fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

傷つく前に理解しよう

はてさて

例のドラマの件などもありましたが、最近、表現者または表現物に関する話題で色々と考えさせられる。


村上春樹氏の小説に抗議があったらしいね。
言葉は悪いが、報道を見る限りでは僕は「抗議」というより「インネンを付けてる」という印象を持ったけれど、どうでしょう?

ご存じない方の為にかいつまんで言うと、春樹氏の短編小説中に、中頓別町出身の女性が運転中に火のついたタバコを窓から捨てるのを見て、主人公が「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなんだろう」と思ったという場面があり、それに対して中頓別町の町議の何人かが「そんなことはやっていない、町民は傷ついてる。過ちは見過ごせない」というような抗議を行ったというもの。

これ、おかしくない?

例えばノンフィクションで「中頓別町では町民は皆、タバコを運転中に窓から捨てている」と書いたのならそれは事実とは違うので抗議されるされない以前の問題である。

ま、小説中で「中頓別ではそれが普通のことではあるが、それを知らない彼は驚いた。」みたいな書き方で、あたかも事実と思わせるように書かれているのなら、まぁ影響力のある作家だし抗議されても仕方ないかなと思う。

でもさ、作中の人物がある人の行動を見て「彼女の土地ではみんなそうなんだろうな」と思ったというだけの事である。
人の行動を見て、ある個人が出身地の慣例なんだろうと思うというのは、事実を紹介しているワケでもなんでもない。

素行の悪い少年を見て「最近の若い者はみんなしょうがない奴らだ」という発言をする人が現実にもいたりするのは、みなさんもご存知かと思うが、いかがだろう?

春樹氏が小説で創作した主人公が、そういう思考回路を持っているという設定になって表現されてるだけの事でしょ?

小説の中の登場人物が皆、誰も不快にさせたり傷つけたりしないような事しか思わないとか、事実を正確に認識している人たちばっかり出て来るような物語で何かを物語れるのか? 人物設定も何もあったもんじゃない。

さっきの「最近の若者は…」みたいなのと同じだけど、例えば小説で女性に翻弄されたり憤りを感じるような経験をしている主人公が「女ってのはみんなやっかいだ」と思った場面があったら、人権擁護団体が抗議するような世の中になってきたのかい?

これさ、抗議した人たちが単純に文章理解力とか物語を読み取る力が足りないだけの話だと思うよ。

しかも、抗議の内容によると「町民は傷ついている」そうだ。
本当にみんな傷ついてるなら「たぶん中頓別町ではみんなが普通に文章理解力がないんだろう」とか思っちゃうよ(笑)。

なんでもかんでも傷つきなさんな。

これに対する春樹氏の対応はオトナだな〜と思いました。


なんか、もしかしたら世界的作家が中頓別町を取り上げるなんて言う滅多にない事が起きて、舞い上がっちゃって過剰に反応してるのかも知れないけどね。

一番怖いのはさ、こういう報道見て、もの凄く単純に
「村上春樹がどこかの自治体を名指しで事実と違う事を書いて貶めている」みたいな認識をいとも簡単に持ってしまって、「けしからん」みたいな風潮になって行く事。

先日書いたドラマの件もそうだけど。

もうちょっと自分で考えようよ。

なんか、誰かが声高に「傷ついた!」と言えばロクな判断もしないままに一斉に叩きのめしが始まるみたいな事が少し前から多くなっているような気がするんだけど?

オレ個人の考えとしては、春樹氏は小説の中でさえ中頓別町を貶めてる訳ではないけど、抗議したって人たちは現実の中で「表現」というものを貶めているなと思うんですよ。
こんな事やってたらまともな創作物なんて出てこなくなるよ。

ついでに言えば、これで中頓別町の「程度」が低いと思われる可能性もあると思う。それはそれで残念でしょう?

ちなみに、僕は中頓別町は行った事ないけど、数名の知人の感想からいつか行ってみたいなと思っている場所でもありますので、お邪魔する機会があったら優しくしてね。
スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |