FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

点と線と 円または縁

忙殺されとります。

いや、忙ではあるが殺はないな。
毎日腹が減るし、笑っておる。

でもまぁ、うまい具合に今月ライブを入れてなかったのが正解だった気がする。
よくできた世の中だ。

でも一回だけ人様の前で歌わせていただきます。
山の中で。

んと、ほら、3.11があってそっから色んな事が問題になったり、改めて気づく事ってあるじゃん?
自分らの生活を見つめ直すというか、暮らしに欠かせないエネルギーの供給っていったい何がどうなってるんだとか…

そういう事をですね、あんまり堅苦しくならずに音楽でも楽しみながら、講演聞いたりトークセッションしたりして考えて行きましょうよみたいな企画がございまして。昨年から継続してやっている企画。

スキー場のロッジでやるんだって。
子供の頃、スキーやって2回くらい転んで捻挫した場所に、骨折した足でギター抱えて乗り込む(笑)
ま、通常のライブよりも短い時間だけど。

この企画の中心にいる二人の人物。

一人はタック・ハーシーさん。FM番組のDJ、そしてミュージシャンでもある。以前タックさんに誘っていただいて番組制作に関わらせていただいた。
タックさんは現在では数少ない、ラジオでまともな音楽番組を楽しませてくれる、本物のDJだ。一緒に番組を作っていたのは本当に楽しかったし、参加できた事はちょっとした誇りでもある。
そして、僕の弾き語りのアルバムの録音もやってくれています。

もうひとりは最近ではIndy横山と名乗っている男。小学3年生の時から知っているが、いつからハーフになったんだろう?
彼が小学生の頃に学校にビートルズを持ち込んだのが事の始まりだった。おかげでオレは道を踏み外した。ありがとう。
学生時代には一緒にバンドもやっていた。

横山は僕がタックさんとラジオ作ってたりしたことは知らないし、タックさんは僕と横山が幼なじみだと言う事をしらないし、僕はタックさんと横山がどこでどう知り合ったのか知らない。

でも例えばね、横山が僕にビートルズを聴かせなければ、その遠い先でタックさんが僕を番組制作に誘うなんてことはなかったかもしれないんだよね。

それぞれがそれぞれの点を辿っているうちに線となって繋がり、その線はのつながりがやがて円になる。

そんな世の中であるといいな。

なんて事を思ってみた。

んと、それで企画の趣旨がね「なんとかに反対!」とかいうんじゃなくて「ちゃんと知っていきましょうよ」ってところにあるしね、その辺で賛同できたので、参加させていただく事になった。


10月はコレ一本ね。

で、11月に入ると寺田英雄とのツーマンライブがございます。
ヒデちゃんとも何となくご縁があってね。年に1、2回しか会わないけど。お互いの点が繋がった感じ。
そういえば知り合った頃は彼が師匠んとこと関係してるって知らなかったな。
そこらへんも線が円になっていくんだよね。

この調子で行くと、5年後くらいには僕の知らないところでヒデちゃんと横山がコンビ組んで漫才でもやってるかもしれないな。

色んな円が重なってそれがまた大きな円になったりくっついたり離れたりしながらクルクル回ってきれいな模様を描くような光景を想像中。

世界は無数でそしてひとつだ。

なんてことを思ったりもした。








スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |