fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

本日は何本か更新します〜ラストの④ なんの情報もない。自分のための備忘録。一番日記らしい〜

ということで、本日ラストの更新。


これはもう、自分で「こんなことがあったね」ってのを後で思い出すためのものです。

なんかその内コレに絡んだことがありそうで、答え合わせ用。

久しぶりに奇妙な夢を見た。

「奇妙」と言っても、夢の内容そのものを文字に起こせば別段変わったところもない夢なんだけど、その夢の中で自分が感じている空気感がちょっと複雑な味わいのあるものだったのね。
内容は書かないけど。そこまで書かなくてもコレ読めば思い出すから省略。

まぁ、夢の中ではその複雑な味わいを享受してたわけだが、目が覚めてから思い返してみると「あ、コレってあの時にあった事がちょっと細かな点でアレンジされてるだけじゃん」って気がついたんだけどね。

わりと大事な思い出。なので、余計に気持ちに引っ掛かりが生まれた。

その「ちょっと加わったアレンジ」ってのの一番大きな点は、実際に経験した時にその場にいた人と同じ役割を、夢の中では別な知り合いが担当してるのよ。
で、夢の中でも「なんでこの人がこんなことを?」って戸惑いとかもあったんだけど、目覚めてからもそれがそのまま「なんであの人がこの人に変わっちゃってるの?」ってのがものすごく???? な感じでして。

いや、夢なんて結構そういうことは起きるんだけど、だからこそ今回だけこんだけ自分が気になってること自体が気になるっていうね。
その夢に出てきた人も実際には自分と夢で起こったような事を共有するとは想像すらしてないのでものすごく意外だったし。

なんかあるんだよこの夢の中に。
それを何かあった時に「あぁ、これか」って確かめるためにこうやって記録しているのです。

あ、夢自体はさっきも書いたように奇抜なこととかでもないし(なんせ実際にあったことが元ネタなんで)、どちらかというと気持ちが暖かくなるというか、喜ばしいくて優しい空気の出来事なんだけどね。

もうちょっとしたら、寝るから続きが観れると面白いんだけどな。

そんな感じで、今日はおしまい

おやすみなさい。


スポンサーサイト



未分類 |

本日は何本か更新します〜③ 明日のライブのお知らせと、その後のスケジュール〜

はい、本日3本目のブログ。

明日はフライアーパークでライブでございます。

ワンマンやったり、マンスリー企画やったり、急遽でイベント出たり、カバーライブに呼ばれたりしてたけど、純正のお店のブッキングによるライブは今年はこれが初めて。
そして、本年度としては最後のブッキングライブ。いままで音楽活動で「年度」って気にしたことないけど、こじつけです。

普通に持ち時間を企画色なしに、ここ最近のオリジナルのみで、やります。
なんか、今年になってからのライブの経緯からすると逆にこの当たり前の感じがすごく新鮮。

そういった意味でも、色々やってみるってのはいいもんだ。

3月31日(水)
場所:フライアーパーク
(札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's CITY BILD)
OPEN 20:00
START 20:30
¥2000 1ドリンク付
出演:岸孝志/高橋麻衣子/辻正仁

21_03_31.png

ご予約はフライアーパーク、出演者まで。または【contact】をご利用ください。


そんで、お次はこちら

4月8日(木)
​【どこノクα #2】
 円山夜想(生配信) 
   START 20:00
  URL:https://youtube.com/channel/UCgSJig-1-xCglT5CavSUv0A にて視聴できます。
出演:Siesha / 田中K助  
GuestPlayer : 高橋麻衣子 ナガイケンタロウ 高井麻奈由 辻正仁 

IMG_1570.jpg

Sieshaちゃんが田中K助をサポートにして円山夜想で配信しているライブシリーズでのゲーム対決から派生した企画で、音楽人が歌も演奏もなしにゲームで対決するのを配信するという企画に呼ばれました。
メンツが...(笑)


なんか、先日更新した【円山海月〜Maruyamakurage〜 2021年3月26日】 でゲストの高井麻奈由ちゃんと「円山夜想の配信機能を使って麻雀を配信したい」ってな事を話してたばっかりの時にオファーいただきまして。参加者見たら麻奈由ちゃんもいて吹いた。



んでその後は、さっき更新した分でも紹介した

2021年4月25日(日)
【辻正仁マンスリー企画・月刊ぼんのう 4月号】
場所:FOLKIE
(札幌市中央区南6条西3丁目 ニューオリンピアビル 8F)
OPEN 18:30
START 19:00
料金 2000円(1ドリンク付)
出演:辻正仁 / レギュラーオープニングアクト:Eri

と、その後にこの企画の五月号が5/30ってのが今決まってるアレです。

あとはね、5月にもう一本。まだ発表はお預けですが、5/28あたりの感じで…。これはこれでなかなかどうして。

はい、このあともう一本記事更新しま〜す。



未分類 |

本日は何本か更新します〜② 『500Lラジオ』の話と『円山海月〜MaruyamaKurage〜』のお知らせ〜

本日2本目の記事。

昨日公開された、円山夜想店長の本間健二氏がMCを務めるwebラジオ”500Lラジオ「地獄の底から こんばんは。」”のゲストとしてワタクシ出演しております。

2012年から年に4回開催している東日本大震災チャリティライブ『500L』が昨年からコロナの影響などもあり開催をお休みしている代わりに、本間さんがこれまでの出演者を招いて、「500L」にまつわるあれこれをトークする番組。
FaceBookの『500Lページ』もしくは配信アプリの「stand.fm」(アプリ登録後「円山夜想」で検索→「500Lラジオ地獄の底からこんばんは。」をフォロー)で聴いていただけます。

んまぁ、自分にとっても軽く「ライフワーク」的なライブであるし、これまでの開催のほぼ全てに出演してるし、実は開催前に本間さんがアレコレ構想を練っていた時から色々と話をしてきたイベントである。
このイベントの繋がりから、本間さんと二人で福島に行ってライブイベントにも参加してきたりもした。

そんなアレコレを話しております。

こちらはチャリティー的なあれなんでね。お気持ちある方は、3月中はコチラ→https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/01fj5v11gsqsx.html

4/1からはコチラ→https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/024a4bi231k11.html

で募金を承っておりますので、何卒!


そして、実はこの番組の収録を終えて、そのまま今度はMCとゲストを交代してワタクシがMCの【円山海月〜MaruyamaKurage〜】の収録もやってきた。

いや、こっちは毎週金曜に更新して、毎月ゲストひと組とのトークを4週に分けてお届けしてるんだが、4月は金曜が5回あるんでね。一回分何か他のことやろうかと思ってた矢先に『500Lラジオ』の話をいただいたので、じゃあこちらは本間さんをゲストにしようって(笑)
もともと【円山海月】は本間さんと二人で動画番組としてスタートさせたし、なんせお店で収録してるから「ゲスト」っていうのも変なアレなんだけど。
んで、円山夜想は3.11の前日に開店しているので、今年で10周年だし、オレと本間さんが繋がってからも10年ってことで、こちらの番組ではその辺の話とかしてます。
4/2 22時からYouTube【円山海月チャンネル】で公開するつもり。

マルクラ2021年4月5日


よし、ここで一回区切って、また別件をこの後更新します。


未分類 |

本日は何本か更新します〜① マンスリー企画【月刊ぼんのう】の今月やった話と次回のご案内〜

なんか色々と準備したり告知したりで、微妙に慌ただしく、更新遅れましたが…。
という事で、本日は記事を何個かに分散して書く。



まずは、一昨日のマンスリー企画【月刊ぼんのう 3月号】無事終了。

ご来場の皆様、配信ご覧いただいた皆様、関係各位ありがとうございました。

今回は色々厳しかった。体力的に(笑)

ん〜オープニングアクトのEriちゃんは、今回も新曲がいい感じだった。彼女の曲は割とコード進行が奇抜な感じ(サポートかつアレンジしているおじさんの塩梅もあると思うが、そこはかとなくプログレの香りが漂う)が多いのだが、今回の曲はAメロが割と通常のポップスの定番的な感じになっており、耳に馴染みやすい。
こういうのが一曲入るだけでも全体の聞こえ方は変わってくるもので、取っ付きやすさが増すな。勉強になる。

