fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

「私たちにできること」ではないです「オレがやりたい事」なんです



そんでもって

すでに「海月屋info」では発表になっちょるが、来月はライブが2本あります。

毎回出させていただいているマルノクのチャリティーライブ「500L」が9日。前回の「500L」でご一緒した玉田Kouさんとはフライアーパークで29日にまたご一緒させていただく。

ここ何回かバンド的な参加者で異常に盛り上がっていた「500L」だが、今回は弾き語り系の出演者がメインとなるようだね。どちらにも普通に顔出せてる自分が嬉しい(笑)。

今回「500L」に初登場となるUn:Chovi(アンチョビ)というアコースティックユニットは、僕の幼馴染みにして最初にビートルズを紹介した男、Indy横山がやっている。学生時代は一緒にバンドもやってたんだよなそーいえば。

あとは、数年ぶりに辻亮二さんともご一緒させていただく。念のため、血縁関係は一切ない。

それに店長の本間さんが「(44)」という名前で(というか、年齢だろうソレ)登場するという、オジサン勢に20代のお嬢さんが出演するという嬉し恥ずかしな催しとなる模様。

スタートが早めで17時からで、会場時間も一緒らしいので間違えずに来てくださいまし。

コレは昨年9月の「500L」のライブから。
「500L」が緩やかに提携している福島県相馬市・南相馬市を支援する「My Life Is My Message」の中心人物、山口洋さんが書いた名曲を僭越ながら。

      ⬇







そうそう、ライブの翌日3/10は円山夜想の開店記念日である。

本間さんは「日にちが日にちだけに盛大に祝うって感じになれない」みたいな事を言っていたんだが、僕はこの日はお祝いと感謝の気持ちを持って楽しくやろうと思っている。

3/11近辺に開店した店や、誕生日の人や、結婚した人など、お祝い事がある人は大勢居ると思うのだ。それは被災された片達の中にも居る事でしょう。
そういうのをさ、普通に気持ちよくお祝いできるようにするためにチャリティだとかなんだとかもやってるハズだよね?
少なくとも僕はそうなんです。

なので、チャリティーの場に祝い事があってもいいじゃん。

僕がやりたいのは「楽しさを分け合う」という事です。
例えば、音楽を演奏したり聴いたりする喜びで生まれた収益を被災した方々にも音楽を楽しめる事に使っていただくとかね。

ただの言葉のアヤだと言う事は分かってるし、そう言っている人たちを批判する訳でもないけど、個人的にこういうチャリティなんかによく使われる「私たちにできること」という言い方があまりしっくり来ない。
多分、僕の中で「自己犠牲の精神」みたいなものとリンクしちゃってる言葉なんだろうな。

申し訳ないけど、自分を犠牲にするような余裕もないし性分でもないのです。
「オレのやりたい事だからやる」の方がシックリくる。

そんな感じで、よろしければ一緒に楽しみましょう。






スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |