FC2ブログ

海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

そして悲劇の解散ステージと大団円〜第三回円山中高年親睦会④〜

もう今回のライブの話はこれで最後にするよ。

いよいよ最後の出演者である。
結成初ライブなのに始まる前にラストライブとなる事が決定してしまったMUNEQLO…。

自らが引いた一本のアミダ線によってその儚い運命を手繰り寄せてしまった黒田雄亮は何を思いながら歌っていたのであろうか?


冗談はこのくらいにしておいて。

昨年末に、その時はゆーすけがピンでだったけど、一緒にライブやった時も思ったんだが、彼のボーカルの表現力ってのかな? 説得力? ん〜なんかを描き出す力ってのが依然よりも格段に増してると思うのね。
もっと単純な事で言えば、「歌ってる言葉が自然に聴き取れる」のです。
コレさ、意外とそんなに多くないと思うのよ。
音量とか滑舌とかの問題じゃなくて、聴いてる人の意識の中に言葉がちゃんと入ってくるかどうかって事なんだと思うけど。

で、ムネちゃんがサポートで演奏してるからギターも一人でやる時より存分に弾いてるし。

何より、この二人でいる時の風情が好きだな。

円中三6

なんか分かるんだよね。ゆーすけの安心感とか自分の中で自由度とか自信とかゆとりが増す感覚というか。
こう、信頼してる頼れる存在が横にどっしりと言うか淡々とした佇まいで居てくれてる訳でね。
下手すりゃ、ムネちゃん演奏せずにそこに居るだけでもゆーすけの気分は全然違ってるだろうなと。

で、ムネちゃんがまた元々ベーシストなだけあって、目立って何か気をひくような事はないんだけど、実は気の利いた「下支え」の演奏をしてる訳でして。
なんかこう、わざわざ他所の店に出て来て演奏しようって言う姿勢もいいよね。だからこそ彼に頼まれた時に喜んで企画を引き受けたんだし。

本人「人の店でライブやるのって、やるだけでいいから楽だ〜」って言ってたけどね。確かに自分の店だったり企画したりだと出演する事以外の事が色々ある訳だからさ。「一人の演者」では居られない。でも「演者でいる事」ってのもきっと大事にしなくちゃならんことだと思うのです。そういう機会を自分でちゃんと作ろうってのがいいよね。

で、この二人も別な曲が途中で混ざり込むのをやってた(笑)。これで今回の出演者全員、大雑把に言うと同種のネタを持って来たってことになるが、それぞれにやり方に色が出るもんだ。

あとは、再結成を楽しみに待とう。


そして、最後に全員でセッション。

リハの話題の時にも書いたけど、オレの3コードの曲を。

もうね、大した説明もせずに「3コードだから」って言えばだいたい概要が伝わるって演奏できるってのも今現在の中高年世代で終わりかもしれないな。
俺らの頃ってのはだいたいそういう3コードの12小節ブルースとかロックンロールみたいのを音楽やり始めの時期に通過してるのね。なので、初対面でも「3コードで」ってことでいきなり合わせることができるし、そうやって演奏してお互いを分かっていくとか息を合わせていくみたいな経験をしてきた。

最近の若い人たちってそういう始め方じゃないのでね。やっているうちにそうい「原型」みたいなものに興味持っていく人はいるだろうけど。

という気持ちもありつつ、「中高年親睦会」に相応しいかなって事で、以前に谷藤師匠とユニットやった時に書いた曲である『Strike Back Over50s』を。
英語的に正しいかどうかは知らんが「50代の逆襲」ってなつもりで付けたタイトル。書いた当初は師匠もオレも40代だったので「Over40s」だったんだけど、年齢的なアレは差し替えた。

ん〜、なんちゅうか本当に楽しかったし、すごく充足感があった企画でした。
ってのはね、単純に出演者集めて「それぞれのステージやりました」ってな事じゃなくて、この組み合わせならではって空気がずっと漂ってたからね。そのMUNEQLOがラストの出番だったってのもそういう意味じゃ正解だったと思うのよ。普通さ、バンドが最初にやってトリが結成して初めてやりますって二人組とかだと何かよく分からない感じになるじゃん?
でも、それがこのメンツでやると面白さになっちゃうってのは、お客様も十分感じていただけてると思う。

出演者それぞれの経験値ってのもあるけどそれだけじゃなくて音楽人としての質とかさ、あとは全員の付き合いの長さというかいい関係の積み重ねってのもあると思うので、そう言うのが「この組み合わせならでは」になったんだと思うのね。

なので、自分がうまくいったとか行かなかったとかじゃない心地よさが残ったのね。
最後のセッションだって、みなさんオレがコレやりたいって話ですんなりオッケーだった訳で、「なんで辻の曲やるんだ」
とか「他のボーカルにも歌わせろ」とかって意見もなく、「はい、やりましょう」って事で乗っかってくれたし。
オレはオレでそこに気を使わなくてもいいから特にその辺何も言わずに「コレやろう」って持っていける訳なんだよね。

リハの時からラストまで、ゆーすけのアミダも含めて、全員がそれぞれの持ち味を発揮して、それが一つの場の空気になったような夜だった。

終わってから、円山夜想店長の本間さんが何回も「いや〜、本当に楽しかった〜」って言ってたのが嬉しい。
「最初から最後までずっと笑ってましたもん」って。

で、恒例亀野式記念撮影。人が多すぎて沖田くんが見えないけど(笑)

円中三8


真ん中の美魔女は、ムネちゃんの奥様にございます。

では、ライブってのはその場にいないと分からない空気ってのがあるのだけれど、ちょっとでも伝わればと思いつつ、動画作ってみましたんで。

あ〜、無事日付が変わる前に全部書いた(笑)





スポンサーサイト
未分類 |

思いついたらすぐやりたい〜第三回円山中高年親睦会③〜

長いな… 前回の続きです。

さて、アミダで2番手と決まったワタクシのステージ。

今回は出順もわからなかったしってのもあって、事前になんとなくの選曲はしてたんだが、多少頭の中で変更を交えてステージへ。
Recallの後だったんでね。その余韻ってかノリ的な空気も踏まえつつ一旦落ち着いてもらって空気の入れ替えもってなところから。

円中三4


〜セットリスト〜

楽な気分で
夢なんてなくてもいい
単純なもんさ-男の子の歌-
オレは愛を持っていないんだろうか?
君に愛を
さすらう(with 斎藤郷 Sax)

「途中で違う曲が入るシリーズ」は今回、一曲目で内田裕也の『コミック雑誌なんかいらない』を。ショーケンの『愚か者よ』を4曲目に混ぜ込んでみた。
どっちかが、その場の急な思いつきで、どっちかは前もってやろうかなと思っていた。
まぁ、今回はそういう観点で選んだ曲です。

もうね、ほとんどピンとくる人いないだろうとは分かっていて、それであえて気がつく人だけ気がつけばいいって事をやろうと思って。
あとはね、『君に愛を』は今回もみなさんちゃんと歌ってくれて楽しかった。これね先に説明しなくてもこれやったらちゃんと反応あるってな形にしたいんだよね。なんか定着させたい(笑)

そして最後はRecallのSax、郷ちゃんに吹いてもらった。

コレ、リハで急遽思いついたのね。
オレがステージでサウンドチェックしてる時に、郷ちゃん客席側でSaxで自分のウォーミングアップしてて。
で、オレが『丸の内サディスティック』かなんかやってる時に、Saxで絡んでくる音が聴こえてきまして。
元々Saxって好きなんだよね。で、いい感じに絡んでくるもんだから、郷ちゃんを呼びまして「ちょっとステージにあがんなさいよ」と。
で、最後にやるのに良くてあんまりコードが動かないしSaxがハマりそうなってことで『さすらう』をちょろっとやってみて、出来そうだったんで「じゃぁ本番でコレやるから」って。

この時、彼はこの曲を生まれて初めて聴いたわけで(笑)

で、自分の出番の直前に「最後の曲って言うから、始まったら吹きながら出て来て」っていう非常にハタ迷惑な指示をしまして。当然紹介して呼び込むとかじゃないので、お客様からしたら唐突に郷ちゃんがSax吹きながらステージまで向かってくると…。

ん〜郷ちゃんにしてみたらかなり無茶な要求をされてる訳なんだけど、ちゃんとやってくれました。そしてよくわからない曲をよくわからない状況で演奏してくれたのです。

本当に申し訳ない。ありがとう。

いつになるかは分からないけど、その内また彼とはもっとちゃんとした機会を作りたいなと思っている。自分の曲で頭の中でSaxが鳴ってる曲ってのは結構あって、郷ちゃんの音ってソレにかなり近いんだな。

円中三5

オレ、にやけちゃってるもんね(笑)

どうせまた長くなるから、ここで区切る。





未分類 |

話はリハに戻ってからになるんだが〜第三回円山中高年親睦会②〜

円中三1

さて、前回の続き。

今回はRecallのオフィシャルカメラマンであるぶるむんさんとか、いろんな人オフィシャルカメラマンである亀野さんから沢山写真を頂きまして。
それ以外にもネット上に色々と写真がアップされてるのを拾ったりしまして(自分の写真なのに「拾い画」って…)

ほんの一部ですが紹介しながら。あとは自分でニヤニヤ眺めながら大事に保管しております。


で、前回の「アミダの悲劇」から本編はスタートするんだけど、その前にリハでも色々ありまして。

ま、今回最後にですね、せっかくこのメンツだからって事で全員で一緒にやりたいなと。
そういうワタクシのワガママでですね、一曲やることになりまして。
ゆーすけと沖田くんがギター。郷ちゃんSax、みゃんちゃんカホンで、今回ムネちゃんはアコギを持って来てたんで、本間さんにベースを貸してもらって。そして師匠は店のアップライトピアノ。

おっさん七人でステージに乗る。思ったほど狭さは感じなかったがむさ苦しい。

でリハってのも一回だけね。
ん〜、オレはもうね、みんなでできりゃ勢いでいいかって気分だったし、弾き語りのアレが身についちゃってて「その場で臨機応変」ってか一人なんで深く考えずに自分の体の反応で演奏しちゃってる部分もあるから、普段あえて意識しないようにしてやってる部分があってね。で流石にミュージシャンの皆さんは、そういうところ確認してくる(当たり前だ)。
で、普段意識してないから「ん?」みたいな。

そこで沖田くんが指示を出す。最後をどうするかも彼が指導する。
なんかバンドやってた頃を思い出して懐かしい(笑)。

円中三2

そのセッションに関してはまた後で。

他にもリハ中に勢いで色々とアレしまして。

そして前回書いた通り、アミダで黒田くんが奇跡のような悲劇を展開して、その結果本編はRecallからスタートという、PAの立場からすると一番避けてほしい進行となる。PAをやってくれたワッキーには本当に面倒をかけてしまって申し訳ないです。ありがとう。

でRecallのステージ。本人たち初めての編成だったそうなんだけど、まぁ安定のっていうか「何が起きても動じない」みたいな風格のステージですな。

円中三3

ん〜冒頭でね、突然別な曲になちゃうってのやってたけどね。オレがよくやってるやつ。
やり始めた当初は結構珍しいってか他にやってる人があんまりいなかったんだけど、最近増えてるのかな?
別にオレの専売特許じゃないしってか、そもそも自分の場合は弾き語りで間奏とかの「物足りなさ感」の解決策として始めたんだけどね、それ思いついたのは確かU2がライブやってるの観てなんだよな。
そんで、こういう遊び心のあるやつって、他の人たちがやってるの聴いても面白いよね。そこで露わになるセンスみたいなもんもあるし。

あとはアレね。前回一緒にライブやった時にも書いた気がするけど、「Cry Baby Cry」でのみゃんちゃんのコーラスワークが非常に好きである。
それと、沖田くんね。
かつて一緒にバンドをやってたし、それ以後も色々と付き合いがある身からするとさ、Recallに加入した当時も思ってたんだが、今回改めて彼はこのバンドに入ることになって良かったな〜と思った。
ってのはね、今回久しぶりに聴いて、なんかちょっと彼は良さげな方向に変わり始めたんじゃないかなって気がしたのね。気のせいかもしれないけど(笑)

これは「お互い様」だと思ってるから言うんだけども、彼のすごく良いところも、そうではないところも一緒に音を出す事をしながら感じて来ているわけね。
それで、Recallという場所に入ることによってその辺がどんな塩梅に変わっていくかなってのが気になってたりする部分なんだけど、なんか今回ちょっとだけ「あ〜」って感じるものがあったな。
あんまり理屈で説明できるようなアレじゃないけど。

あとでセッションした時も感じたんだ。

ここはアレだよね。真ん中にいる人がそれこそ「何があっても動じない」って人だから(笑)。


あ〜、また長くなったんで、一旦ここでアップして続きを書く。



未分類 |

開演直後の奇跡〜第三回円山中高年親睦会①〜


中高年1


昨夜のライブ【第三回 円山中高年親睦会】無事終了。

無事っていうかなんていうか…

一人大きな傷を負った男がいたけど(笑)

それも含めてめちゃくちゃ楽しかった。

連休最終日の夜だというのにたくさんお集まりいただいて、楽しく盛り上げていただいたお客様、関係各位、ありがとうございます。


なんちゅーか、フライアーパークのムネちゃんと、谷藤師匠、自分にとっては長年にわたってのお付き合いしている人の中でも特に気持ちのどこか重要な場所にいるお二人を始め、Recallにはこれまた若い頃に一緒にバンドをやり、その後も諸々サポートしてくれるギタリスト沖田真里とかみゃんちゃん、斎藤鄕ちゃんなんかも慣れ親しんだ中だし、黒田雄亮も普段からわりと仲良くしてもらったりっていうメンツとですね、これまた普段から一緒になにかとやっている本間健二が店主を務める円山夜想でライブするという、いわば気のおけない人たち、気を使わなくていい人たちだらけで一緒にライブってのがもうもう幸せなひと時であった。

なんと言うか、気が置けないと言っても馴れ合いでだらだらとくっついてるのは好きではないんである。いわゆる「なかよしこよし」というのかな?
休み時間になったら誘い合って一緒にトイレに行くとか、みんなで机を並べて弁当を食べるとか…。
なんで例えが女子高生なんだかよく分からんが。

その辺の温度感も心地よく過ごせる人たちばかりでね。まぁ、みんなおっさんだから(笑)

で、まぁ今回は先日も紹介したような経緯があって、ワタクシが一応の「仕切り役」みたいなアレでして。
色々考えてる時に、出順をどうするか? ってのがありまして。

まぁ通常に考えれば、辻〜MUNEQLO〜Recallってのがいいのかなと、もしくはMUNEQLOの後でオレがやったほうが黒田くんはやりやすいのかな? と。
自分で人様のライブのPAやったりもするからね、裏方の事を考えてもそういう順序でやる方がやり易いってのは知ってるのよ。もちろん、全体の流れを考えても音の厚みとか彩りをだんだん豊かにしていく方が客席だって「なんかさっきのバンドより、こっちの弾き語りはやっぱり音が寂しいな」とかって印象を与えずに済む。
やる方だって、何度か経験あるが、バンドの後に一人で出ていくのは多少やりづらさがあるし、バンド側だってそういう流れで出ていくことに慣れているのはわかっている。

だからさ、「ちょっと普通にやるのつまらないかもな」と思っちゃったんだよね。まぁ、これが他の出演者の組み合わせだったらアレなんだけど、せっかくこのメンツなんでね。

自分らがどの順番でどうなろうと全体の流れを踏まえながらそれなりに色を出せる人達である。それならそこで遊ばないとつまらんだろ?

ってのもありまして、「じゃあ、どうするか決めないで、いっその事その場の運任せで決めちゃえ」という考えに至り、開演してからステージで「あみだくじ」で順番を決めることにした。

弾き語りばかりとかならアリかなと思うけど、こういう組み合わせではちょっと疑問のわくところだよね(笑)
というか、そう決めて告知してから、当日の事を考えると自分で「これやりにくいな」と思ってたのだ。

まず、出順が決まってないと自分のステージの選曲とか曲順とかも決めにくい上に、自分がRecallの後で最後になったらやっぱりやりにくいよなとか、PAやる人のこと考えたらやっぱり色々と事前に計算できなかったりで面倒だよなとかのスタッフ感覚も持ち合わせてるんで余計面倒に感じる。
あと、万が一Recallが最初になっちゃったら全体の流れ的にどう持っていくんだろうとか。

要するに「誰も得しないアイディア」なんです。
おそらく、思いついた時にはこのメンツでライブやるって決まって浮かれてたんだと思う。

まぁ反省はしないけどね。

だって、結果的に面白かったもん(笑)
そういう負荷がかかるのも嫌いじゃないし。

ということで、非常に簡単な手作りの「あみだくじボード」を本間さんに作っといてもらいまして、開演してからステージの上でアミダ。

ちなみに、今回のRecallはドラムのくぼたさんがいない、アコースティックセット。普段はキーボードの師匠もエレキの沖田くんもアコギ。そしてベースのみゃんちゃんがカホン。いつものアコースティックセットならこの3人なんだが、そこにSaxの郷ちゃんが加わると言う編成。そして、ムネちゃんとゆーすけはこれまでもBlackMafiasとかで一緒に組んではいるが、二人だけの「MUNEQLO」というユニットを立ち上げて今回がその初のライブである。
初めてなんで、やはり最後に出るというのは、ましてや彼らの心積もりとしては、Recallはバンドアンサンブルでがっつりくるだろうし、辻は辻でそれなりな事やるだろうと予想してるだろうから、やはり最後に出るってには避けたいところなんだろう。

どうも二人で事前に「最初にやってあとはゆっくり聴いてたい」だとか「最後だけは絶対に避けたいね」とか話していたらしい。

そんなことがあってのアミダくじ。

ワタクシとしてはですね、まぁRecallの代表は谷藤師匠として、MUNEQLOに関しては最初に今回の企画を依頼したムネちゃんに出てきてもらってオレと三人でやろうと思ってたのね。

でも、ステージに出てきたのは黒田雄亮であった。

正直、彼が出てきた瞬間に俺は心の中で「コレでオレが3番って可能性はなくなったな」と確信したのだ。

何と言っても彼は「持っている男」として音楽人界隈とローカル音楽愛好者の皆様にはよく知られているのである。
このブログでも何度か紹介しているが、本人が特に狙っているわけではないのに、彼にはなにか人知の及ばない力が働いて面白いことが起きるのである。非常に嫌味のない、誰もが愉快に笑えるようなハプニングを起こす。
ガンダム風に言うと彼のあの能力はもしかしたら「ニュータイプかもしれない」と思わせるものがある。

いや、本人は真面目にちゃんとやっている、決してなにかウケを狙ってネタを仕込んでるわけではないので気の毒かもしれないが、そういう企てのなさから生まれるハプニングだから余計に楽しい。
正直羨ましいくらいだ。
ある意味、リアルなミスター・ビーンが身近にいるんだぜ?

彼の音楽のかっこよさと、この特殊能力のギャップは掛け替えのない魅力である。

という事で
彼はステージに上って来た。MUNEQLOの初となるライブで、ムネちゃんからは「もし3番引いたら解散する」とまで言われながら、その重圧を背に上って来た。

クジはあらかじめ出番を記した部分を隠して、何本かの横線が入っている。
オレは仕込みの時に見ちゃってるんで、師匠とゆーすけにそれぞれ自分がどこからスタートするか選んでもらう。
で、その後で各々一本ずつ横線を書き足す。これでオレにも自分がどこに当たるかわからなくなる。ってか、仕込みの後にリハとか色々あったからそもそも覚えてないんだけど。
しかし、ワタシは何の恐れも不安もなかった。
だってゆーすけがいるんだもの。

というわけで、まずはオレからアミダを辿る。
はい、2番です。
最初に引いた時に一番最適な順番。これで残り二人のどちらかが1番で、どちらかが最後。

amida2.jpg


盛り上がってまいりました。

というか、こんだけ前振りしてるんだから結果は期待通りだったんだけどね(笑)

次にゆーすけが挑戦しまして。

はい、トリを務めることになりました。
しかも、最後に自分が引いた横線をたどって3番に導かれておりました。

MUNEQLOは初ステージを行う前に解散が決定し、これがラストライブになりました(笑)
ライブがスタートする前から、場内が湧いた。

ヒトはどこまで面白くなれるのだろう?


で、ちょっと写真が暗かったので加工したが、3番を引き当てた瞬間に彼はガックリと膝をついたんだけどね。

orz.jpg


ホラ、ネットの書き込みとかで「がっくり来た」ってのの表現として「orz」って書くじゃない。「o」が人の頭で「r」が手をついてる部分で「z」が膝を折ってるのね。
彼のこの姿、オレの位置から見ると正にこの「orz」の形のまんまでして。
「あ〜、このくらい打ちのめされた時に、あの文字を使うんだな」ってな事を考えてました。

ちなみに、終演後彼はこのアミダボードを本間健二のサイン入りで記念に持ち帰りました。

たった一夜にして解散することとなったMUNEQLO。まるでアトランティス大陸みたいなユニットだが、こうなるとは予測できるはずもなく、すでに5/30にも一本ライブの予定があったらしい。
それまでに再結成できる事を願ってやまない。

あ、一切本編に触れてないな…

また後で書くわ。

アミダ









未分類 |
| HOME |