。

それも含め、なんとなく「フライアーパークとオレの16年」な気分での選曲と歌唱でお届けたつもり。

これからもよろしくどーぞ

スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |