fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

モンゴロイドは電気節約で夢を見れるか?



ちょっと前の話だけど、映画『バットマン』の三部作のやつを立て続けに観た。
クリストファー・ノーラン監督のやつね。

もともとバットマンはヒットしてた時には観るつもりはなかったんだけど、彼が監督した『インセプション』という作品が好きでね。
ストーリーもさる事ながら、空気が好きだったんで、たまたまタダで観賞できる機会があったので、観てみようと。

シリアスなクセに荒唐無稽。どの作品も背後にずーっと重低音が流れていて緊張感がある。
なんとなくくたびれたムードが漂っているのも『インセプション』に通じていて好きだ。

単純な話で見応えがあるのがいーね。

聞いた話だと三作目は二作目ほど評価されなかったらしいけど、まぁほとんどバットマンじゃなくても良い話になってるからかね?

僕は好きだったけどね。一作目からスケールが変わってないし。

人気のシリーズって回を重ねるごとに仕掛けが大がかりになって中身が薄くなるじゃん?

そういう感じしなくてよかったな。

で、彼のこのトーンで『ブレードランナー』をリメイクしたら結構好きかもしれないなと思ったんですよ。

映画のリメイクってよりは、ディックの原作小説を再映画化ってほうがいいな。

なんかあのくたびれ感がディックの小説に通じる気がするんだよね。

ディック作品は沢山映画化されてるけど、ほとんどが期待ハズレってか、主人公とかハツラツとしちゃってダメなんだ。
原作の主人公っつ大抵ヨレヨレのオッサンなのに、それをハリウッドスターでやっちゃうから。

だからまぁ、クリストファー・ノーランのあのテイストで『ブレードランナー』じゃなくても、ディックの作品を映画化してくれたら嬉しいなと。

個人的には『流れよ我が涙と警官は言った』なんかをやっていただきたいなと。




スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |