fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

The man who has no imagination has no wings.(by モハメド・アリ)



昨夜はマルノクでカレーライスの「超盛り」をいただく。

スタッフのありちゃんとは始めましてだったんだが、今年の初めから働いていたとのこと。タイミングと長期入院により会うタイミング外してたんだな。

「ありちゃん」というニックネームは彼女が大学の研究室で蟻の研究をしていた事に由来する。
僕はなぜだか石狩湾に世界有数の巨大な蟻のコロニーがあり、規模だけでなく蟻たちの生態も含めて世界中の研究者が着目しているという幾分マニアックな話を知っており、ようやくその事について興味を持って会話できる人を見つけたので、早速そんなところから蟻についての質問を。

そこにマスター本間さんも加わり、蟻を発端に昆虫の話となり、最終的にはゴキブリについて語り合うという、飲食店にあるまじき方向に展開(笑)。

ありちゃん自身は外来種の蟻の種別を遺伝子レベルで同定するというような研究にかかわってしたんだそうだが、現在は研究室を出て昼間は一般的な事務職に就いているんだそうだ。

「前は楽しかったけど、今は楽です」
とはそんな彼女の言葉。研究者時代と今現在の自分の環境についての感想なんだけどさ。「そうなんだよな」と思う。
「たのしい」とは往々にして「ラク」な事ではないところにあったりするもんだ。いい表現だな。と思う。

その後、あめちゃんなんかもやってきてゴキブリの話から話題はトム・クルーズへ…。つまりお酒の席で脈絡のない話題を転がすひと時でした。

皆さんが帰り、本間さんと二人だけになってからもしばらく話をしててさ。本間さんの新たな「野望」を聞かせてもらい、その無謀な企画がどうやったら叶うのか真剣に意見交換。

「楽しい」おっさん二人でね(笑)。

色々とアイディアを踏まえて本間さんは「またもうちょっと自分の中で妄想してみます」と言った。
「妄想」は「想像」と置き換えても良いかと思う。

想像ってのは原動力だよね。どんなに大それた事だろうが、常識とかけ離れていようがソレを想像できる限り実現できるチャンスはある。想像できなければ実行もできない。
実現に向かっていくのはラクではないが楽しいよね。


さて、本日は病院へ。
退院後初の診察。
入院中に診察待ちでやたらと混雑した待合室を散々見てたからさ。受付開始の8時30分よりも早く到着してようと。
ちなみに、病院のドアが開くのが7時30分なのね。それから院内で受付開始を待てる。
それを思い出したので、前夜は病院が開く時間に到着するつもりで目覚ましをセットした。7時30分に…。

完全に間違えた。到着時間に起きてどうすんだよ。と気づいたのは、目覚ましで起きてからノンビリシャワーを浴びて支度した後でした。
到着したのは受付開始後の8時35分。待ち人数既に40人以上…

経過は良好との事。ただし動くようになったとはいえ、まだまだ足首が硬いので改善の為の運動を少し無理するような状態で続けるようにとのこと。無理する事なら任せてくれ。

診察は10時過ぎには終了。次回はもっとはやく来よう。

それから、ず~っと行きたかった円山公園へ。ようやく暖かくなったからね。アスファルトよりも柔らかい芝生や土の上を歩いたほうが足の負担を少なくして運動できるなと思ったし。

イメージとしては平日の静かで広々とした公園のお気に入りの場所でのどかに空を眺めたり本を読んだりだったんだけどさ。忘れてたよ。

花なんか咲いてないのに花見客満載。お年寄りはいいとして、この平日に学生らしき若者はおろかどう見ても会社員の集団とかいたな…。
しかも神宮までの道は屋台が並ぶ。煩い。この状況にカラスがやたらと張り切っておる。

お気に入りの場所も人が多くて、焼肉の煙とか漂ってるしさ。
そういえばGWからお祭りのある6月まで、僕としては一番のどかに楽しみたい時期にこんな状態になるんだったなと思い出す。仕方ないので、ちょっと日向ぼっこしておいとま。

帰りに屋台が立ち並ぶ道をヨタヨタ歩いていて、とある屋台の横につながれた二匹の犬が目に留まる。おそらく屋台の主の飼い犬だろう。こちらが気づいた途端に二匹そろって体を伸ばしてアピールするのでご挨拶のために近づいてしゃがみこむ。


しゃがみこむ?

しゃがめたよスッと…。

ま、多少ステッキの力は借りたけどさ。部屋でやる時は痛いし筋が延びないし恐る恐るだったんだけどね。
こんなところでリハビリしてくれるとは(笑)。















スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |