fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

過去を使って新しい経験をする


マンスリー企画【月刊ぼんのう】の第一回目、無事に終了。
お集まりの皆様、関係各位、ありがとうございました。
そして昨日はFOLKIEのアカウントからツイキャスで配信もやっていただいたのね。そちらをご覧いただいた方もありがとうございました。
ちょっと本番中に、視聴者の方々にリアクションできなかったので、次回からはちょっと考えます。

で、アーカイブも残っているので(突然なくなる可能性もあるけど)、よろしければお時間ある時にでも
こちらで、2021年1月31日のライブを探していただければ→https://twitcasting.tv/musicfolkie


さて、正直なところ自分の心持ちなども含めまったくどうなるか見当もつかないまま始まったマンスリー企画だが、やってみたら、なんか面白かったというか、非常に新鮮な気持ちになれた。

一番良かったなと思うのは、昔の曲をやって、時折その頃の話なども交えてた訳だけど、自分の中に一切感傷的な気分がなかった事だ。
そうなっちゃったら嫌だなって思ってたのね。
だって、自分以外誰も懐かしいとか思うわけでもない、当時の経験や曲をまったく知らない中でやるんだから。
自分が感傷にひたりたいのなら、一人でやってりゃいいだけの話である。
この企画の目標の一つとして「今やってる」という意識ってのがあるんで、そこは結構行けたかなと思う。まぁ、最初はちょっと小っ恥ずかしさもあったんだけど(笑)。

なんかね、もう何十年ぶりに歌う曲とかがほとんどなんで、もの凄くマニアックなカバー曲を披露してるとか、下手すると新曲歌ってるに近い気分というか、そんな感じでやらせていただきました。
しかも、おそらく聴いている方には違いは分からないと思うのだが、歌詞、メロディー、演奏とか全部、やっていると体感的には長い間経験してなかった感触があって、さらにその曲をやってた当時とも違うのね。
でも、譜割の感覚とかコード感なんかは馴染み深い(当たり前か)。その癖、表現の視点というか切り込み方が今の自分にはないけど、「うん、よく分かるよ」みたいな…。

だからまぁ、歴史を辿るとか伝えるとかしたかった訳でもないし、最近の曲も含めて、年代とかごちゃ混ぜに順序もごちゃ混ぜに構成するってのは良かったかなと自分としては思う。
トークも含め、「やってきた事を振り返る」というより、「やってきた事を使って新しい経験をしている」ような感覚。
時間の流れがなくなって「全部現在」ってのかな? ん〜、ちょっと違うか? 

うん、新しい経験だけに、ちょっとまだ自分でも掴みきれてないというか、要領がつかめてないような部分もあるんだが、あと11回ある中で諸々の収穫が出来そうで楽しみでございます。

21_01_31.jpg




〜 セットリスト 〜
※()内は曲を書いた年なんだけど、1、2年の誤差はご容赦を。

魔法を信じるよ(2014)
君の住む街へゆこう(1978)
ルーディーボーイ(1986)
過ぎたことなら(2002)
雨に打たれて(2017)
地平線の果てのブランコ(1995)
You are Here(1987)
理由はいらない(2007)
おやすみ、君は自由だ(2009)


まぁ、このセットリストも今の所手探りでございます。
一応ですね、これまで書いた中から、「候補曲」みたいなものを150曲くらいまで絞り込んではあるのね。
弾き語りでやるのは無理な曲とか、諸々の判断で選別して。
でさ、150曲の中から1回9曲ずつ、構成を考えての選曲の仕方がよく分からない(笑)。
何かのテーマを決めてとも思ったけど、毎回それで満遍なく古いのから新しいのまでの中から選んでも偏りが出てきたりとか不都合がありそうだし。

それも含めて、準備段階から新しい経験でございます。

うん、歳とってくるとこういう楽しみがあるんだね。

マンスリーでオープニングアクトを務めていただくEriちゃん、これから毎月1曲ずつ新曲を持ってきてもらうんだが、ちょっと大変かもしれないけど、何10年か続けてたら、こういう楽しみあるから(笑)。
まぁ、曲は毎月書かなきゃならんし、スクール以外でのライブは初めてでそれも対応していくってなかなかしんどいとは思うが、なんかね、そういう人に一緒にやってもらうってのも、「オレっていい事思いついたな」と自画自賛している(笑)。

彼女を通して、「始めたばっかり、どうやって曲を書いていけばいいのかも手探り」的な状況を、こちらも今新たに経験させてもらえるというのかな? 

なんかこう、この1年色々と楽しくなりそうでございます。

よろしければお付き合いの程を何卒。

来月は28日(日)でございます。

2021年2月28日(日)
【辻正仁マンスリー企画・月刊ぼんのう 1月号】
場所:FOLKIE
(札幌市中央区南6条西3丁目 ニューオリンピアビル 8F)
OPEN 18:30
START 19:00
料金 2000円(1ドリンク付)
出演:辻正仁 / レギュラーオープニングアクト:Eri
※ご予約は【contact】をご利用ください。→https://www.kurageya.net/contact

月刊ぼんのう2月フライヤー

そして、その前にもうひとつ。
カバーユニットM3(宗形修・高橋麻衣子・辻正仁)での出演のライブもよろしく。
これもさ、ここ数年のことなんだよね。カバーでステージやるのって。
昔は頑なに「オリジナル以外はステージでやらない」って思ってたし。まぁ今でもオリジナルメインなのは変わらないけど、こういう企画があるおかげで年々自分の許容範囲が広がって行くのが面白い。

2/22(月)
【カバー祭りVol.3】
場所:フライアーパーク
(札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's CITY BILD)
OPEN 19:30
START 20:00
料金:2000円 1ドリンク付
出演:夏日 / 藤原菜緒 / M3 / カワイバタ

21年2月22日フライヤー

こちらもご予約は【contact】へ。

よろしくどーぞ。



スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |