fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

ある意味、無料配信サービス

今日は柳本さんとこに行ってきて、夏毛に生え変わった。頭がもっさりしててちょっと鬱陶しかったのでスッキリ。

そこで、柳本さんに便利なアプリを教えて貰った。
ってか、随分前からあるらしいのだが、基本的にあんまりアプリをダウンロードしていろんなことに使うってのに興味がないもので知らんかったんだけどさ。
ほら、喫茶店とかで有線の音楽流れていて「あ、いい曲だな、誰の何て曲だろう?」とか思うことあるじゃない?
そういう時にそのアプリを開いて音を聞かせると、どっかのデータベースにアクセスして、誰の何て曲か教えてくれるの。
驚くねまったく。

若い頃はアレだ。ちょっといい曲かかってたら、まずは店員さんに確認して、店のレコードだったら名前とか控えたりして。もし有線だったら有線に問い合わせして「今かかってるの何?」とか聴いたりしてたのね。
そんで、今度はそのメモを頼りにレコード屋さんアチコチ探し回ったりして。

それが今や、携帯をかざしたらデータが出てきて、その場でダウンロードできちゃったりするんだな。

昔は手間暇掛けたり、そこでお店の人との交流が生まれたりっていう付加価値がついたりで、その分一曲一曲がとても貴重なものになったけれど、簡単便利に音楽を入手できるとやっぱりありがたみが薄れるかな?
手軽に入手できる景観しかない若い人にとっては、やっぱりそんだけのものでしかないのかもしれないね音楽って。

音楽が手軽にすぐ自分の手に入れられるってのは良いことだと思うけど、簡単なものって簡単な価値しかないだろうなってのがちょっとしたジレンマを感じるところ。
まぁ、その分、その日その時にその場にいないと体験できないライブというものがきっと大事になってきつつあるんだろうなとは思うけど。

さて、その後は今年になってずっとやりたかった事がようやできた。

芝生に寝転がる

である。

芝生に横たわって昼寝。
部屋で何時間もゴロゴロしてるよりもよっぽど疲れが取れる。

自分の時間のある時で天候にも条件があり、なおかつ芝生のある場所にいる事が必要で、簡単そうな気もするけれど意外と貴重な時間だったりする。
この至福はアプリでどうこうできはしまい。



スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |