fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

共に歌おう...(「素敵な君の歌」by自分)

昨日は先日しゃぶしゃぶを御馳走になった某社社長と、その娘さんに向けて、とあるプレゼンであった。コーディネートしくれたのは、cafe aminaのマスター、せいちゃん。 ということで、プレゼンは閉店後のアミナで行われ、その後、みんなであやさんの裏メニュー(?)『おうちカレー』を御馳走になった。
一体何のプレゼンかというのは、公表しても良いつもりでいたのだけど、どうも社長の方が今後の自分の「サプライズ」として仕込みたいらしいので、その発表が終ってからにする。
結果的にプレゼンは成功であった。ちなみに、ここでは便宜上「社長」としているが、このプレゼンは会社の運営に関わるものでもないし、僕自身、この「社長」を社長としてお付き合いさせてもらっているわけではなく、人生の先輩として敬意を表しつつ、音楽仲間としての方面でお世話になっていたりする。

んで、今回のプレゼンを提案してくれたのはせいちゃん。ちょっと僕自身が考えてもいなかった角度から、僕が社長(のプライベート)に貢献できることを見出し、提案してくれて手はずを整えてくれた。
おかげさまで、僕は何のストレスを抱えることもなく、ただ自分にできることを自分のやり方を変えずに伸び伸びとやらせてもらい、その結果、社長にもとても喜んでもらえるプレゼンとなったわけで、みんなで幸福な成果を分け合うことができた。
自分にできることをやって誰かに喜んでもらい、その誰かができる形でコチラに喜びが還ってくる。『ギフト』の交換。こういうのが恒常的にやっていけたらいいなと思う。 というか、そんな毎日になっていきそうなこの頃である。もうすぐ畑を耕したら、来年からは収穫を受け取っていけそうな気配がしている。
実は、昨日のプレゼン後の食事中、別なところからも、同じような連絡が届いたりした。

ついでながら、ありがたいことに、最近僕の事をブログなどで話題にしてくれる音楽人が何人かいて(寝姿などの画像も含め)、嬉しく思っている。
「支えてもらってます」とか「この人との出会いは大きい」とか書いてくれて、特にそれが若い女性だったりすると、オッサンとしては嬉しくないワケがなく(笑)、つい、こういうところでひけらかしたくなるところが、自分でも中年だなぁと思うが、実はソレはお互い様で、たまたま僕の方が年齢的に上だから先輩として立ててもらっているけれど、僕もアナタ達の音楽に対する姿勢や気持ちから色んなものを頂いてます。これはとあるギタリストも言っていたことなのだが、惰性でキャリアを重ねている一部の先輩格よりも、若い人達の方が、僕らが学ぶべきことを沢山持っていたりするのです。
そんなワケで今後もよろしくお願いします。






スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |