fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

欲しいものなどなにもない(「ソファー」by 自分)〜ミニマリストとかシンプリストとか〜




久しぶりに書店に行きまして、素朴な疑問が。

今、ちょっとしたアレらしいよね「ミニマリスト」ってやつ。
必要最低限のモノしか持たずに生活するっていうような。

それのコーナーができていた。
要は、「ミニマリストな生活をするためのHowTo」みたいなのとか、そういう生活を実践している人の部屋だとか生活なんかを紹介しているような書籍をまとめてコーナーを作ってるワケだが、そこで疑問が湧いたのよ。

「この本一冊買ったら、余計なものが一個増えることになるんじゃないか?」って。

わたくし自身は、そういえば10年ほど前から段々モノを持たない生活に移行しており、何度か話してると思うが、現在、TV、冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどはお持ちではない。

特に何かに影響されたとかなんとかじゃなくて、段々ととにかく所有物があることが煩わしくなっているからというだけなんだけど。

一個一個のモノに関しては「持ってなくても、こうすれば問題ない」とか「そんなに不便ではないので、持ってる煩わしさよりも、こっちの手間を選ぶ」とかはあるんだけど、大まかに言っちゃえばとにかくモノがあるのが、あるってだけで面倒に感じてきたのです。

でさ、別にオレはそんな自分をシンプリストだとかミニマリストとかって思わないのよ。そういうカテゴライズを所有して生活すること自体が面倒くさい。

なんか、じゃあ究極のミニマリストって「ホームレス」じゃん、と思わないでもないし。

ま、ちょっと気になったんで、陳列された本をめくってみたんだけどさ。
「家にものを置かない生活してる人の部屋」とかの写真が出てて、まぁ、立派な家なんだよ。それ自体で大したモノ持ってるじゃないかってくらいの(笑)

あと、ネットでもちょっと検索してみたら「ミニマリストの必需品」とか紹介されてて、もうなにがなんだか…

なんでそんなことをいちいち、人に教えてもらって情報見て実践しなきゃならないんだろう?

不要なモノを持たずに、周囲をシンプルにして、その分ストレス無くした生活しましょうとかそういうことなワケでしょ?

それをHowTo本読んだり、TVとかで紹介されてることやってみたりってことは、発想が「コギャルはこういうメイク」とか「チョイ悪オヤジのマストアイテム」とか紹介されてそれやって必要な情報やモノ集めてるのと同じじゃん。

自分にとっていらないモノは持たずにいるモノは使うってだけでいいんじゃないのかね?

そんなの自分で判断すりゃいい。判断できないで何かをアテにするなら、「ライフスタイル」自体持ってないんだよその人。

と思う。

そもそも幾多の宗教の勧誘とかから始まった気もするが、「この教えを実践すれば幸せになれる」ってのがさ、消費社会になって、特に無くても困らなかったのにCMなんかで「これがあればもっと幸せになれる」みたいな商品の紹介されて、買っちゃってたのと同じ原理で「ミニマリスト」ってのがあると思うのね。

つまり、「モノを買わない、増やさない、消費しない」ってことを消費してるだけのこと。「ミニマリスト」を推奨する本が売られたり、TVで話題になったりしてそれを買ったり、自己判断ではないところで追従してくのって、そういうことじゃん。
モノを持ってるのと変わらん。

発想的に、「モノを持たないことで精神的な自由や安息を得る」ってところから始まったんだろうけどさ、断捨離とか。

そんなもん、たくさんモノ持ってたって困らない人なら持ってりゃいいんだよ。オレは生理的に持ってるのが嫌で色々処分しただけで、持ってたいモノがあれば持つよ。

持たないにしても、欲しいモノを手にして囲まれてないとダメな人にしても、大元のところでモノに捕らわれたり、世間に捕らわれたりしてる点じゃ変わらなくて、そこの「捕らわれ」って部分から自分を解放させなきゃならんのでしょ?

消費社会というか市場原理主義というのか、よくわからんが、なんでもそこに飲み込んでいくからね。そうやって飲み込まれた中に自分が捕らわれる、または囚われるってところを問題にしないとならんのに、「ミニマリストのライフスタイルになったら幸せかも」とか思って本買うんなら、「このコート買ったら幸せかも」と思うのと同じなんじゃないかな?

少なくともコート持ってた方があったかくていいぞ。



スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |