fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

配信ライブをやってみた〜 『ちょっとした40周年記念』のアレコレ⑨ 〜



配信ワンマンライブ【250L】
とりあえず終了しました。アーカイブは明日の夜までご視聴いただけます。
そして【東日本大震災チャリティー 500L】に還元する投げ銭も明日まで受け付けております。

アーカイブ視聴→https://youtu.be/3nZhZsSNIE0
投げ銭受付→https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/015w5r111ce37.html

まぁ初めてきちんとしたライブ形式のものの配信をやってみたんだが、『気持ちの手探り感』が満載であった(笑)。
正直、どういう心持ちでいるのが正解なのかがちょっとまだわからない。これはまた繰り返し経験していく中で身につけてくしかないのかな、とも思っている。

うん、やってみて初めて思い当たったこととか、色々と見えた事もあったので収穫はあったし、自分がトア取っている状況というのも結構楽しめたと思う。

ご視聴いただいたみなさん、そして投げ銭にご協力いただいている皆様ありがとうございます。

今帰ってきて、ちらっと自分でもアーカイブ観てみたけどね。これ、音響とかカメラのスイッチングとか孤軍奮闘でやってくれてた本間さんの狙いだったのか、手が回らなかったのかわからないけど、多分リバーブゼロだな…。改めてこうやって聴いてるとちょっと恐怖感あるな(笑)
あれですよ。1人ではまかないきれない事を1人で全部担ってくれたので、よくやっていただいたなと思う。

ま、生ならではというか、リハの時に十分にチェックしてるはずなのに本番はさらに声がでかくなって音割れしているところもあるが、そのへんはご愛嬌というか、追い追い加減もわかってくるかなと思うのでご容赦を。

うん、正直ですね、客観的に見ると恥ずかしくなる部分も多々あるんだが、思えば今までも色々とその都度恥をかきながらいろんな事を分かってきたり身につけてきたので、これはこれで収穫である。
なんだろうね? 恥をかくことを恐れても恥をかくことに慣れてしまっても「次の段階」みたいなところに進まないので、この辺が醍醐味なんだろうね。

〜セットリスト〜

一緒に泣こうか
楽な気分で
夢なんてなくてもいい
はなれていたって
三日月のかんざし
神様の調べ
素敵な君の歌
どこまでゆけるかな?
座右の銘
人生の折々に

ん〜〜、なんちゅうかねライブって会場の空気みたいなもんをとりあえず錯覚でもいいから感じて、そこに反応しながらやってきたんでね。オレみたいなタイプだと特に、その場で歌い方変わったり、あえて構成とかも決め込まないでやってきてるんで、そこがルーズと言えばルーズだし、味と言えば味みたいなところで「ワタクシでございます」ってのをやってきたんで、こういう反応がじかに伝わってこない状況って時に、通用しないというか通用してるんだかどうだか確認しようがないところで、やっぱりこういう方法が自然と選択肢の中にある年代の人達とはまた異なる、ちょっと構えちゃうというか正直いうとビビっちゃう部分もあるのね。多分、過剰に身構えたり色々考えないことには対処できないみたいな。
若い人たちにとっては、然程身構えずに、あんまり考えもせずにクリアできることにいちいちつまづくお年頃だ(笑)


そういうのをですね、偶然にしてもこの「ちょっとした40周年」ってのを意識している年にまた新しい事をやってみるという機会を与えられたのは、まぁ語弊はあるんだけど「ちょうどよかったな」と思うんですよ。
やり始めた最初の10年くらいなんて何から何まで初めてやってみるってことばかりだったわけで、なんか改めてそういう経験させてもらってるんだなと。

また色々模索しながら、この配信に関しても自分に適した使い方を身につけつつ、これに対応できるように自分も変化しつつ、引き出しを増やしていくという楽しみが増えた。




スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |