fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

We make a better day just you and me(by 「We are the world」)

ちょっと更新していない間に、よそのブログで寝姿などを公開されていた(笑)。
さて、昨日はcafe aminaにて、谷藤師匠率いる『Voice Works軍団(勝手に命名)』のライブに行って来た。行って来たので、PAでのお手伝いもしてきたが、この日は前々から言っていたように、谷藤氏との「今年の集大成」をやりに行ったのだ。

で、その集大成とはなにかと言うと『We are the world』である。それを軍団のみなさんに、僕とアミナの店主・せいちゃんが加わって一緒に歌うと...。例えば、Tomomiちゃんがダイアナ・ロスだったり一貴くんがマイケル・ジャクソンのパートを歌ったりと、みんなで歌うパートを振り分けて歌うのだが、僕に割り当てられたのは、ウィリー・ネルソン、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、ヒューイ・ルイス、ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラムの6名のパートである。
これをタニーから言われた時に僕は、「真面目にかつ、モノマネして盛り上げろ」という事だろうと理解した。Tomomiちゃんとのライブに始まり、この一年僕の特性が生きる形で色々と面白い経験をする機会を与えてくれた谷藤氏とのコラボ。おかげでこれまで気づいてなかった自分自身を発見させてもらえたりもしたのだが、その締めくくりとして彼が用意していたのは、みんなで歌う歌で「オイシイところを持って行ってみせろ」というか「モノマネでオレを喜ばせろ」ということである。集大成というより、今年の「オチ」だ(笑)。 なんと素敵なシャレ者だろう。江戸時代なら谷藤氏は「かぶき者」とか言われてたんじゃないかと思う。
しかも、こちらから何も言っていないのに、僕に割り当てたパートが実に的確である(笑)。与えられた6人のうち、特に最初に書いた3人に関してはかなりマネできるぞ(笑)。他についても、似せれなくとも歌いまわしや発声などに関しては、けっこう特徴はつかめてたと思う。
要するに、楽曲中、歌唱力ではなく「アクの強さ」で印象的なパートが僕なのである。この人、本当に人の特性を見抜くな。
だからこそコレは、シャレの中での真剣勝負、「オチ」としての「集大成」なのである。
で、ソレをしくじった(笑)。
普段本番で段取りをトチらない僕がだ、最初のコーラス部分で音をはずし、後半歌う場所を間違え、最後のジェームス・イングラムの歌い上げを歌い損なった。それはそれで「散々やってコレかよ!」という部分で僕は自分で面白かったんだが、悔しい。こういうのはやりこなしてこそ爆笑なのだ。
そんなワケで、谷藤氏には「来年、もう一回やらせてくれ!」とお願いしておいた。珍しく「来年の目標」というやつができたのだ。


と、本日のラジオではそんな話を中心におとどけ。
スタジオに行くと、なんとブロッケンちゃんがクリスマス用のおめかしをしていた。リスナーさんがスタジオにやってきて、色々施して行ってくれたそうで。

このブロッケンちゃん、シャレで「ゆくゆくは番組の枠を超えて局のマスコットにしたい」と言っていたのだが、どうやら最近、本当に他の番組にも登場している御様子。
brokken1.jpg
         ↑
おめかししてもらって美人になった。



brokken2.jpg
         ↑
さらに帽子をとるとファンキーになってた。



スポンサーサイト




未分類 |
| HOME |