fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

大晦日の長い話

さて

毎年正月には『紅白歌合戦』の雑感から日記を始めていたのだが、今年は書かなかった。

というのもですね、今年は年明けは実家に行かなかったのでTVを観なかったのですよ。

で、昨日観た。
どうやって観たのかは内緒である(笑)

その紅白の話題の前に、ついでにと言ってはなんだが、裏番組の『笑ってはいけない』も観たのでその感想も。
いや、こっちも全編ではないんだけど毎年何らかの形では観てるのね。

で、今年は例年に比べていい出来だったと思う。
あの低俗な感じというか、不謹慎だったり悪ふざけだったり、ちょっとダラけた時間帯があったりするのもお笑い番組として好きなんですよ。総じて下らない。

その下らない事を誰が出て来てやるのかってところがね。このご時世でああいう番組に俳優さんとかが出るのはリスクが高いと思うんだが、それでも出て来てシャレを心得て迫真の下らない事をキッチリこなす俳優さんは基本的に好感を持つ性格でございます。
あと、やらかしちゃったタレントなんかが出て来てそれをネタにしてるのも、中には不快な人もいるんだろうが、オレは結構好きだ。なんだかんだで相当な決心がいる。

で、まぁ今回は草彅剛、香取慎吾、稲垣吾郎の三人がやはり大きな話題だった訳だが、アレは視聴率取るにはやはり事前に情報を流しといたほうがいいんだろうけど、番組そのものとすれば、本当は何も知らされない状態で観たほうが倍面白かっただろうなと思う。
それにしてもパンチの効いた登場ではあったが。

本人たちも嬉々として下ネタとかやってたように思うが、アレは純然たるファンの人たちはどんな気持ちなんだろうね?
まぁ今更いつまでも「王子様でいて欲しい」とは思ってない気もするけど。

あとはね、一番いい味出してたのは伊東四朗だと思うな。基本的にセリフも動きもなく立ってるだけっていう「存在がオチ」というのはコメディアンの真骨頂ではないかと思う。キャリアがないと出来ない事だし。笑いながら感動した。

他には、水野美紀が主戦場を舞台に置いている矜持を見せたんじゃないかな。自分の力量を発揮して笑わせるってかっこいい。
それと同様な上でネタとして秀逸であったのは天海祐希のシークエンスね。
間とかもさ、アレは笑いがわかってないと出来ないし、シュールだし、多分制作側もそういうのができる人であるのを分かっているからああいうシナリオにできるんだよね。
遠藤に裸で踊らせて「それの何が面白いの!」と恫喝気味に切り捨てるとこは、実は何度か繰り返し観ては爆笑している。

「この人じゃないと笑いにならない」「この人がやるからこれが笑える」というのがきちんと作られてて、お見事でございました。こういうのをやるために「ダレる時間帯」も必要な訳で、その辺のバランスも好きである。

あ、因みに天海祐希と水野美紀は以前から芝居もだけどインタビューとかのトーク観てても好きな女優さんだったので、今回は結構嬉しかった。
あんまり芸能人と仲良くなりたいとか思わないし、女性芸能人で「誰と付き合いたいか?」みたいな興味もまったく発想の中にないし、まして実際がどんな人物かはまったくわからないけど、この2人は一般人の妄想として「こういう女性が友達にいたら楽しいだろうな」と思ったりする。あと、ついでながら最近の人(ってかオレが知ったのが最近なだけで、まえからいたんだろうけど)だと夏菜かな? まぁ、誰も相手してくんないだろうけど(笑)

さて、『紅白歌合戦』

全編は観ていない。歌で良かったのは、ビートたけしとMISIAだけだった。竹内まりやは、曲もいい曲だと思うんだが、せっかく出るなら(いや、あの曲があるからNHKに出るって事だとは思うけど)もっと違う曲だったろうと思うのね。

ちょっと「バックで達郎がしれっとギター弾いてる」みたいなのも期待してたんだが…。
でもさ、ネットニュースなんかで「達郎と映ってる写真が出て来た」みたいな書き方で話題にしてるの多かったけど、あの写真は達郎と大瀧詠一と彼女の三人であることに意味があるんだけどね。
それから岡田有希子との写真もあったし、多分他にもオレが気づいてないいろんな意味を込めた写真で構成されてたんだと思うんだよね。なので、そこがよく分かってない人が記事を書くとああなるんだなってのはね、普段も多分いろんな記事を見てもちゃんとしたことは伝えられてないんだろうってのがよく分かった。

で、ビートたけしはやっぱり存在感かな? スポット当ててるだけで、そんなに華やかでもない衣装で、説得力も迫力も群を抜いてるるという。
本職じゃない人が一番歌手らしいってのはどういうアレなんだろうね?

いや、技術的な歌唱力という意味では上手いわけではないと思うのよ。テンポ取れてないところもあるし。でもあの曲はやっぱり彼が最高である。前にも書いたけどなんか「こんちくしょー」っていう悲しみとかさ、想いとかがあの歌い方に出てるから、もう技術がどうこうって話じゃないんだよね。

で、技術と演出の一番いいところがMISIAだったかな。
うん、演歌の人は気の毒というか、けん玉だの手品だのをやりながらで、歌が入ってこないのよ。
MISIAのは好みからすると一曲だけでガツンと行って欲しくはあったけど、バックでさ「レインボーフラッグ」が振られてる中でああいう歌を歌うってのが、ちゃんとメッセージになってるんで演出も歌も本人の主張も統合してるので気持ちよかった。歌のうまさは言うまでもないし。

ただもう、一個の歌番組としての「紅白歌合戦」はカオスになってて魅力がなくなったな〜と思うのね。
間繋ぎの小ネタとかも、お祭りだから多少はいいけど多すぎるし。
あそこでお笑いのことやっても、そういうの喜ぶ人は「笑ってはいけない」の方観てるだろうし、必要ないよ。

あとは、口パク多すぎ。オレ、口パクは否定しないんだけど、そればっかりだし歌のバックでけん玉とかやってるし、ジャニーズとAKBみたいなのばっかりだしってなると、もう歌が全然入ってこない。

そもそも「男性と女性が分かれてどっちが勝つか決める」っていうアレ自体がもう時代にそぐわないし、どの歌手も「今年の一曲」を歌うわけでもないし、それ分かってるから特別枠ってのがあんなにいっぱいあるんだろうし(ありすぎて「特別」じゃなくなってるし)、番組として「迷走してる」ってのだけが伝わる。
もういっその事、『ジャニーズvsAKBグループ』って番組作りゃいいじゃん。
それはそれとして別で『紅白歌合戦』をだな、「男女に分ける」ではなくて男女混合の「紅組 白組」にしちゃってさ。「乃木坂は紅組で櫻坂は白組」とか。で特別枠とかじゃなくて、その特別枠で出すような人たちをちゃんとどっちかに入れちゃえばいいじゃん。

で、合間の小ネタとかも制限して、出演者の1年間の活動振り返るとか。
もう「紅白に出るために」って頑張ってる人とかもほとんどいないだろうし(そういう人を番組側から切ってるし)、番組自体がそんなに思い入れを持たれている存在ではない事を受け入れてだな、もうちょい格調高い歌番組にして何年かブレずに耐え続けたら、数年後にはすごく評価の高い歌番組になると思うんだよね。
そうすりゃ、それに出る事を目標とする人がまた増えるかもしれないし、そういう人が増えるとそのファンの人たちにとっての番組の価値も上がってくし。

そのためにもね、「歌を聴かせる」とか「この歌手が凄いよ」ってのをちゃんとアピールできる場にして欲しいよね。
なんで歌ってる間にけん玉のギネス記録に挑戦しなきゃならんの? もうけん玉挑戦のBGMで演歌が流れてる扱いじゃん。『芸能人水泳大会』の競技中にワイプで新人が歌ってるみたいな、そういうのはやめようよ。
で、各年代の歌手とかをバランスよく入れてさ、「20代で今年活躍した人3枠、40代3枠」とか。でいい歌きちんと聴かせて、その歌手の活動紹介すりゃ、別な歌手目的だった人とかも「ん!?」って思わせられて、それが楽しみで観る人も出てくると思うんだけどね。
ホラ、夏にやるフェスとかでタツローが歌い始めたら、他のステージに移動中だったタツロー聴いた事ない人がみんな足を止めたとかって話もあるんだから。
オレはそういうのが観たくて紅白観てるんだけどね。

で、最後に「AI美空ひばり」。
正直な感想は「気持ち悪い」だった。
あのね、合成音声とかCGとか使って、実在しない歌手を新たに作ってヴァーチャルシンガーみたいのをやるのは全然否定しないんだよ。むしろ面白いと思うし。
「缶コーヒーには缶コーヒー独自の魅力がある」と思ってる人間だから。

でもね、実在した人の声や姿ってのが、技術的な興味はないわけではないけど、曲の間ずっとそっち方面の関心に意識が行って、多分いい曲なんだろうけど全然入ってこない。なんか「コレ、このクオリティじゃ無理だけど、数年後にはこの技術がテロに利用されたりするかもな」とかそんなことばっかり考えてた。
「故人を冒涜」とかは思わないけど、声だって似てるけど美空ひばりの心が伝わるかと言ったら、そんなもんはどこにもないし、これもまた「本人はもっとこうだったよな」とか思うんで、郷愁も感動もない。表情とかはハリウッドあたりならもうちょいリアルに作ってると思うし。
アレだったらちゃんと本人の過去映像流して、本人を偲んだり「やっぱり歌うまいな〜」とか思わせてくれる時間にして欲しかった。もっと言えば、あの時間枠で今生きてて一生懸命やってるいい歌い手の1人でも紹介して欲しかった。
そして返す返すもただただ気持ち悪かった。

あれでAIとか発達して、音声とかももうちょい本人の歌い回しや声の中にある、聴き手の情動に訴えるアルゴリズムとかが解析、再現されるようになって映像のクオリティが上がったら、その時は自分はどう感じるんだろうな?

とか、今回の紅白はそんな雑感でした。

まとめると「NHKの人、誰かオレに相談しに来ないかな?」って(笑)










スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |