fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

贅沢な暮らしがしたい

昔からその傾向はあったのだが、最近特にモノが増えるのが面倒でしょうがない。
もともとあまりモノを欲しがらないほうだとは思う。ミクロマンのオモチャやなんかで遊びたかった子供時代にはそれなりに欲しいモノがあったが、それ以降となるとレコードと本がメインとなり、あとは音楽を聴いたり録音したりする機械が欲しかったくらいで、特に切望したものというのはそんなになかったように思う。
最近では、正直CDも本も手に入れたいとはあまり思わなくなってきた。ようするに聴いたり読んだりできればいいわけで、物体としてのソレを手元に置いておかなくてもいいのだ。まぁ、気が向いた時に即座に聴いたり読んだりするためには手元に置く必要があるんだけど。

随分前から、なにかプレゼントをいただける機会があった時に「何が欲しい?」と聞かれて答えに困るようになってた。何も思い浮かばないのだ。
仮に欲しいものがあるとすれば、実際に自分で選んで気に入ったものがいいし、例えば現在欲しいモノとなると、ギブソンのギターだとか、自由に使える録音スタジオだとか、宝くじの一等当選券とか、おいそれと頂くワケにはいかないし、自分でも手にいれにくいモノしかない。
細々したものは本当に持っているだけで面倒なのだ。モノが増えれば増えるほど自分の身動きがとれなくなるような気になる。

最低限の衣服と、ギターとそれに付随する諸々、それにパソコンと携帯電話。そして、その日の寝床があればいい。そう考えると、一応は今のところそろっているし、生活に支障はない。個人的にはね。でもそれだと、世の中と関わっていくために色々と不都合が生じたりもするんで、もう少しモノを持つことになるけど。
あとは、お金があればいいかな? 気兼ねなく生活していける分のお金。まぁ、レコーディングしたい時に、あれこれ心配しないでスタジオに入れる環境にはなりたい。そのくらいを常に持っていたら、安心だ。望ましいのは、何でも手に入れることができる状態で、何も持たない生活を送ることかな?

できるだけ所有物というものがない状態で暮したいということです。
モノが増えるたびに、持ってることでの便利さも不便さも増え続けると思う。それが面倒だし、そんなことをやってたら決して豊かにはなれないだろうと思うのだ。
モノを持たずに楽しく平安に暮せるとしたら、それこそ究極の贅沢ではないかと思う。
スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |