海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

苦難のクマンバチ



この二日間ほど、我が家にお客さんが滞在しておった。

クマンバチである。

「クマバチ」というのが正しいのかな? 調べたところによると地域によって呼び名が異なるらしい。

それはそれとして
一昨日だったか、陽気がいいので日中に窓を全開にしていたんだが、その時に入り込んだらしい。
その日には姿を確認することはできなかったんだが、時折「ぶぅぅ〜ん」という、結構な音と何かがどこかにぶつかる「ごん」って音がしていたのね。
で、「あ〜なんか虫が入り込んだな」とは思ってたんだが…。
昨夜ついにご対面しまして。

来訪者のことはすっかり忘れておったんだが、夜、部屋に戻って明かりをつけた途端に羽音がして突然どこかから4、5cmくらいの物体が飛んで来た。

ビビリました。
だってハチだもの。

縦横無尽に飛び回る。
しばらくすると天井やら壁にとまり、気が向くとまた飛び回る。
とまってる時に恐る恐る眺めてみて、クマンバチだと判断した。もしかしたら違うかもしれないけど。

どうでもいいが、飛び回ると怖い。羽音がするたびに体をすくめたり、突然目の前に現れたら「うぉっ」とか声が出る。

でも、確かクマンバチはさしても毒性が大して強くないし、針を持っているのはメスだけだと誰かが言ってたか何かで読んだ記憶があったので、大丈夫かなとは思ってたんだけどね。
それでも落ち着かないよな。
なんせ、自分が見立てでクマンバチと判断しただけで、本当はスズメバチとかその他の毒性の強いやつかもしれないし、クマンバチだったとしても、オスは針を持たないとしてもこっちには性別を見分ける事ができないのだ。

そこで意を決して、厚めの書物を取り出し叩き潰すことに。
非常に申し訳ないのだが、自分の部屋で落ち着けないのも困りものだし、ヘタに追い払おうとして反撃で刺されたりしたらアレなんで。

ところがそれもなかなか上手くいかない。
なんせアチラは堂々としたもんで、こっちは及び腰なので(笑)
壁に止まったところをバンを本を叩きつけるんだが、その度にかわされて、その辺を飛び回る。飛び回られるとこちらは逃げるしかない。

そんなすったもんだをやっているうちに、お客さんは中身を取り出したまま放置していた段ボール箱の中に潜り込んで行きまして。

中にまだ梱包してた諸々が入っているので中の様子はよく見えない。よく見ようとしてヘタなことしてるうちにまd¥た飛び出して来ても面倒だし。そのまま蓋を閉じてベランダに運んで蓋を開けて一晩放置。

今日、おそるおそるベランダで箱から梱包材などを取り出してみたが誰もいらっしゃらなかった。無事に去って行かれたようだ。

あ〜、怖かった。




スポンサーサイト
未分類 |
| HOME |