ぼんのう3_1


毎月新曲を1曲持ってくるというノルマも結構厳しくなっているようだが、こっからが面白くなるんです(オレにとっては)。この「絞りださねばならん」という状況になってから追い込んでいくと、自分でも意図しないようなメロやら言葉やらがひらめいたりとか、見るもの聞くものなんでも「使えないか?」って意識が働き始めて駄作を量産しながら、拾い物を見つけていくという段階が始まる。

そして、これが板についたまま常態化してくると、もう曲は十分あるにも関わらず「あぁ、曲を作らないと」という強迫観念じみたものに襲われるハメになり、その後、ぼーっとしてると無意識に曲が思い浮かんでは消えていくという人生が始まるので、気をつけてね。


では、ワタクシ。

〜 セットリスト 〜

鼓動は眠らない(2019)
ジョニー思い出すね(1979)
はなれていたって(2020)
Weeping(1986)
愛の問題(1993)
おぉ、陽光(2011)
カラッポの青空(2002)
ロマンチスト(2018)
新しい夢(2012)

今回も全開に引き続き、選曲に関してはこのお企画と連動して【海月屋ホームベース】で展開している【別冊ぼんのう】の内容とリンクさせてみた。
なので、ここでは省略するけど、声を張る歌や、がっつりストロークする曲やらがメインになるし、テーマがテーマだけに、いろんな反省やらなんやらも去来しながらやることになるだろうなと予想はしてたのよ。古い曲だと視点の甘さとかもあるし、逆に最近の曲だとテーマに対して気持ちに自分で「真っ直ぐじゃないもの」を感じちゃったりとか、単純にスタミナ的な事とか。

で、まぁ予想通りでした(笑)
でもコレやっときたかったんだよね。わかってはいるけど、そういうこともやってきた自分としての落とし前というか、やってきた割には、そこを自分に対して真正面から取り扱わない感じでいた感覚があったので、コレをテーマにやりますってのは一度どっかでやっときたかったのよ。

ぼんのう3_2

まぁ東日本大震災から10年経った3月ってのもあったし、昨今のコロナ禍ではさ、音楽系の人とかタレントとかの政府の「自粛要請」に対する発言やリアクションに関してはすんなりその内容が話題にできる割に、原発問題とか政府のあり方に対しての言動に関しては内容の紹介よりも「ミュージシャンが政治的なことに関わるな」みたいな内容以前の問題だけがクローズアップされてるのって変じゃね? って思いもあったりしてね。コロナったって、その反応していることは政府やら社会情勢やらに反応してのことなんだから、対して違いはないのに、皆さんどういう線引きをしてるんだろうってのがわからなくて、(ってかおそらくそういう事を認識してないと思うので、そういう思考の構造とか心理の働きに興味があるのよ)ってなこともあって、やるんならこの時期にやろうって気持ちでございました。

こうやってテーマに沿って、関連した曲を並べて歌ってみると、内容の良し悪しとか完成度とは別なところで、やっぱり中学生の頃に書いた曲が一番ストレートに思いを込めてるもんなんだなってことを実感する。実感ってよりは体感かな?

それを踏まえて、んじゃ次にこういう曲を書きたくなった時にはどうしましょう? って部分が見えてくるので、一回はやっとくのがいいね。
そういうのもこのマンスリー企画をやろうって思った要因のひとつでもあるし。

そして、今回の選曲やってる途中から、なんか多分自分でも別方向に振り切りたくなんたんだろうけど、もう来月の選曲テーマ決めておりまして。
次回はこれまで書いてきた『求愛の歌』を取り揃えてみようと思っております。

そんな次回の【月刊ぼんのう 4月号】はコチラ
       ⬇︎
2021年4月25日(日)
【辻正仁マンスリー企画・月刊ぼんのう 4月号】
場所:FOLKIE
(札幌市中央区南6条西3丁目 ニューオリンピアビル 8F)
OPEN 18:30
START 19:00
料金 2000円(1ドリンク付)
出演:辻正仁 / レギュラーオープニングアクト:Eri

月刊ぼんのう4月フライヤー

ついでに5月は5/30でございます。

ご予約は【contact】をご利用くださいまし→https://www.kurageya.net/contact


さて、次の話題をまたこの後で更新します。


未分類 |
| HOME |