fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

寒い日の思い出のあの言葉



こうも寒い日が続くとね、ふと思い出す言葉がある。

『...トテモサムイデス...』

もうはるかなる昔の話だけど、札幌でスティングのライブがあったんだよね。
確か11月くらい。

11月の札幌にもかかわらず、会場は屋外競技上(笑)

チケットがぜんぜん売れてなかったらしく、タダ券をいただきまして。

スタンド席はもうガラガラ。
おまけに雪がちらつき、とにかく寒い。そして外タレの常としてやたらと開演時間が遅れた。
とにかく寒い。

そんでライブが始まって、数曲を演奏した後にご挨拶。

『...トテモサムイデス...』


それがこの日スティングが発した唯一の日本語だった。
その後はもう、とにかく演奏。

たぶん早く帰りたかったんだろう。
せっかくのスティングだったが、こっちも温まりたかったんで特に不満はなかった。

申し訳ないのだけど、この日の演奏の内容で記憶しているものはない。あまり感動や興奮らしきものも覚えなかった気がする。

あ、今書いてて思い出した。
アンコールでやった「見つめていたい」がポリス時代のテイクよりもソウルフルなアレンジになっていて「こっちの方が好きだな」と思ったんだった。

しかし、とにかくこの日は
『...トテモサムイデス...』
である。

寒いなぁと思うと脳裏にこの言葉がよみがえる。
冬の厳しい寒さにさらされると片言でのこの言葉が浮かんで、その後「あ、スティングのライブ見たなそーいえば」と思うのです。

スティングには何の罪もないんだけどね。




スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |