fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

踊りました。間違ったリズムで



まだ、僕がインターネットを使い始めて間もない頃だったが、とあるSNSで人探しをしているという情報を色んな人に拡散して、その人の目撃情報を集めたいという趣旨の書き込みを見つけて、事件性も考えられるって話だったし、自分も書き込んで、それ読んだ人がさらに書き込んで…って連鎖して拡散していくとなにか情報持ってる人が見つかるかもな〜って考えてさ。
まぁ、そんなんで何かの役に立てるんならと思って、同じ内容のってか、情報は正確にと思ったんで、但し書きつけた上でその記事そのままコピーして公開したんだわ。

気持ちとしては悪い事じゃないんだろうけど、でも浅はかだったね。

それ、消息不明な人の友人だかが、心配している家族を手伝ってて情報収集の方法で思いついたらしいんだけどね。

連絡先とかもバッチリ掲載されてて

僕と同じように拡散に協力した人は全国に沢山いまして。
それ見てあくまでも「善意」からその家族に励ましの連絡入れたり、あるいは悪戯で虚偽の情報を連絡する人もいたりで、結局必要な情報の収集の妨げになったというか、収集がつかなくなっていったらしいのね。

更には、情報って拡散しだすと勢いつけて増殖するからさ。
例えば、本人が見つかって解決したとしても、そんな事とは関係なしに、誰かが拡散して放置された記事に目を留めてまた「善意」で自分も拡散を開始したりする人がいると、その善意がもの凄い迷惑をかけることになる。

ま、オレはその後どうなってたか後追いしている途中で、そういう話も見つけたんで、割と早いうちに自分の記事は削除してオレから拡散した人にも削除してもらうように頼んだんだけどさ。

あれは後味悪かった。

それ以来、それ系の拡散協力はしない事にしたんだけどね。
ま、やるんだったらその後の経緯もしっかり確認して、しかるべき時には再度、解決したって内容を拡散したり元記事を削除したりしなければならないし、自分だけがそうしたところで、自分から派生して増殖した物がどう広がって行くか分からんからね。公開してるんで、誰とも繋がってない人が見かけて拡散したりもするでしょ?
それに、記事見て何か悪さを始めたりするのもいるし。

と、まぁそんな事がありまして、以来何かの情報を見ても、迂闊には垂れ流さないようにはしようと思ってるし、何かの話題を見かけたら、一応できる限りだけど情報の出所とか、対峙するような内容の情報はないかなど確認するようにはしている。

しているんだけど、今回は怠ったね。

ちょっと似たような話を以前から色々見聞きしてた時の憤り見たいのが積み重なってて、その記事見つけて瞬時にカチンと来たのね。
えと、簡単に言うと
「尾崎豊の『15の夜』が音楽の教材に取り上げられるんだが、教育委員会で歌詞にある『盗んだバイクで走り出す』という部分が反社会的表現で、教育上よろしくないから、その部分を差し替えて教材に掲載する運びとなった」みたいな内容。
どっかのニュースサイトでの紹介記事だったんだけど。

特に尾崎豊が心酔してた事はないし、どっちかというと僕の好みではないのだが、それでもコレはおかしいだろうと言うのがちょっと感情的に盛り上がっちゃって、「どーかしてるぞ」というのをフェイスブックに長々と書いたんだけどさ。

そのサイト、虚構の記事を掲載しているサイトだったという…
もうね、完全にしなければならない確認をすっ飛ばしていた。先に記事が目についちゃったんだな。え、あっさり鵜呑みにした。

普段から「情報は鵜呑みにしてはいかん」とかここでも書いてるし、そう意識してるんだけどね。さっきも書いたけど、ソースとか確認たいして。

それでもやるときはやらかすね。

幸い、気がついた人が教えてくれて、すぐ「間違えました」ってコメント入れたけどさ。
ま、あまりにもマヌケだったんでしばらくそのまま残しといて恥を晒しとこうと思ったんだけどね。
さっき見たら、そっからまた拡散され始めていて、最初は「嘘の記事だった」ってコメントに入れてるから大丈夫だろうとおもったけど、大体自分が記事の出てるサイトの確認してなかったんだからさ。そのコメントも確認しないで、目についてところだけでまた増殖していくと面倒な事になるし、恥ずかしいし(笑)。

ちょっとゾッとしたんで削除しました。

なんか、放送メディアに「都知事選終わるまで原発の話題はだすな」ってお達しがあるとか、話題になってるテレビドラマにクレームついたって話とか、ちょっと前だけど「はだしのゲン」読ませないようにするとか色々あってね。あともっと前だけどオレが見て感動して中高生に見てもらいたいと思った映画がR15指定かかったとかさ。
そういうのが色々あって「おかしいじゃねぇか」って気分がずーっとあったのね。
それがよりによって虚偽の記事でぷつっと切れたというマヌケさ(笑)

えと、話題に出したついでに、そのドラマとかなんとかに関しての見解はまた日を改めて述べようかと思う。







スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |