fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

本日の『KurageYa本舗』は準アシのTomomiちゃんが登場。
先日の初のフルバンドでのライブやら、師匠に付き合ってのヨゴレキャラ初挑戦のことが主な話題。で、僕の方も昨日書いた、21日ライブのカバーの話をしたりして、そういう狙いがあったワケじゃないけど、なんとなく新たな挑戦みたいな話題が多かったかもね。

そんで、終了後にライブの打ち合わせも兼ねて、樹さん、和さんも連れ立ってお茶した。
ここで、誰も何も言ってないのに、コーヒーがニガテなTomomiちゃんが、コーヒーフロート(だと思う)をオーダーしてた。あまりにも普通にオーダーしてたので、何も気づかなかったけど。
帰りに、アイスだけ食べてコーヒーまるごと残しているので気がついたのだ。よく分からんが、コーヒーにも挑戦する気になって、いきなりダイレクトにコーヒーは無理だろうから、アイス付きなら大丈夫かもと思い、頼んでみたけどやっぱりダメで、アイスだけ食ったと…。

pafetomo.jpg
           ↑
何も言わずフツーに食べてたんで、彼女の
トライアル精神には気づかず写真を撮ってた。


まぁ、アーティストたる者、やはりチャレンジ精神は大切であろう。やったことなくても興味があったり、そうした機会に恵まれれば、”とりあえずやってみる”というのは大事だと思う。
失敗したって、さほどのリスクはないワケだし、実際に体験することはうまくいこうがいくまいが、かならずフィードバックした収穫がもたらされる。
自分の頭だけでアレコレ理屈を並べてみても、自分で自分の間口を狭めるだけだ。

他の事はよくわからんが、とりあえず音楽やっている人間は、好奇心を持ったアホの方が、出てくる表現に説得力や面白味があるような気がする。

いや、Tomomiちゃんがアホだと言ってるのではないよ(笑)。
でも、彼女のコーヒーフロートにおける間抜けなエピソードは、とても大切な事を象徴しているように思えたんです。
 
スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |