fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

図書館と義務教育とやってきたお知らせ


本日はちょっと前から気になって調べたいことがあったので、ものすごく久しぶりに中央図書館に行ってみた。
いや、だいたい調べ物を漁る時とかはジュンク堂で賄ってるんだけど、ついでにというかちょっと諸々落ち着いて文章書きたいなとかとも思ってたんで、自習室あるからちょうどいいかなと思って。

で、調べ物に関してはですね。素直にジュンク堂に行ってれば良かったかもなって。
なんだろう? 最近の出版業界的なアレなんだろうか? それとも予算的な問題かな? 新刊に近いものがほとんどないのね。

調べたかったのはまずは量子論と、あとは考古学とか人類学とか民俗学とかに分類される諸々なんだけど、今知りたいことって「今現在どういうことになってるか?」ってのをちょっと面白そうなのないかなと思ってたんだけどね。そんなに極端に専門的だったり難しいあれじゃないけどね。

あぁいうのって、新たに発見された事とかで以前の説が否定されて新しい学説が出てきたり、定説だったのが実は違ってましたとかあるじゃん?
基礎をなす部分に関するものはいいんだ。でも学説的にもうそうじゃないことになってるものがあって(それは置いていても構わないけど)、その新しい話を紹介する文献がないってのはちょっと困るなと。
ちなみに、基礎をなす部分ってことで言えば柳田國男の全集とかはあったけど折口信夫のは見当たらなかった。どっちかというとそっちをみたかったんだが。

なんか、書店ではすでに絶版になってるようなのはあるんだけどね。文学とかならいいかもしれないけど、そうじゃないジャンルのはどうなんだろうね? 考古学の本なんて、本自体が考古学的価値がありそうなくらい古いのあったけどね(笑)

でも、まぁそことは別でちょっと興味を引くものを見つけたので、今日の収穫はコレを見つけにきたんだなということで了承。

ただ、あれだな。自習室にパソコンの電源供給できるようにコンセント付けて欲しい。
そういう場所もあるんだが、時間制限あってなんか嫌。

その後、知人とお茶。
お子さんが不登校ってことでちょっとだけ悩んでらっしゃった。ま、「ひきこもり」とかというのとは違って、学校以外に興味のあることがあってそこに行くのは積極的みたいなんだけどね。
なので、親になったことのない立場のものとしては「じゃあ、そこに居ることで色々身につけていけばいいんじゃない?」みたいなことを話してみた。
学校で身につけたことで今現在も必要な事は、別な場所でも身につけることができると思っている。なので、h¥学校以外でも何らかの集団生活や行動が必要とされる場所があって、そっちの方が過ごしやすいのならそこにいた方が健やかに成長できると思うのさ。

でもまぁ、親としてはね「世間と異なる状況に子供を置く」ということに不安があったり、親としてなにか間違ってるんじゃないのかという罪悪感のようなものがあるようだ。
それはそれで理解できなくはない。
ただ、そういう意識も学校で身につけさせられた「実際には大して意味のない余計なこと」だと思うんだけどね。そういうのは多かれ少なかれ誰にでも刷り込まれているんだろうな。

ちょっとコレに関してはまた改めて書くと思うが、ブログで紹介するかどうかは未定。

で、その後さらに某所に所用でお伺い。

そこで長話してきたが、非常に興味深くありがたい提案をいただく。
年末年始にちらっと書いた「気構えを決めて積極的に待つ」ってやつの授かり物だなきっと。こういう風にやってくるものなんです。

これに関しては、もうちょっと話が詰まってから、某所がどこなのかも含めてお伝えする予定。








スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |